「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」3月分の投資を実行

水瀬ケンイチ

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」3月分の投資を、本日3月14日に行ないました。
(ご参考)ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

今月は、今日しかないでしょう。
東北地方太平洋沖地震の後、初めて開いた日本株式市場ですが、予想されていたとおり大幅に下げました。
「買い支える」なんておこがましいですが、微力ながら日本株式クラスにも資金を投入しました。
明日以降、更に下げるかもしれませんが、また来月買わせていただくのでこれでいいです。

積み立て投資信託は、以下の4本です。



CMAM 日本株式インデックスe
CMAM 外国株式インデックスe
eMAXIS 新興国株式インデックス
※上記ファンドは、投資額が積み上がった段階で、適宜、更に低コストの海外ETF、「Vanguard Total Stock Market ETF」(VTI)、「iShares MSCI EAFE Index Fund」(EFA)、「Vanguard Emerging Markets ETF」(VWO)へ乗り換えます。(最近ごぶさたですが)
MHAMのMMF

日本債券クラスとして長らくMMFを積み立ててきましたが、この3月の「春の個人向け国債」販売を利用して、「変動10」に乗り換えをしました。
個人向け国債は、次回(7月)から商品性が変わり、今までの条件で購入できるのは今回が最後になります。
どちらが有利かは今後の金利動向次第で一概には言えませんが、既存の商品性のものは今回しか買えない(新しい商品性のものは今後いつでも買える)ので、このタイミングで乗り換えました。
<関連記事>
2010/12/23 個人向け国債の商品性見直しは財務省の巧みな戦略

今後も愚直に積み立て投資を継続したいと思います。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。

<ご参考>
上記商品は、全て楽天証券で購入しています。(会社名をクリックすると口座開設できます)
楽天証券
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ