タイ株・マレーシア株ETFが東証に上場

水瀬ケンイチ

野村アセットマネジメントは、東南アジアの新興国市場であるタイ株式市場およびマレーシア株式市場の株価指数連動のETFを新たに設定すると発表しました。

野村アセットマネジメント
4月14日 【プレスリリース】 野村アセットマネジメント、タイおよびマレーシアの株価指数を連動対象とする2本のETF(上場投信)を新規設定

詳細は上記プレスリリースをご覧ください。
上場予定は5月12日、商品概要は以下のとおり。

NEXT FUNDS タイ株式SET50指数連動型上場投信(1559)
 SET50指数連動・信託報酬年率0.5775%
NEXT FUNDS FTSE ブルサ・マレーシアKLCI連動型上場投信(1560)
 FTSE ブルサ・マレーシアKLCI指数連動・信託報酬年率0.5775%



ここのところ東南アジアの株価は伸びています。
タイもマレーシアも、MSCIエマージング・マーケット・インデックスに入っているものの、その比率はごくごく小さいものです。
MSCIエマージング・マーケット・インデックスに、東南アジアの重み付けをしたい場合などに、活用できるのではないでしょうか。
国別の新興国ETFとしては、信託報酬も低い方だと思います。

野村アセットマネジメントさん、グッジョブ!(^^)b

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ