10年前に聞いた「お金持ちの必勝法」

あれは10年くらい前のこと。

投資を始めたばかりの私は、ご他聞にもれず日本株の個別株投資をしていました。
なにか良い銘柄はないか?買い時はいつか?売り時はいつか?といつも考えていたように思います。
そんな欲が体から染み出ていたからか、ある時、会社の取引先のおじさんが、どこから聞いたのかしりませんが、

「水瀬君は株をやっているんだって?」

と株の話を振ってきました。「ええ、まぁ…」などとお茶を濁していると、

「いいことを教えてあげよう。株で儲けたら、そのお金で東京電力株を買うんだ。儲けたら少しずつ東電を買い増していくんだ。株で長い間勝っているお金持ちはみんなそうしているんだよ」

と声をひそめて教えてくれました。
当時の私は投資額も少なく、儲けたお金で1単元30万円近くする東電株なんて買えるかい!と思って聞き流していましたが、分散の「ぶ」の時も知らなかった私は、お金持ちの間ではそういうもんなのかと信じてしまいました。

その後も「株の儲けで東電株を買い増す」という運用法を、ある時は「マネー誌のおすすめ投資法」として、またある時は「大企業経理マン共通の必勝法」として、またある時は「近所のお金持ちの秘密」として、複数人からちょくちょく見聞きしました。
当時から東電株はディフェンシブ銘柄の代表格でしたから、なにかそういうセオリーみたいなものがあったのかもしれません。

10年前は1株3,000円近くあった東電の株価も、いまや450円(2011年4月12日現在)。
直接的な原因は、言わずと知れた福島第一原発の事故です。
本日のニュースによると、国際的な評価に基づく事故評価を、史上最悪といわれたチェルノブイリ原発事故と同じ「レベル7」に引き上げたそうで、余談を許さない状況が続きそうです。
今後の株価がどうなるのか分かりません(奇跡のV字回復になるかもしれません)が、現時点で10年前から85%減というのは、東電株に集中投資していた投資家にとっては相当なダメージだと思われます。
くだんの「株で長い間勝っていた人たち」や、「大企業経理マンたち」の話が本当ならば、いまどうなっているのか心配されます。

最近の社会情勢は、JALや東電のような超巨大企業の株であっても、集中投資は危険であることを教えてくれています。
資金の大半を置いておけるようなディフェンシブな銘柄を求めるなら、個別株ではなく、よく分散の効いたETFや投資信託の中から選んだ方がよいと思います。
たとえ、期待リターンが低く多少のコストがかかったとしても。
関連記事


  





コメント

東電株ですらおちおち安心して長期保有できない現実は「想定外」でした。1年前は日本航空、その前の米国でのトヨタ・バッシングなど大時価総額・優良株の保有者のダメージは甚大です。

ことは年金運用、メガバンクの財務にも波及して原子力の連鎖反応は国民資産の毀損に連鎖するのでは?

いまでいう毎月分配ファンド?

東電株の配当に注目する投資法は私も効いた事があります。
いまでいう毎月分配ファンドみたいな位置づけだったんでしょうか。(投資家心理的な意味で)

おはようございます

結論から言えば投資に永久不変の絶対の必勝法はありません。
一定期間、あるいは相当期間続くとずっとその手法で勝ち続けられる(儲けられる)と思いたくなるという心理の罠に陥るのです。

インデックス投資にしても世界の人口が継続的に減り、経済活動がじり貧になれば収益は上げられなくなります。
今までにその状態が来たことがないので、これからも来ないだろうと思い込んでいるに過ぎません。
世界経済の成長と言う前提条件が崩れれば、インデックス投資は無意味になります。

究極的にはどこまで用心するかと言う個人差になりますが、やはり分散する以外に適当な方法は今のところないような気がします。

現状報告

私の事そのものなので、初めてコメントさせていただきます。
東電は絶対つぶれないだろうとポートフォリオの15%を東電株として保有していましたが、資産株とは言えなくなったため、先日、すべて売却しました。
唯一の救いは、100%じゃなかったことでしょうか
高くつきましたが、非常に良い経験が出来たと思います。

そして、今後の投資方針を考えているうちに、「個別株は危険!」と言うことで、このホームページに出会えたのです。
参考にさせてもらいますね

とても読み応えのあるエントリでした!

たとえば通貨という土俵で抜群の安定感を誇っている「円」なんかについても、あらゆる可能性を含んでおきたいですね。

投資に限らず「絶対は絶対にない」ことを前提として、QOLを損なわない程度の現実的な備えをしておきたいものです。

地震リスク、火山現象リスク、天候リスクは想定しておく必要あり

これはトヨタ自動車株でも同じような事を言う人がいましたが、流石のトヨタも今回の大震災で生産に大きな打撃があったようです。
ただ、東海沖地震(厳密には東海・南海・東南海連動型地震)がいつ起きてもおかしくないから覚悟はしとけよ!とは言われていました(東海沖地震が一番関東地方やトヨタの本拠地の愛知に近いから)。
これについては個別株というよりは、日本のカントリーリスクを考えずに投資をしている人が多いからだと考えています。
世界各国への分散投資をする事で地震リスクの低減に期待が持てると思います。
ただし、天候リスクについては日本も起これば外国でも起こる(テレコネクションなんて呼ばれる)事がよくあります。

そんな話が

東電株を買い増す投資法というのがあったのですね...初めて聞きました。
一極集中はやはり危ないのだ(どんなに「安全」と思われていても)と今回の地震で切に思いました。

トレーダーならいざ知らず、投資収入をサブとしてみている人は分散が無難ですね。

それでも平均より儲かる人は必ずいるわけで、それを見せ付けられて心が揺らがないようにしなくてはいけませんね。

やはり分散ですか

やはり分散ですか。リスク資産と現金(預貯金)のバランスも見直し必要ですかね。

東京都は

東京都は東電株をどうするのか気になります。

東電株・・

こんばんは。

東電株・・資産として持っていた人、多いでしょうね・・

特に団塊の世代なんかは・・

超優良企業でしたから・・

ついでにいうと

東電株は国債よりむしろ安全(トヨタ株も)と言われていたことも
あったようで・・・・年初のマネー誌でも東電の社債と株の配当
利回りを比較してなぜ過度に保守的なのか・・・社債より株のほう
を薦めているような記事もありました
後だしではなく、どんな企業でもリスクはあるわけです。では投資を
しないほうがいいのか?というとそうではなく致命的なリスクを
回避するために分散投資することが最良なんですよね^^
実は私も個人向け国債と電力株どちらに振り向けるか悩んだときが
ありましたが、前者にしました。。理由は日本株のウエイトを高め
すぎてしまうからでした
それでも個別株を中心に持ってる私ですが、割り切ってることと、
1社あたりの金額を総資産に対して微量に抑えていますので1社による
致命傷はないようにしています。
山崎元さんが個別株の分散投資を書いてる書籍もありますが、それに
近い運用しています

>想定外被害者さん

どんなに優良株に見えても、個別株単体では非システマティックリスクが残ります。
この非システマティックリスクを極限まで減らしてシステマティックリスクだけにしたものがインデックスだと思っています。
もちろん、リスクだけでなくリターンも減りますが、その減り方はリターンよりもリスクの方が大きくなることが分かっています。


>hinoさん

やっぱり聞いたことがありましたか。
昔ながらの時代の知恵だったのだと思います。


>江戸の隠居さん

仰るとおりで、必勝法はないと思います。
インデックス投資だって必ず儲かるなどという約束はできません。
それが「投資」というものではないでしょうか。


>それを実行してた私さん

学べることができてよかったのではないでしょうか。
私も過去に個別株投資では散々痛い目にあっていますが、そういう時だからこそ投資の勉強に力が入ったという面はありました。


>虫とり小僧さん

為替動向は予測不能だと割り切っていますが、だからこそ分散しています。
そのかわり為替で一方的に儲かることもありませんが、それでよいと思っています。
大事なのは株価や債券価格の上昇です。


>タカちゃんさん

タカちゃんさんが以前見せてくれた過去の地震発生マップで、日本が飛びぬけて真っ赤っかだったのを思い出します。
地震リスクにもやはり国際分散投資が有効なのでしょうね。


>PETさん

分散はリスク低減に役に立つと思いますが、リーマン・ショックの時のように分散していても一時的に一斉に値下がりすることもあります。
過信しないように、でも長い目で見て相対的にマシな方法を選びたいものです。


>キャンディさん

リスク資金と貯金のバランスは、投資の前段階での必須検討事項ですね。
自分のリスク許容度に応じたリスク資金額にとどめておくことが、きわめて重要だと思います。


>jjさん

ほんと、どうするのでしょうね…


>金持ち父さんに成り上がる男さん

心配です。


>宮さん

個別株でも多くの銘柄に分散することで、リスクは下げられると思います。
ただ、各銘柄の相関に気を配る必要はあると思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)