本日から東証上場ETFのiNAV配信が始まっていますよ

本日4月11日より、東証が国内ETFの推定純資産価値(インディカティブNAV=iNAV)の配信を始めました。

東証 ETFスクエア
ETFの現在値とiNAV

ここでETFの市場価格とiNAVがリアルタイムで分かります。
立会時間中は15秒ごとに更新されていたはずです。
見てみようと思っていましたが、仕事が忙しくて見られませんでした。
ただ、iNAV算出の対象となるETFは国内資産(日本株式・J-REITなど)に投資するものだけになります。
<関連記事>
2011/02/27 東証が4月11日からiNAV配信開始。気になる対象ETFは?

iNAV配信は、長期投資を志向するインデックス投資家にとっては、ETFを売買する時に「念のため見てみる」程度のものかもしれませんが、短期投資を志向する投資家や巨額の資金を動かす機関投資家にとっては、ありがたい情報だと思います。
そして、iNAV配信によりETFの信頼性が向上し売買が活性化すれば、市場価格とiNAVの乖離の縮小という形で長期投資家にも恩恵がありそうです。

投資家の間で、「ETFを買う前にはiNAVをチェック!」というのが習慣になるといいですね。
ぜひ大証も東証に続いてほしいと思います。

関連記事


  





コメント

余震もさめらやずで寝つきが悪いです(苦笑)
貴重なデータありがとうございます。出来れば試算しにくい
海外ETF系を是非!と^^;

目をやると高配当指数がREITも一部組入れているのに2.68%の
利回りとは低いですかね。。あとは電力が3%超えですが、東電を
どう試算しているのか(しても他も下がってるかそんなものか)
などなど 思いをめぐらせました

こういう数字テータ等は是非証券取引所が積極開示してもらいたい
ですね(東証のETFの入れようの本気度を感じました^^

>宮さん

海外ETF(米国ETF)のiNAVは、米国ヤフーファイナンスでティッカーにつづけて“.iv”と入力すれば見られますよ。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1085.html

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)