ネット証券4社共同プログラム『資産倍増プロジェクト』に求めたいこと

本日、SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券の4社は、ネット証券4社共同プログラム『資産倍増プロジェクト』を立ち上げると発表しました。

4社共同プレスリリース

プロジェクトの内容を抜粋すると以下のとおり。

■ 共同イベントの開催(2011年7月2日両国国技館で大規模イベント開催予定)
■ 共同キャンペーンの実施
■ 投資信託に関する共同広告・PR展開
■ 共同ウェブサイトの設立と、投資信託による資産運用の普及啓蒙活動
■ 4社共同での書籍出版
■ 4社専用投資信託の組成・販売

おおっ!新たな投資信託の組成もするんですね。
プレスリリースによると、株式の売買代金については主要ネット証券で71.4%のシェアを占めるのに対して、株式投資信託の設定額ではわずか1.6%のシェアしかないそうです。ロイターの報道によると、これを3年後に30%に高めることを目指すとのこと。
たしかに、ネット証券の投資信託のコストや利便性を考えると、1.6%というシェアは小さすぎます。別の言い方をすると、伸びしろがまだまだあるということでしょう。
顧客の資産形成のサポートということなら、どんどんやってほしいです。

でも、『資産倍増プロジェクト』に求めたいことがあります。それは、

資産形成層に向けた正しい知識を広めてほしい

ということです。
決して、知識のない投資家に売れるものを、たくさん売りつけるような活動にはしないでください。

では、正しい知識って何でしょうか。
世の中にはいろいろな投資法がありますし、どんな投資法をとるかは人それぞれです。
でも、ものごとには基礎となる「型」はあろうかと思います。
仕事でもスポーツでも、基礎となる型を覚えた後、自分なりに応用・変形をさせていくというステップがあるはずです。
投資信託による資産形成も同じだと思います。具体的には、

・低コスト(販売手数料・信託報酬などが低いものがよい)
・分散(できるだけ広く分散したものがよい)
・リスク(将来発生しうる利益と損失のレベルを把握する)
・シンプル(原資産のリターンをそのまま享受できるものが良い)
・税金(課税はできるだけ繰り延べたほうがよい)

といった基礎的な知識を、主要ネット証券の皆さんの総力を挙げて広めてほしいです。
そのうえで、投資家が自分で判断して応用商品に投資するのは自由だと思います。

ネット証券の販売シェアを30%にあげるのに手っ取り早いのは、今、大手証券や銀行が売りまくっている「毎月分配型」や「通貨選択型」の投資信託を少しコストを下げて、ネット証券で売るというようなことではないかと思います(やめてくださいね)。
しかし、今それらを盛んに売買しているのは資産形成層ではなく、資産形成期を過ぎ多額の資金を持つ高齢層だと思われます。
大手証券も銀行も、目先の利益を求めてやっているのでしょうが、いつまでもそこに注力していては、将来ジリ貧になることは目に見えています。

せっかく、主要ネット証券が手を組み、資産形成のサポートをするということですから、ぜひ、将来につながる「資産形成層に向けた正しい知識」を広めてほしいと思います。
もしかしたら、現在おかしなことになっている日本の投資信託事情を正常な形に変えられる、大きな、そして最後のチャンスかもしれません。

以上、ネット証券4社共同プログラム『資産倍増プロジェクト』に求めたいことでした。
関連記事


  





コメント

これって・・・

私も記事を見ましたが意味が分からなかったのですが
ネット証券会社の資産倍増プログラム?って思ってしまいました^^;
でも ネット証券って投信販売ぜんぜんだったんですね・・・
手数料目的の短期売買がメインってことですかね。
ネット証券の取り扱い商品も充実してきているのにちょっと意外でした
(社債・生債券は大手に完封負けですけどね)

気が早いけど(苦笑)

いいですねぇ、こういうことはどんどん取り組んで盛り上げてもらいたいですね。是非次の段階には各社同じ投信出すのも良いですけど、これはという一本を互いに出して競いあってほしいものです。とかくコストやHP の使い勝手がネット証券の判断基準になりがちですが各社のポリシーというか訴えたいことの詰まった一本みたいなものがあったら、嬉しいなぁというきがします。バンガードもキャピタルもあってこその市場でしょうし(⌒‐⌒) ただ個人的にはバンガードに投資したいですけど。第一段が始まる前に第二弾を期待してしまいます。早速要望してみます。

>タカちゃんさん

あの、関係ない話だったら書き込みしなければいいのでは…。
あなたはいつも書き込みが長くて大変読みにくいのでもしできるなら改善してください。

情報が確認できました(前回のカキコの削除をお願いします)。
なんと十一屋さんがでていました。
これは例の”コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ”でした。
それから”かえるの気長な投資日記”も紹介されています。
いよいよNHKからもインデックス投資家が注目されているようです。
それから、いくつか確認できたので不必要なカキコは後で削除いたします。
情報はNHK19:48現在です。

>愛読者さん
直接関係ない話ですが、NHKがインデックス投資家を注目していると思ったので紹介させていただきました。
リアルタイムなので、直接関係なくなりますが、”おお!これは?”と思ったのでカキコさせていただきました。

>宮さん

竹川美奈子氏の取材記事によると、資産倍増プログラムについては、各ネット証券社長のコメントに微妙なスタンスの違い(投資家のため?or売り上げアップのため?、資産形成層のため?or高齢者のシェアを奪うため?など)が見て取れ、全体としてどうなるのか見守りたいと思っています。

http://blog.goo.ne.jp/m-takekawa/e/b2fbb49dbca2cc6713b8be2800b3eef8
http://blog.goo.ne.jp/m-takekawa/e/c99babbe06d660836730a6e02eea2dd3
http://blog.goo.ne.jp/m-takekawa/e/b0a3fa4fe21293ea8e3828c3835f023c


>胴長兄ちゃんさん

カブドットコムを除く3社については、各社オリジナルのバランスファンドがありますよね。

楽天証券=楽天資産形成ファンド
SBI証券=SBI資産設計オープン
マネックス証券=マネックス資産設計ファンド

アセットアロケーションや投資方針が結構違っていて特色があるように思います。


>タカちゃんさん

あの番組に出てきた投資家の集まりは、「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ」ではなく、「日経マネーを読む会」とのことです。
いずれも六本木WITVカフェで行なわれているので私も混同してしまいましたが(紹介されていたfacebookページはコツコツのものだそうです)。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

仮説・投信がネット証券で売れていない理由

JUGEMテーマ:資産運用  -----------------------------------------------------当ブログにはじめてお越しの方、お時間が許せばご覧下さい。(長文です)当ブログにはじめてお越しの方へ (2010年10月)---------------------------------------------------...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)