ついに国内ETFの「基準価額と市場価格の乖離問題」が解消レベルに?

上場以来、個人投資家の期待を集めながらも、ETFの基準価額と市場価格の乖離の大きさが課題と言われてきた国内ETFの「上場MSCIコクサイ株」(1680)・「上場MSCIエマージング株」(1681)の乖離率が縮小傾向にあるという記事を以前書きました。(参考記事

4月末時点でもう一度調べてみたら、とうとう乖離率がプラスマイナス0付近まで縮小していました。
以下が、「国内ETFの基準価額と市場価格の乖離率」の推移を表したグラフです。

国内ETFのNAVと市場価格の乖離率推移
モーニングスターのデータを使い筆者が作成)

1680と1681の乖離率が順調に縮小してきているのが分かると思います。
1680の4月の平均乖離率はわずか+0.01%、1681にいたっては平均乖離率が初のマイナス圏(ディスカウント)▲0.27%を記録しています。

当初、ETFの基準価額と市場価格の乖離は、売買高が大きくなってくれば裁定が働いて落ち着いてくると考えられていましたが、海外資産対象のETFの場合、原資産と為替の価格評価時点のズレがあるために乖離率はどうしても発生するとか、マーケットメイカーの意向が関係するとか、様々な要因が複雑に絡み合っているようです。
そのため、その乖離率のうちどの要因がどれだけプレミアム(ディスカウント)要因になっているのか個人投資家側では判断がつきません。

しかし、複雑な要因により乖離があることは許容したとしても、それが常にプラス圏(プレミアム状態)で推移し続けているというのは何かがおかしい。個人投資家にとって、不利益になる大きな何かがあると考えていいと思います。
ごくシンプルに考えれば、いろいろあって乖離はするが、それは長い目で見て0をまたいでプラスマイナス0付近を行ったり来たりするのが自然ではないでしょうか。

そういう意味では、1680と1681に関しては、やっと自然な乖離レベルになってきたと思われます。
運用会社の日興アセットマネジメントも東京証券取引所も乖離縮小の努力を続けているようで、それが成果となって現れてきているのかもしれません。
これが継続するようになると、いよいよ投資可能レベルになると個人的には思います。

何故継続することが必要かというと、買う時に適正価格で買っても、何十年後かに売る時に割安価格で売ることになっては台無しだからです。
買う時、売る時の両方が適正価格であってこそ、国内ETFの超低コストが活きてくるというものです。

その点、新顔の「MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信」(1550)はまだまだ+3%強で推移しています。
信託報酬を年0.1%単位で節約しても、買う時に3%も割高に買ってしまっては、それを取り返すだけで何十年もかかってしまいかねません。

国内ETFの基準価額と市場価格の乖離は、低コストを志向する個人投資家にとって重要なポイントなので、これからも注目していきます。
先日上場した「上場インデックスF世界株式(MSCI ACWI)」(1554)もある程度期間が経ったら、グラフに追加しようと考えています(こちらは割と良い滑り出しのようです)。
しばらくしたら、またブログで報告したいと思います。お楽しみに!


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。
関連記事


  





コメント

おぉっ!

課税効率の点でも一歩抜きに出ているこの両ETFの魅力がさらに増してきましたね!
(課税効率の件も水瀬さんにご教示いただいたのですが…)

ここまで来るとコアな部分は日興AMの東証上場ETFで、セクター戦略のようなサテライトの部分を海外ETFって言う使い分けになりそうです。
特に日興AMのREIT系ETFは海外ETFには無い国への組み込みが可能なので注目したいです。
問題になっていた乖離の件も現時点ではなくなりましたが、これから出してくるETFの乖離の問題などもウォッチしていきたいです。

わかりやすいグラフありがとうございます。
1680、1681の乖離が解消されて来ているのは喜ばしいです。あとは税効率のため先物主体の運用によって実物運用ETFやインデックスファンドとどれほどの課税効率の違いがあるのか興味があります。

1550は実物運用なので期待大なのですがプレミアムが酷くて今のところ使い物になりませんね。

有意義な記事ありがとうございます

非常に有意義な記事、ありがとうございます。

基準価額と市場価格の乖離はETFの重要なポイントだと思います、多少コストが高くとも乖離率が低く、流動性の高いETFを選ぶべきではないでしょうか。

個人投資家も「しっかりチェックしてるし、これからは発信するんだ!」というメッセージが伝わってきました。

相互リンクのお願い

はじめまして、マネーロードと申します。このたびは、貴サイトとの相互リンクをお願いするための連絡です。運営から約半年、ほぼアクセスがない状態で推移しているため、ご検討・ご協力をお願いします。

≪サイト情報≫
マネーロード 資産形成時代
http://www.road-money.com/
紹介文:成熟経済での資産形成の方法を模索し、その結果を毎月お知らせしています。


なお、当サイトでは、以下のページに貴サイトへのリンクを完了していますのでご確認ください。
よろしくお願いします。
http://www.road-money.com/links.html

1550はフリーETF(カブドットコム証券)等で頑張っているようですが、まだまだ出来高が小さいですね。
eMAXISとマザーファンドが同じ(たぶん)ということは、1550とeMAXISの間でも裁定のような効果が考えられますが
(だとすると、原資産と為替の評価時点のズレ…はあまり考えなくても良いですね?)
出来高が小さくてプレミアムが付いているのではちょっと手が出せないですね。

先物使いの日興AMと三菱UFJの方針の違いがどうでるか、注目しています。

分配金を考慮すると?

いつも読ませていただいていますが、初めてコメントします。ジャカルタからの読者です。

1680とTOKを両方保有しているものです。
1680は第1期の分配金はありませんでした。決算によると、次期への繰り越しは(-)510万円で分配金出す原資がないのがわかります。
TOKの分配金はこの一年で二回計0.828ドルあり、当時の取引価額の2%台前半あたりとなります。

私は分配金の違いより、まとまった資金で買い増すのはTOKの方にと思っていますが、何か勘違いしているのでしょうか。

情報ありがとうございます。こうして見ると、かなり乖離をしながら推移してきたんですね。

それにしても、このままマイナス乖離に突き進みそうな勢いです。
運用が不透明だとか、なにかあるのかもしれませんね。

>虫とり小僧さん

先物中心運用を毛嫌いするかたがいらっしゃいますが、税効率がいい(そのために先物中心運用を採用しているわけですが)ことはあまり評価されていないようですね。


>タカちゃんさん

おお、高評価ですね!
個人的には、この乖離レベルが継続的なものかどうかを見極めたいと思っています。


>kenzさん

1680・1681の課税効率については、以下の記事に詳しいです。ご参考まで。
http://money.quick.co.jp/etf/tse/eye/100126.html


>ishipponさん

仰るとおりだと思います。
売る時も買う時も、概ね適正価格で売買できることができて初めて、低信託報酬が活きてくると思います。


>山ダイさん

検討させていただきます。
リンクさせていただく場合はこちらからご連絡いたします。
よろしくお願いします。


>1もるさん

インデックスファンドのeMAXISとマザーファンドが同じなんですか。
知りませんでした。
貴重な情報提供ありがとうございます。


>Yuriさん

ジャカルタからのアクセス、ありがとうございます。

1680とTOKの優劣を分配金の有無で判断するのは、間違いの元だと思います。
というのも、1680とTOKのベンチマークである「MSCIコクサイ指数」は円ベースとドルベースという違いはありますが、ともに「配当込み」のインデックスです。
1680は先物中心の運用なのでそもそも配当がない(配当が先物価格に含まれている)と思われます。
それに対して、TOKは分配金を出しますが、運用報告書には「リターンは分配金を再投資したものとして計算」という旨の但し書きが付いています。
基準価額と分配金を足したトータルで、インデックスにどれだけ連動できているか(トラッキングエラー)を、TOKと1680で比較するのが適切な比較方法だと思います。
(TOKの分配金をすぐに再投資することは実質できないことにも留意)

実際比較してみるとどうか?
それはご自身でご確認ください(^^)


>Kapokさん

ずっとプラス圏(プレミアム)で推移するのは困りものですが、マイナス圏(ディスカウント)でも、乖離が大きくなることは好ましくありません。
プレミアムで買いたくない人がいるのと同じく、ディスカウントで売りたくない人もいますので。
プラスマイナス0が一番ですね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)