日本債券の信用リスクに変化?

モーニングスターに日本債券の信用リスクについての記事が出ていました。

モーニングスター アナリストの視点(ファンド)
2011/03/29 顕在化しない国内債券の信用リスク

日本債券といえば、ボラティリティの低さに定評がありました。
ただ、あまりにも金利が低かったので、投資妙味が薄いと思って昔は投資対象から外していました。
リーマン・ショックの時、他のほぼ全てのアセットクラスが一斉に下落する中、ほぼ唯一上昇して抜群の安定度を誇っていました。
そんな日本債券のボラティリティの低さを見直して、今までアセットアロケーションにゼロだった日本債券クラスを(新興国株式クラスの比率アップとセットで)組み入れたのが2009年です。
以来、やはりポートフォリオの安定に貢献してくれています。

しかし、上記モーニングスターの記事に気になるグラフが出ていました。
photo_20110329.jpg
(モーニングスター アナリストの視点(ファンド)2011/03/29より引用)

日本のソブリンCDSが上がってきています。
先週には、信用リスクの高さが過去最高水準に近づいているるように見えます。(参考:日銀レビュー2010年4月
これが、東日本大震災とその後の原発事故などによる一時的なものなのか、それとも金利上昇(=債券価格下落)トレンドの前触れなのか、すこし注視しておきたいと思います。

<関連記事>
2011/02/25 日本の公的年金が日本国債を売り始めたぞ

関連記事


  





コメント

「②日本・米国・英国については、決定係数が
著しく低く、統計的にも有意とは認められない
(図表6)」


「国債金利との連動性は認められず、CDS プレミア
ムと財政リスクプレミアムが強く連関する姿と
はなっていない。やはり、取引の薄さから、ソブ
リンCDS プレミアムの動きが、投機家筋等の少
数のプレーヤーの動向に左右され易いことを示
していると考えられる。」

エントリ内の資料からです。

ようするに、日米英3カ国のCDS市場は、機関投資家などのギャンブル場なだけです。自国通貨建ての国債は故意にデフォルトするとかしないかぎりデフォルトしませんので。

経常収支に注意

今回の大震災でどの程度の経済的損失になるのかははっきりとしていませんが、状況によってはリーマンショック以上になると言う専門家もいます。
しばらくの間は被災地を中心に税収が落ち込むのは間違えないのに加えて、毎年国家予算が増えている現状を考えると国内債券すら安全とは言えなくなってきているかも知れないです。

ここで注意しているのは今月の経常収支の動向ですね。
これが今まで黒字だった事で円相場が長期的に強くなっている要因の1つですが、これが継続して赤字なると注意が必要になってきます。

ヤフーコメントや各種掲示板では感情論やトンデモ論が飛び交っていますが、やはり定量的に冷静に見ていかないと判断を誤る元になるので、ここは落ち着いてゆっくりと判断したいと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)