投資家バフェット氏「日本株を保有していたら売ることはしないだろう」

バフェット氏が震災を受けた日本株について語っています。

bloomberg.co.jp 2011/03/21より引用】
バフェット氏:日本株売らない、震災は日本の未来変えない-買い好機
3月21日(ブルームバーグ):投資家ウォーレン・バフェット氏は日本の大震災について、それによって日本の未来が変わったわけではないとし、自分が日本株を保有していたら売ることはしないだろうと語った。むしろ買いの機会だと指摘した。
【引用おわり】

日本株が暴落している中、とても心強いコメントです。
バフェット氏は当ブログでも何度か登場していただきましたが、2008年10月、リーマン・ショックで投資家が右往左往している中でも「私は米国株を買っている」と冷静なコメントをしていました。
<関連記事>
2008/10/18 投資家バフェット氏「私は米国株を買っている」

また、2009年8月、世界経済の回復が実感できない中でも、「米経済は非常事態から脱出し、緩やかな回復軌道に乗っているようだ」とコメントしていました。
<関連記事>
2009/08/19 米経済は緩やかに回復、マネー膨張の副作用に対処必要=バフェット氏

後になって振り返れば、2009年3月が相場の底だったということがわかりますが、自分自身、相場の只中にいる時にはなかなかそれが実感できませんでした。
バフェット氏にはそんな相場のトレンドが分かるのかもしれませんね。
まったくすごい投資家です。

とはいえ、未来が正確に分かる人はいないのだということ、自分にはそんな能力はないのだということを肝に銘じて、楽観視しすぎることなく、冷静でいたいと思います。
幸い、ドルコスト平均法には、価格が安い時には多くの口数を買うことができ、価格が高い時には少なめの口数に抑えるという仕組みが組み込まれています。
所定のアセットアロケーションを守り、毎月の積立投資を淡々と実行していきたいと思います。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。
関連記事


  





コメント

僕もぐっとこらえてます

僕も、下がった日本株をばーんとまとめて買いたい、とか、円が上がったからまとめてドルをどーんと買っておきたいとか、逆にそんな誘惑と戦ってます。いつもどおりにコツコツといきたいですね。

投資をやりたいですが・・・

投資活動をやり過ぎて金欠病になりました。
本当はもっと投資をやりたいですが・・・

冷静に・・・

どうしても極端に相場が動くとソワソワしてしまいます。心頭滅却・・・
う~ん、まだまだ修行が足りないかな。

冷静になりたいです

バフェットさんがそう言ってくれるのなら、心強いです。
自分はあまりにも配分が変わったので、リバランスの一環として買い増しを行ってしまいましたが...
もう少し冷静にほったらかせるようになりたいです;

やっぱりコツコツですね。

記事を見てつくづく、自分はコツコツ投資だなと思いました。結局、リーマンショックでも、今回の下げでも、とにかく信じて買う。あとは、ひたすらガマン、ガマンです汗。

それでも買わないバフェット氏。

>イーノ・ジュンイチさん

株でも為替でも、下げると買いたくなる衝動が湧いてきますよね。
投資のタイミングが分かる人がうらやましい!


>タカちゃんさん

投資しすぎて普段の生活が立ち行かなくなったら本末転倒ですから気をつけたいです。


>じろらもさん

「感情の罠」に陥らないよう、どうか冷静に。


>PETさん

アセットアロケーションの変化に基づくリバランスですね。
ものぐさな私はアセットアロケーションを頻繁に把握するのが面倒くさいので、リバランスは年一回定期的にやっています。


>oyamadaさん

ご自分に合った投資法がいちばんですよ。


>けんたろうさん

買わないですねぇ。

私は『ちょっと投資心を』にならって株価が下がった時に
日経とリートを増資しました。『下がった時がお買い得』
被災に合われた方々には申し訳ありませんが
この株価が暴落した時は投資家へのボーナスチャンスだと思い
ちょっと厚めに買い増ししました、リートは+11.56まであがって
います。

確かに今は買い時だろう。

しかし売り時は10年20年先になるだろうし、その間につぶれる会社もあるだろう。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)