世間の「投資アレルギー」はかなりのもの

今日、NHKで『特報首都圏「“うまい話”にだまされないために」』という番組を見て、とても興味深かったのでブログ記事にします。

番組内容は、『厳しい雇用情勢が続くなか、30代~40代の多くが、「老後に不安がある」と考えている。将来のために自分の貯金を増やすことができるのか。「うまい話」にだまされないよう、情報を共有する動きが広がっている。SNSや勉強会を通じて、分散投資や投資信託を始めた人や、「逆マルチ商法」とでもいうべき方法で、“悪徳商法”などを撃退し始めたグループもある。「うまい話」にだまされないために、今何が必要かを探る』というもの。

情報を共有する事例として、六本木WITVカフェでの個人投資家の集まりが出ていました。(知った顔も何人か映っていて、思わず「おおっ」と声が出てしまいました)
また、後半には悪徳商法に騙されないための地域の集まりも紹介されていました。
解説として、「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」著者の山田真哉氏を迎えての番組進行でした。

個人的には良心的な作りの番組だなと思ったのですが、画面下部に流れているメッセージ(視聴者がメールやツイッターでリアルタイムに投稿できる仕組み)が、思いのほかネガティブなものばかりだったのです。

「投資などやめておけ」
「NHKが投資を勧めるとは何事か」
「素人を変に刺激するな」
(記憶がおぼろげで正しくないかもしれませんが…)

といったネガティブなメッセージが次々と流れる中で、投資家たちがポジティブに集まっている様子や山田氏が情報を共有することのメリットを解説する映像が流されているのが、なんというかシュールな感じがしました。

これを見て思ったのは、

世間の「投資アレルギー」はかなりのものだな

ということです。
もちろん、投資が必ず儲かるかなんて誰にも分かりませんし、過去にいやな思いをしたかたもいらっしゃると思います。
ひと言で「投資」と言っても、ローリスクなものからハイリスクなもの(もっと言ったら詐欺的なもの)まで色々あります。メッセージを出した人たちがどんな投資をイメージしていたのかはわかりませんが、ここまで投資に対してネガティブなメッセージが寄せられるとは思っていませんでした。

しかしながら、これが現在の日本の投資に対するイメージなのだと思います。
どのメッセージも別に誹謗中傷やイタズラ目的で書かれていたようには見えませんでしたし、一般的に保守的な高齢者だけでなく、比較的若い方も投資に対してネガティブなメッセージを出していたように思います。
これが現実なのです。

今の日本では、投資をしているというだけで、かなりマイナーな存在なのかもしれません。
ましてや、インデックス投資をしている人など、マイナー中のマイナー、超マイナーな存在であると認識せざるを得ません。
良し悪しは別として、現実として知っておかなければならないと思います。

ただ、投資アレルギーがある人が多いのは仕方がないとしても、その人たちが、自分は投資と無縁であると勘違いしているのではないかと少し心配になります。
例えば、自分の年金がどのように運用されているのか知ったらどうなるのでしょうか?
公的年金では、日本株式・日本債券・外国株式・外国債券といったリスク性資産に投資しています。
企業年金では、コモディティやヘッジファンドに投資していることも珍しくありません。
自分が勤務している会社が401kに移行したら、自分で運用しなくてはいけなくなります。

全員がバリバリの投資家になって、フルインベストメントする必要はないと思います。
でも、ローリスクな投資にはどんな方法があって、ハイリスクな投資にはどんな方法があるのか、くらいは知っておいて損はありません。それが詐欺的商品から身を守る武器にもなります。
一切の投資から目を背ける「投資アレルギー」は、少しずつ治しておいた方がいいような気がします。
関連記事


  





コメント

バブルがはじけて20年...

地方組は見れずで残念でした。

やはり投資アレルギーといいますか、危ないと思わるものは回避という流れが強いようですね。。。
「お金のコトなんて勉強しなくても、仕事だけ考えていれば十分な暮らしができるんだ。いざとなれば国が補助してくれるのが当然だ」という状態があるために、そしてそれが安易に実現されるために、考える必要が無いと感じているのかなと思っています。

年金の運用先、自分の会社でも話をしたことがありましたが、どこか別の国の話という思いが強いです。よそはよそ、うちはうち、見たいな感じでした。
「株価が下がって株屋ざまぁみろ、でも我々の給料を下げるなんてとんでもない、年金額が下がるのは駄目だ」という考えが多いと思います(株価・景気と給料は少なからず連動しているのに...)

ところで、「悪徳商法に騙されないための地域の集まり」って具体的に紹介されていましたか? 凄く興味があるので、もし公式サイト等あったら教えていただきたいのですが...

申し訳ありませんが・・・

僕は録画したので、DVDに焼きたいと思っています。
ただ、前回の記事でNHK19:30特報首都圏の事を書いたら色々批判もされました。
関係ない事にはなるべく気をつけるようにはしますが、今回はNHKだったのでご勘弁ください。

確かに

 投資信託=証券会社の嵌め込み=買ってはいけない


 そんな連想が働きます。


 実際に、ネガティブな経験が根底にありそうですね。

 さもありなんです。

>PETさん
>「悪徳商法に騙されないための地域の集まり」って
>具体的に紹介されていましたか?
番組の公式ブログに紹介されてますよ。
http://www.nhk.or.jp/tokuho-blog/

>水瀬さん
画面下部のコメントですが、今のところは
番組公式サイトの最下部で確認できますね。
http://www.nhk.or.jp/tokuho/index.html

次回放送後は、こちらに移動すると思います。
http://www.nhk.or.jp/tokuho/archives/index.html

追伸
twitterの#nhk_tokuhoも興味深いことになってますね。

“しかしながら、これが現在の日本の投資に対するイメージなのだと思います”

とは思いません。
いまどきTVを見て、真に受け、感想を送る方々にそういうイメージの割合が高いというだけだと感じます。
少なくとも、私の周りは違います。

最低限の

水瀬さん、こんにちは。

そうか、僕はマイナー中のマイナー、超マイナーな存在なんですね^^;

日本では多くの人が投資にアレルギーがある。まあ、食わず嫌いの毛嫌いのような気配もありますが。。。
であれば、その人達が自分の子供に投資について教えたり、お金について教えたりすることは考えづらい。せいぜい「無駄に使っちゃダメ」とか「とにかく貯金しときなさい」とか、そんなもんでしょう。
だとすると、そも子供はやっぱり、投資について学ぶ機会が減りますね。新しい「投資アレルギー」の誕生かもしれない。

やはり、最低限度のことは学校教育の中に入れてしまうのがいいのかなあ。

自分の預貯金をホンの少しだけ長期で投資信託の積み立てにまわすこと

自分が長期的な積み立て投資で大成功しているわけではないので、ものすごく強い確信があるわけではないのですが、

預貯金の中からホンの少しを(月々1000円でいいから)、投資信託のキホンを少しだけ学んで、毎月積み立てしてみるというのは「良き事」だと思います。月並みな言葉ですが、社会情勢が大きく変わっていく中で、自分の生活の糧を長期にわたって得るには、もう「偏差値の高い大学に入ればすべてOK」的な発想(教科書の勉強も大事ですが)だけでは立ち行かないと感じます。

英語の教員をしていますが、過去に授業の中で、株式投資や投資信託の話しをしただけで、保護者から苦情の電話が来たことが2回ほどあります。でも「お金の話」「資産運用の話」は、苦情がまた来ても、自分も勉強しながらずっと生徒に話し続けるつもりでいます。学校って「生きる力」を伝えるところですから。それに、英語の文法を終えると寝る子が、お金の話しだとしっかり起きてきいてるんです。

なんか疲れた。。

ホント、内容や映像と視聴者の投稿テロップとのギャップがシュールなカンジでしたよね。

他にも番組のツイッターアカウント宛への投稿には
「投資なんてやってる時間がない。そんなものに時間をかけるな!」
「投資は捨て金でやるものだ。やめておけ!」
「健康でごはんが食べられればいいじゃないか」
「日々の努力が一番美しい。楽して儲けようとするなんてとんでもない!」
「昼休みに株価チェックして一喜一憂する時点で終わってんな。餌食だろ」
「株には手を出すな、という家訓がある」
「生活費切り詰めて投資とかアホか?」
みたいなもの(うろ覚えで意訳あり)がたくさんありました。

人それぞれ「投資」に対するイメージや前提理解が違うので、色々な考え方があるのでしょうが、少なくとも実生活で「私は投資をしてます!」などと大声で言ってしまうと、誤解を受けることが多いことは間違いないと思います。このことは別に番組を見ずとも十分に体感しています。

理解してもらうために説明するか、ほったらかしておくか、、それもまた人それぞれですね。。

僕は実生活で、けっこう親しい人には、やるやらないは本人の自由として、こういうものがあるよという程度にインデックス投資やコツコツ投資などの話をすることが多いのですが、たまに疲れ果てることがあります。んまぁ、そんなことは仕事でもなんでもないので、楽しめるくらいにほどほどにしておきたいと思います。。

(1)日本は昔 終身雇用・年功序列で成長できた国なので投資する
   必要性が少なかったかと
(2)日本が本当に心配(やばい)と思うなら海外移住を真剣に
   考えたほうがいいかと(日本で金融資産何もっていてもね・・)
(3)投資で成功した紹介はデイトレや信用取引で一気に増やした人
   が紹介されやすい(FX含めマスコミ受けいいでしょうし)
   なので 投資ではなく「博打」の1つと思われる
(4)成功した人が紙面に多く出る頃は相場の天井近辺なこと多々
(5)投資したい=増やしたい=損するためにはじめたわけじゃない
   ってリスク・リターンの考えなくいいとこ取りだけ考えがち

 ということで なかなか受け入れられないかと思います。

 昔、ある人に外貨買ったと言ったらすごいしかめっ面され、外貨預金
 と言い換えたら「あーなんだ」といわれましたねw 実際はMMFで
 したがそんなもんかと。3年先か5年先かわかりませんが、あんとき
 買っていれば・・・って言う人が増えると思います^^;

>PETさん

個人的には良い番組だと思いました。特に、北海道で個人投資家の集まりを主催しておられるPETさんにはぜひ見ていただきたい内容でした。
PETさんも先日参加された六本木のコツコツ仲間に頼めば、誰か録画している人がDVDを送ってくれるかもしれませんよ(^^)

「悪徳商法に騙されないための地域の集まり」については、ななしさんがコメントで教えてくれていますので、そちらをご覧ください。


>タカちゃんさん

コメント記入欄にも注意書きしているとおり、記事と関係がないコメントはご遠慮いただいています。(検索経由などで後日記事を読む方々のためです)
ただ、読者のみなさんの役に立つような情報であれば、そのまま掲載しています。
というか、実際は関係なくてもほとんど掲載しています。ただし、「次回からはご協力お願いしますね」と付け加えさせてもらっています。


>kanaさん

証券会社の嵌め込みは過去に実際にあった話ですから、この投資アレルギーは、証券業界が自ら引き起こしたという面もあると思います。
日本の投信の黒歴史については、以下の記事に詳しいです。ご参考まで。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1639.html


>名なしさん

貴重な情報提供ありがとうございます。
番組を見られなかった方々にも参考になると思います。


>mokuoさん

なるほど、そうかもしれませんね。
環境によって、金融リテラシーのばらつきが大きそうです。


>いわしくんさん

投資教育の話は以前からありますが、あまり進んでいないようですね。
何を教えるのがよいのか、誰が教えるのがよいのか、そのための費用はどうするのか等々、課題が多いようです。
私たちがやっているインデックス投資も、いろいろな立場で見ると必ずしも唯一無二の正解というわけではないところが難しいです。
(個人的には、基礎的投資手法のひとつだと思っていますが)


>TKDさん

現場の教師のかたでしたか。
授業の中で株式投資や投資信託の話をしただけで、保護者から苦情の電話が来るなんて、投資アレルギーは根深いようですね。

>>学校って「生きる力」を伝えるところですから

素晴らしいと思います。私もこんな先生に教わりたかったです。
ずいぶん遠回りしてきましたから…。


>虫とり小僧さん

インデックス投資の普及活動にすごく邁進されていますよね。
投資について他人の理解を得るのはなかなか大変だと思います。理解が得られないことの方が多いかもしれません。頭が下がる思いがします。
いったい何が虫とり小僧さんをそこまで突き動かすのでしょうか?
お互い、親しい友人に煙たがられない程度にしておきましょう。


>宮さん

いずれも鋭いご指摘だと思います。
特に(1)が大きいですかね。
(6)に「実際リーマン・ショックでみんなひどい目にあったじゃないか」というのを付け加えられたら結構ぎゃふんですね(もう回復されているかたも多いとは思いますが)。

>画面下部に流れているメッセージ(視聴者がメールやツイッターでリアルタイムに投稿できる仕組み)

これは検閲や製作サイドのチェックなしに全て表示されたのでしょうか?
この手のものは大抵は作り手の都合のいい内容だけが使われると思っているのですが…。
NHKはつい最近もネット社会を扱った番組の出演者自身から事実の歪曲があると批判されていたような…。

水瀬さんへ

>いったい何が虫とり小僧さんをそこまで突き動かすのでしょうか?


「知らないより、知っているほうが、きっとその人のためになるだろう」という自分の独りよがりの思いだと思います。

自分が絶対に正しいなんて思ってませんが、大切な知識なのに全く知らない人があまりに多いので(ある種の歪み?)、こういう投資行動があることくらいは知ってもらいたいと思っちゃうんですよね。。

「やったほうがいい」とか、「○○はダメだ」などとは決して言わないように注意しているのですが、ありがた迷惑だと思われていることもたぶんあります(一応、話す相手と話し方は吟味してるけど、苦笑)
でもやっぱり、納得して始めた人に感謝されて、投資トークに花が咲くと楽しいし気持ちいいんですよ(^w^)

海外では投資やお金についての授業があるそうですが、日本では
経済大学か専攻しない事には投資については何の教育もされていない
日本の現況がこれだと思います。

今、日本で必要なのは数字や語学ではなく倫理感や経済論なのかも
しれませんね。

日本の個人投資環境はレモン状態?

否定的なコメントに対する雑感(ごちゃっと長文を記述)

・投資してもカモられるだけ
  →情報の非対称性(販売者の知識 > 顧客の知識)への不安
   リスク開示が売上げ向上へ結びつかない為、販売側に情報開示のインセンティブが働かない
   (「この商品の危険性は…、です。さあ買ってください」というセールストークでの販売は難しいw)
   その為、顧客は不信感を持つ →購買層(パイ)が拡大しない →限られたパイで売上げを確保する為、同じ顧客に対して商品の買換えを薦める(回転売買商法)→顧客に更に不信感が広まる …という悪循環(まさにレモン市場w)

・投資詐欺への不安
  →「ハイリスク・ローリターン」という事が判れば、誰も粗悪(詐欺)商品なんて買わない筈
   これも顧客へのリスク開示の不徹底が問題
   例えば、「ジュースのパッケージに果物のイラストを使用する為には、果汁100%でないとダメ」という規制と同様に
   顧客保護の為、リスク開示を義務付けるべき(がんばれ消費者庁w)
   

※結論して、投資商品のリスク・リターンをガラス張りにして、情報の開示を進めれば、否定的な意見も減っていくのだと思うのですけど、楽観的過ぎるかな。
 人はよくわからないものに対して嫌悪感を持つけれども、理解してしまえば嫌悪感は薄れると信じたい。
 (例:明治時代、人々は写真に取られると魂を抜かれると恐れた)

※レモン市場への対策としては、シグナルングが有効な筈なので、情報開示を進めることで、「投資環境は公平(フェア)」というシグナルを顧客に発信するのが良いと思う。
 →まちがっても、「投資は安全 = 損はしない」という誤ったシグナルを発信しないように注意

※もちろん、情報開示の方法に工夫は必要。折角の情報も消費者に伝わらなくては意味が無い。
 ・確率ではなく頻度で伝える
  (何%の確率で損します、より、100人中何人が損します、と伝える方が判り易い)
    →人の脳は確率を理解するように出来ていない
 ・図、グラフを多用する
   横軸にリスク、縦軸にリターンの十字グラフを作成して、商品特性を伝える
    →これなら、ローリスク・ハイリターンの商品が一発でわかる
 ・基準値との比較を行う
   基本的な資産クラス(国内/国外の株、債券など)のインデックスとの比較できるようにする
    →他に投資先と「リスク・リターン」を比較する事で、その商品が本当に有利かわかる
    →人の脳は相対比較が得意なので、「適切な」比較対照を設定する(アンカリングの活用)

>anonymouseさん

制作サイドの検閲があったのかは私には分かりかねます。
ただ、ツイッターでは@nhk_tokuhoに投稿する仕組みで、全部見られました。ためしに見てみましたが、番組に出ていたメッセージと大差ない感じでしたよ。


>虫とり小僧さん

なるほど。
私がブログを続けるモチベーションと似ていますね。
やるやらないは別として、基礎的な投資法としてまずは知ってほしいと思ってます。


>takumaさん

お金の勉強は必要だと思います。
いわしくんさんへのコメント返信にも書いたような難しさもあるように思います。
悩ましいですね。


>hinoさん

日本の金融業界の問題点について、行動心理学などに基づく分析と提案、お見事です。
「見せ方」でこうも変わるもんなんですね。

それにしても、このブログテンプレートは横幅が狭いので、行がズレてしまっているのがもったいない。。。
インデントは入れない方が見やすくなるかもしれません。

失われた30年?のせいかも。

ご存知の通り、現在のTOPIXの水準は1984年頃と同じです。なんと27年前です。
この異常な不振、超長期間の日本株の低迷が、
「投資なんてどうせ損するだけ」
「株は上がってもそれ以上に下がるものだ」
「勝ってる人は運良く博打に勝っただけ」
という印象を国民に刷り込んでしまった面もあるように思います。。

また、バブルの崩壊という出来事が、あまりにも悲惨すぎて
「投資なんてやっぱり博打だった。まともに働くのが一番。下手にお金のことを考えないほうがいい。」
的な思考停止を引き起こしてしまっているようにも思えます。
直接バブル崩壊を経験していない層にまで、そういう文化が伝播してしまっているような。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

その課題には取り組む価値が大いにあり!

JUGEMテーマ:Global Investment  -----------------------------------------------------当ブログにはじめてお越しの方、お時間が許せばご覧下さい。(長文です)当ブログにはじめてお越しの方へ (2010年10月)------------------------------------------...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)