インデックスファンドからは東電株を外さなくてよい

投資信託の東京電力外しが加速しているとのことです。

ロイター 2011/04/05より引用】
投信の東電株外しが加速、公共株としての安泰銘柄からちょう落
個人マネーを運用する投資信託の組み入れ銘柄から東京電力を外す動きが加速している。震災後の原発事故の長期化を受け、当初はウエートの引き下げで対応していた投信も、投資ユニバース(投資候補となる銘柄群)自体から外し、東電株をすべて売却するところも出ている。
(中略)
運用スタイルによって対応が異なるのも特徴だ。アクティブファンドは早い段階で東電株に見切りをつけている。一方でパッシブファンドでは「(東電株が)ベンチマークから外れるようなことがない限り、現時点では売却することはないだろう。ベンチマークに連動するよう運用しているファンドは、極力トラッキングエラーを小さくしようとしており、なかなか売却は難しい」(国内投信)との声もある。 
【引用おわり】

あれだけの事故を引き起こし、連日株価が暴落している状況では、無理もないことでしょう。
アクティブファンドでは早々に東電株に見切りをつけています。
住信アセットマネジメントやニッセイアセットマネジメントなど、いくつかの運用会社では東電株について、全株売却や投資ウェート引き下げを発表しているようです。

今後、東電株外しがパフォーマンス向上に貢献するかどうかは分かりませんが、各ファンドの運用方針に則って、それぞれが判断すればよいと思います。
しかし、インデックスファンドでそれをやってはいけません。
良くも悪くも、インデックスファンドはインデックスと連動することが目的のファンドです。
インデックスから外されたら除外すればいいのであって、それまでは、東電株下落によってインデックスが下がって損をするなら、それはそれでいい。
逆に、大方の予想に反して(往々にしてよくありますが)、何かのきっかけで反騰しインデックスが上がって儲かったなら、それはそれでいい。
インデックス投資家ならそういう腰の据え方をするべきで、企業選択のさじ加減を期待するなら最初からアクティブファンドを選択すればいいのだと思います。

これを見て思い出すのは、2007年の日興コーディアルグループの粉飾決算問題です(もう4年前か…)。
この時は、日興コーディアルグループは不正会計が明らかになり、株式は監理ポスト入りしていて、上場廃止懸念が広がっていました。そして、アクティブファンドだけでなくインデックスファンドまでも、日興コーディアルグループ株を外す動きがありました。
当ブログでも取り上げ、「インデックスファンドならインデックスに連動すべきであり、日興コーディアルグループがインデックスから外れていない限り、インデックスファンドからも外すべきではない」という主旨の記事を書いたところ、義憤に燃える読者さんから猛反発を受けました。
しかし、すったもんだの末、結果的に日興コーディアルグループ株は上場維持となり、早々に外してしまったインデックスファンドは買戻し、パフォーマンスを落とすことになりました。
<関連記事>
2007/02/06 日興コーディアルグループ株をインデックスファンドが除外?

念のため申しあげておきますが、私は大事故を起こした東電を擁護するつもりはまったくありません。ただ、どんな時もインデックスファンドの運用はインデックスに連動するという大原則を逸脱するべきではないと申しあげているだけです。
その結果、インデックス投資家として、インデックスに連動して被った損は受け入れるべきだと思っていますが、インデックスに連動できないで被った損に対しては、声を上げていきたいと思っています。
今回の東電株ではどうなるか、動向を見守りたいと思います。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。
関連記事


  





コメント

わたしも

>これを見て思い出すのは、2007年の日興コーディアルグループの粉飾決算問題です(もう4年前か…)。

わたしも同じことを思い出しましたwあのときはコメ欄がヒートアップしていましたね。

良くも悪くもインデックス在り続けること、それを認めた上で購入・所有しているという自覚があるかどうか。。。

うーん、覚悟がいりますねぇv-16

相互リンク依頼

はじめまして。いつも参考にさせて頂いています。
もしよろしければ相互リンクをお願いできない
でしょうか?
こちらには貼らせて頂きました。
よろしくお願いします。

僕がアクティブファンドを買わない理由

ちょっと古い話ですが、西武鉄道株主偽装事件の時にインデックス運用を目的に西武鉄道株を組み込んでいた国民年金基金は西武鉄道に対して損害賠償などの訴訟を起こしたそうです。
でも、これってインデックス運用目的なのだから、やはり今回の東電株ではないですが、インデックスから外れない以上は(結局は上場廃止)、それに対する損失を賠償するのは難しいと思います。

ただし、アクティブファンドは不祥事に対して受益者利益を守るために株主代表訴訟を起こす事は当然やってほしいと思っています。
少なくとも受益者はインデックスファンドよりも高い信託報酬を支払っています。
東電のケースでは不祥事とは言えませんが、西武鉄道の場合は明らかに不祥事だからです。
不祥事によって訴訟を起こさない事による基準価額の下落に対しても自己責任になる事から、僕はアクティブファンドを買わないのです。

うむ。
インデックス派も相互リンク依頼もブレぬ。

うむ。

原則に忠実に

その通りだと思います。これは投資家としてしっかり認識しておきたいですね。インデックスファンドには弱気も強気もありません。

とはいえ、実際の運用では、インデックスからの除外と同時に売却することは至難の技です。
そんなときに大量の売却注文を出してもすぐに約定できないので、結果的に売却が遅れ、パフォーマンスがぶれるリスクがあります。

ちなみに日本航空のときは、TOPIX除外より早めに売却して基準価額が上ブレしたインデックスファンドがありました。

外債でもギリシャ国債の売却が2週間くらい早くて下ブレしたインデックスファンドがありました。結果を振り返ればECBが買い上げたから大量売却できたのですが、事前にそこまで読み切れず、売れ残りリスクを恐れたんですね。

原則に忠実って意外と難しいんです。

感情を排した運用

その通りですね、
私もインデックス運用をしています。
インデックス運用の有利な点のひとつとして「感情を排した運用」があると思います。

現段階では東京電力が将来どのようになるか判らないので、恣意的な運用をするのは良くないと思います。

「感情を排した運用」がインデックス運用のリターンを押し上げる可能性もありますし。

インデックスはインデックスであるべき。
至極当たり前に私は考えていましたが、皆さんいろいろな意見があるものですね。もし本当に東電を外したいのであれば運用会社は自主判断するのではなくベンチマークを設定している方になぜ外さないのか理由を求めその情報を開示するアプローチの方が筋としては真っ当ではないのかなぁと思いましたね。
まぁそんなこんなも含めいろいろな考えがあるところが投資の醍醐味ですかね。

インデックス運用しているのだから東電は外すべきではないと思います。「良くも悪くも、インデックスファンドはインデックスと連動することが目的のファンドです。」という水瀬さんのおっしゃる通りです。「一度認めた例外は、次から当然の権利となる」東電を外した瞬間にインデックス運用の原則が失われインデックスではなくなると思います。

ここではすでにコンセンサスが取られているようにも思いますが、インデックスに連動させるためにどうするかを最善に考えるべきというところですね。
インデックスファンドのFMに社会正義を考えられては困ります。「ゼンショーがアルバイトを業務委託と言い張って賃金を払わないのは社会的に大きな問題だから組み入れ銘柄から外す」とか言われてしまうと、もはやインデックスファンドになりません・・・

●インデックスファンドの東電株売却で有りなパターン
自身の保有量や流動性を考えてインデックスに連動させるために売却(抽出法を使っている場合などにありえる話だと思います)

●インデックスファンドの東電株売却で無しなパターン
今後の株価下落や社会責任を考えての売却

そのとおり

 皆様と同じくインデックスファンドはインデックスに忠実であるべきだと思います。運用者の「恣意的」な運用など望んでおりません。
 インデックスどおりに運用した結果が、凶と出てしまったら。それはそれで納得する覚悟をして投資しているのですから。

①日興のときはLDが上場廃止のフラグが立ったあとで日経に
 日興も廃止と断言されてS安。その後日経が謝罪の訂正でS高
 というのを覚えています^^;

②東電よりもREITが分かりやすいですが、40銘柄未満のREITを
 インデックスで買うのか?明らかに駄目なREITを外すのは
 簡単なので個別がいいでしょって意見が分かれます。

 本来、駄目な銘柄は切れるし切ればいいのですが、実際の
 値動きはETFのインデックスのほうが安定していてリターンも
 ほぼ同じです。ほぼ同じなら分散しているほうがリスク低くて
 いいですよね。

 なぜそうなるのか?といえば優良=すでに割高 不良?=時価
 総額も低く影響も軽微ってことで何気にインデックスで問題
 ないんですよね・・・

 東電にせよJALにせよ インデックスうんぬんより狭い1つの籠
 にはすべてを盛るなという教訓になると思います。

 それでも私は国内は個別株・REITを分散して買っています^^
 基本インデックス派ですが将来の夢?の1つに御社の株を
 20年以上持っていますと株主総会で言うことなんでw 小額
 分散で楽しんでいます

 個人的には東電をインデックスから外すのは反対派です。その
 理由はみなさんも書いてる通りで同じ意見です

同意

完全に同意です。
東電もゼロコンマ数%の時価総額比分は日本株式全体として丸ごと購入したいです。
紙くずになる場合は損害は極めて軽微、生き残って跳ね上がる場合はその分資産増加になります。良くも悪くも機関投資家が判断した結果の株価に合わせ保有しておきたいです。

投資先を判断するのは投資家自身であって運用会社ではないという原則に基づけば、インデックスファンドがインデックスに入っている株式を手放すことは間違っています。投資家は自分の責任でどのファンドに投資するかを選べばよいのだと思います。

ところで、具体的にはどこのインデックスファンドが東電外しを検討しているのでしょうか?
それとも仮定の話ですか?

 

同意。インデックスファンドのメリットの1つは、企業リスクの分散でしょう。あえてこのメリットを潰す必要はないはず。

こんにちは、
私もインディクスファンドの運用をしています。
文中に書いてある
「インデックス投資家ならそういう腰の据え方をするべきで、企業選択のさじ加減を期待するなら最初からアクティブファンドを選択」
全くその通りだと思います。

>かえでさん

同じことを思い出されましたか。
あの時ももめにもめましたねぇ。今回はどうなることやら。


>なわたろうさん

これからブログを拝見しに伺います。
リンクさせていただく場合はこちらからご連絡いたします。
よろしくお願いします。


>タカちゃんさん

アクティブファンドは議決権すら行使するところとしないところがありますよね。
アクティブファンドの選択はかくも難しい。


>名なしさんさん

ブレませんねぇ。


>kerotaさん

そういう時こそインデックスファンドマネージャーさんの腕の見せ所です。
インデックスに連動すべく頑張ってほしいと思います。


>ishipponさん

感情を排するのもそうですが、市場の力を信じるということもあると思っています。
市場にはダメ企業を排除もしくは売り込んでシェアを小さくする自浄作用があると思っています。


>denizさん

仰るとおりだと思います。


>としちゃんさん

インデックスファンドに投資していながら「なぜあんな会社を外していないんだ!」と怒る年金担当者もいるようですから、なかなか割り切れないかたもいらっしゃるみたいですね。


>吊られた男さん

当たり前といえば当たり前のことなんですけどね。
有事にはおかしなことがまかり通ることもあるので注視しています。


>末吉さん

そういう割り切りがインデックス投資には必要です。


>宮さん

有事の際はいろんな理由で変な理屈がまかり通ることがありますので、気をつけたいです。


>kenzさん

ダメな企業も含めて日本丸ごと買いたいです。
社会的な評価と株価が一致しないことが往々にしてあるのが面白いところです。


>kackyさん

同感。


>anonymouseさん

誰もそんな話はしていませんよ。


>ななしさん

はい。


>岩崎さん

たとえ東電で損をしても泣き言は言わないようにしたいですね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)