山崎元氏のアセットアロケーション方法論と、勝手に補足情報(サポートツールの紹介)

よく「正解はない」と言われることが多いアセットアロケーションですが、楽天証券のレポートで、山崎元氏がアセットアロケーション方法論を書いています。

楽天証券 レポート&コメント 山崎元「ホンネの投資教室」
第146回 投資主体別、アセットアロケーションの方法論(上)(2011年4月1日)
第147回 投資主体別、アセットアロケーションの方法論(下)(2011年4月15日)

両レポートともに読み応えがあるのでぜひ読んでほしい(というか山崎さんは出し惜しみしなさ過ぎ!)のですが、特に方法論(下)が具体的で面白いです。
個人投資家向けのアセットアロケーション方法について4つ提示されています。

(1) 運用好きの個人:M-V法
(2) 運用が仕事でも趣味でもない一般個人:二段階法
(3) 人的資本に余裕のある個人:「リスク資産セット」への自由配分
(4) リスクに対して極度に保守的な個人:「捨てたつもりで」法

(1)のM-V法は、平均分散アプローチ(「Mean-Variance法」→「M-V法」)のことで、多くのインデックス投資家がやっている、各アセットクラスの期待リターン・リスク・相関係数を使ってお好みのアセットアロケーションを計算する方法です。
私もこの方法でアセットアロケーションを計算していますが、M-V法という名前があったとは知りませんでした(笑)

レポートでは、「PCとマイクロソフト・エクセルのような表計算ソフトがあれば十分」と書かれていますが、まずデータを入手して、一から自分でエクセルで計算式を作るのは大変です。

そこでおすすめなのが、アセットアロケーション計算ツールです。
ネット上で公開されていて、無料で使えるサポートツールがいくつかあります。
ただし、M-V法は計算の元となる期待リターンなどの値によって計算結果が大きく変わるので、何のデータを使っているのか(GPIFのデータとか独自のデータなど)をご確認いただき、「ご使用は自己責任で」という前提でサポートツールをご紹介します。

■ファンドの海さん
アセットアロケーション分析
http://guide.fund-no-umi.com/tools/aa.html

WEBサイト上ですべての計算が完結できます。
ポートフォリオの期待リターン・リスクが計算できるだけでなく、30年後の投資結果の予想までしてくれます(当然レンジをもっての予想になります)。
このツールのすごいところは、期待リターンとリスクの値を変更できるところです。
一見いじれなさそうに見えますが、値の部分をクリックして消去・変更することができます。
自分好みのデータで計算したいかたには、決定版です。
イーノ・ジュンイチさんすごい!

■タロットのポートフォリオ理論[ココログ分室]さん
効率的フロンティア計算シート Ver.1.1.1
http://tarot-mpt.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/_ver110_a933.html

ダウンロード型のツールです。
2007年、このツールが公開されたことによって、世のインデックス投資家たちが個人でアセットアロケーションを組めるようになり始めたと言っても過言ではありません。当時はそのくらいの衝撃でした。その後も様々な改良が加えられています。
今でもこれを使ってお客さんのアセットアロケーションを計算しているFPさんとかいるんじゃないでしょうか。
タロットさんに感謝!

■わたしのインデックス myINDEXさん
資産配分ツール
http://myindex.jp/user/myaa.php

WEBサイト上で計算が完結します(ただし無料の会員登録が必要)。
見ていただけると分かりますが、「えっ商用サービスじゃないの!?」と思うほどの美しいビジュアルと充実の機能を実装しています。
11のアセットクラスで計算できます。また、過去20年間の過去分析までできます。他にも、かゆいところに手が届く盛りだくさんの機能があります。
myINDEXさんに感謝!


山崎氏のレポートに戻りますが、(2)の二段階法は、山崎氏と私で書いた本「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」でも紹介している(新興国株式クラスも入れてもう少し詳しく)簡便法です。これなら特にサポートツールは不要でしょう。
また、(3)の「リスク資産セット」への自由配分、(4)「捨てたつもりで」法については、(2)二段階法のアレンジ(リスク資産への投資比率を調整するだけ)なので、これらもサポートツールは不要でしょう。

太っ腹な本の著者やIT技術者たちのおかげで、私たちはアセットアロケーションを自分で計算することも、簡便法で計算することもできるようになりました。
ただし、どんな方法で計算したとしても、最終的にそれを決定するのは自分です。
言わずもがなですが、投資は自己責任でお願いいたします。

関連記事


  





コメント

>(2) 運用が仕事でも趣味でもない一般個人:二段階法
私は長期投資は、楽な(2)です。
単に手抜きなんでしょうが(笑

>saru999さん

(2)でも大きな間違いはないと思います。
ただ、簡便法でも期待リターンとリスク(標準偏差)は数字で把握しておいた方がよいと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)