各自できることをやろう

水瀬ケンイチ

観測史上最大の東北地方太平洋沖地震によって、全国に被害が出ています。

私も昨日、電車の運行見合わせにより帰宅困難者になり職場で一夜を明かしたひとりです。
深夜の都心は、歩道が人であふれたりガスが止まったりコンビニの陳列棚が空になるなど、やや殺伐としていたものの、暴動が起きるような状況ではなく、皆さん冷静に行動されているようでした。
東京メトロの復旧後終日運転や、NTT東日本の公衆電話無料運用や、いくつもの会社が一時避難所として開放すると申し出るなど、素晴らしい対応が多かったように思います。

私の身のまわりでも、職場では非常食と水が配布され、徒歩で帰る社員は仲間同士で集まって帰り、帰れない社員も女性社員は仕切られた応接室にあちこちのソファーを運び込んでそこで寝てもらいつつ、野郎どもは床に段ボールや新聞紙を敷いて寝たりと、助け合いがあちこちで見られました。

一方で、商品が少ないコンビニの店員さんに対して「これじゃ閉店セールだな?え?」としつこくクレームを言うおっさんがいたり、駅のモニターで東京ディズニーランドが浸水したというニュースを見て「ディズニーシーが広がって良かったじゃねえか、ガハハ」と笑う連中がいたり、残念に思う光景も目にしました。

人間の良い面と悪い面の両方を目にしましたが、社会全体を見ると、とても温かい助け合いの精神が発揮されていたように思います。
日本人ってすごいなと思いました。



しかし、今でも東北をはじめ各地で大きな被害に遭われた方々が大変な思いをしています。
少しでも自分にできることはないかと考え、「ヤシマ作戦」を遂行中です。
ヤシマ作戦とは詳しくはこちらをご覧いただきたいのですが、要するに必要な方々へ電力をまわす節電の取り組みです。
エアコンやコタツを使わず、厚着でしのいでいます。
北海道でスノーボードをする時に使う高機能インナーを着ると、ちょうどよい具合です。

来週からは、本業でもいろいろ問題が発生していることが予想されますが、頑張って仕事をしようと思います。
それがひいては世の中のためになると信じて。

また、金曜の株式市場は引け直前に地震が発生して大幅下落しました。
その後被害が明らかになってきて、来週月曜はどうなってしまうのか、想像がつかない状態です。
しがない個人投資家として、毎月のドルコスト投資で微力ながら買い支えようと思います。

個々人の力など微々たるものですが、それが集まれば大きな力になると思います。
過去の事例を見ても、震災の復興は長期戦になります。
皆さんも、各自でできることをコツコツやりましょう。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ