松井証券が考える投信の形とは?

松井証券が投信販売を検討しているそうです。

ロイター 2011/04/26より引用】
松井証券が投信の販売を検討、ネット4社とは形を変えた参入で=社長
松井証券の松井道夫社長は26日の決算会見で、投資信託の販売を検討していると述べた。ネット証券大手4社が、投信の販売促進で協力しているのに合流するのではなく「形を変えた参入もよいかと思う。ただし仕組みを変える。時間をかけて考える」と話した。
(中略)
松井社長は、投信の運用会社に運用能力などに見合う信託報酬が入るのは理解できても、ネット証券が販売報酬を取ることには疑問、との考えを示したうえで、「だからといってノーロード(無手数料)の(投信)を単純につくるのでもなく、もっと仕組みを変えることを考えている」と語った。
【引用おわり】

松井証券といえば、かつてはネット証券業界の雄で、「預株」制度や「約定代金合計10万円以下は手数料無料」や「IPO落選お詫び料」など、次々と画期的なサービスを始める勢いがありました。
最近は随分おとなしくなってしまったように思います。
また、一度投信販売から撤退していることもあり、自分が個別株投資からインデックスファンド中心の運用に変わってからは、松井証券からはすっかり遠ざかってしまいました。

その松井証券が投信販売をまた検討しているとのこと。
それも、ちょっと変わったことを言っています。

ロイターの記事から読み取る限り、

・ネット証券4社の『資産倍増プロジェクト』には加わらない
・投信の運用会社に運用能力などに見合う信託報酬が入るのは理解できる
・ネット証券が販売報酬を取ることには疑問
・ノーロード投信を単純につくるのでもなく、仕組みを変える

といったことを松井社長が言っているようです。
ネット証券が販売報酬(販売手数料のことだと思う)を取ることに疑問があるのならば、ノーロードの投信を扱うということになるのかと思ったら、そうでもない。
「仕組みを変える」というのが具体的にどういうことなのか、いまいち想像がつきません。

仕組みを変えた松井証券の投信参入がどんな形になるか、無理やり予想すると、

・松井証券が運用会社を作って独自投信を立ち上げる
→信託報酬は取り、販売手数料はナシ(手数料の考え方と整合)。ただ販売するだけでなく自ら運用するという形(松井証券にとっては仕組みを変えたことになる?)
・松井証券が投信を使ったラップ口座を始める
→手数料に売買手数料やアドバイス料などをトータルで含む(既存投信販売と手数料の考え方が違う)。投資家にとっては新しい仕組み(大手証券のSMAを除く)

といったことくらいしか頭に浮かびません。
(適当な予想なのであまり真に受けられませぬように…^^;)
かつて画期的なサービスを生み出してきたという期待と、一度は投信販売から撤退しているという不安が入り混じり、気になります。
とはいえ、松井社長が「時間をかけて考える」と言っているので、すぐに公式発表はないと思います。
ゆっくり待つとしましょう。
関連記事


  





コメント

はじめまして。いつも読ませていただいています。
信託報酬の販売会社分をとらないということではないかと考えます。
ただそうするとペイしないので、販売手数料と解約手数料をとる、
もしくは口座管理料をとるなどを考えているのでは。
そうすると信託報酬がさがり長期投資に有利になりますし、
普通の投信の保有がETFの保有に近い感覚になりますよね。

>kuroさん

なるほど。
信託報酬から販売会社分を取らないということかもしれませんね。
たしかに、運用コストである信託報酬の一部が販売会社に配分されるのは、そもそも何で?という感じはします。

松井社長が「時間をかけて考える」というくらいですので、いろいろなスキームを考えつつもなかなかいい案が無い、と言うところだと思います。

そんな中で思いつくのは「管理料」スキームでしょうか。

【販売会社分の信託報酬は取らない。そのかわり預かり総資産の0.2%は管理費としていただく(事実上、販売会社分の信託報酬が0.2%になったようなもの)】

上の0.2%は架空の数字ですが、自分で書いといてなんですが面白い仕組みだと思います。
販売会社の投信管理はどの投信でも手間はほとんど同じだと思います(毎月分配は少し大変?)。そうするとどのファンドを投資家に100万円持ってもらっても手間は同じなので同じ管理料と言うのは合理的です。
しかも、どのファンドを売っても収益は同じとなると、販売報酬の多いファンドを売りつける必要もなくなるので、投資家とWin-Winの関係も築けそうです。販売手数料も無料なら回転売買のインセンティブもなくなります。

しかし、このスキームの欠点は、その管理料だけで黒字に持っていけるかですね。(私なんぞが思いつくことは、とっくに思いついているはずなので、難しいのだと思います)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

「時間をかけて考える」ですって!いったい、何年かけるつもりなんやろ?

JUGEMテーマ:資産運用 -----------------------------------------------------当ブログにはじめてお越しの方、お時間が許せばご覧下さい。(長文です)当ブログにはじめてお越しの方へ (2010年10月)-----------------------------------------------------水瀬ケン...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)