投信残高、早くも震災前の水準を回復

投信残高が震災前の水準を回復したそうです。

ロイター 2011/04/04より引用】
震災後の投信、残高水準回復し資金流入ペースにも力強さ
3月11日に起きた東日本大震災後、投資信託残高は月末までに震災前日比で微増となり、震災前水準を回復。資金流入についても震災後に純流入上位20本で計約3975億円が流入する一方で、純流出上位20本では1856億円の流出にとどまり、純流入が純流出の2倍超になるなど流入ペースの強さが際立った。
【引用おわり】

投信残高の戻りの早さと力強さにびっくりしました。
資金流入ペースを見ると、震災直後の日本株式暴落と外国株式の連れ安にもかかわらず、投資家がリスクを取りにいって頑張っているようです。
とはいえ、投信残高の戻りは、資金流入に加えて、G7協調介入以降の円安傾向による外国資産の評価額上昇も多分に影響した結果だと思います。
今のところ国際分散投資の効果が発揮された格好になっています。

もちろん日本株式も、当面は課題山積のように見えますが、長期的には課題を解決してプラスの方向に行くだろうと楽観的に考えています。
実際、日本株式クラスの期待リターンにはプラスの値を入れてアセットアロケーションを計算しています。
「失われた20年」と評判の悪い日本株式ですが、外国株式同様、所定のアセットアロケーションを守って末永く付き合っていこうと思っています。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。

関連記事


  





コメント

わかっちゃいるけど・・・

わかっちゃいるけど、3/24にやっと、追加投資をすることができました。
まさか、こんなV字回復となるなんて予想できませんでした。
原発問題が長引いて、回復が遅れると考えてしまいました。
「落ちてくるナイフはつかむな」とかいう諺も気になってしまいました。
3/14に追加投資ができた水瀬さん、さすがです。

水瀬さんも即動かれていますが、インデックスファンドで長期投資を考えている人では「値下がり→スポット投資チャンス」と考えて3月の投資額を増やした人も多そうですね。

むしろ震災前に比べて円安傾向?

相場の戻りが速いです。
むしろ為替は震災前に比べて円安傾向になっているようで、僕の場合は海外ETFを買う資金(米ドル)の換金タイミングを逃してしまい、今日になってドルを調達しました。
海外ETFは今月も分配が有るので、それを足して海外ETFを買う予定です。

私は3月の積立分を全額義援金に回しました。
投資家として今回の災害をどう捉えるかはそれぞれです。ただどうであれ、このような災害を迎えても投資を続けていくという姿勢はとても大切であろうと思います。

2008年10月を乗り越えたおかげで、これくらいの暴落には全く動じなくなりました。ある意味貴重な体験でした。

>蓄財王さん

これ以上ない総悲観のなか、もちろん恐ろしかったですよ。
買い支えたい気持ちで買いを入れました。


>吊られた男さん

資金も入っているようで心強いですね。


>タカちゃんさん

G7の協調介入が効いていますね。
今のところ極端な円高は押し戻されていますが、今後はどうなるか分かりません。

そういえば、今月分配金が出る海外ETFはけっこうありますね。
リレー投資する時まで米ドルMMFに入れておこうっと。


>kackyさん

投資の代わりの義援金、立派です!(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)