「震災後のお金の救急ナイト」体験記 その1

昨日5月2日に行われたイベント「震災後のお金の救急ナイト」に行きました。
(イベント概要は公式WEBサイトをご覧ください)

会場はお台場・東京カルチャーカルチャーで、お客さんは50人くらいいました。
テレビ東京(WBS)の撮影クルーが入り、取材を受けているお客さんの姿もちらほら(私はご遠慮申しあげましたが…^^;)
出演者は、安原ゆかり氏(日経マネー編集長)、羽生祥子氏(日経マネー記者)、内藤忍氏(株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長)、深野康彦氏(ファイナンシャルプランナー)、宮本泰輝氏(外資系運用会社駐日代表、株式アナリスト)、小松真実氏(ミュージックセキュリティーズ株式会社代表取締役)、そして司会のえんどうやすゆき氏という多彩なメンバーでした。
以降、印象に残ったポイントを簡単にレポートさせていただきます。

・お金の知恵が生きる力になる(羽生)
・(「311以後、お金についての考えはどう変わったか?」という質問に対して)事前に行なったブロガーアンケートでは「変わっていない」という回答が大方。ただ、初めて寄付をしたという回答やフリーランスで仕事がなくなったという回答も
・個人投資家に、日本株を応援買いしたとか、金(ゴールド)で儲けたからその分を義援金にとか、日本や被災地を応援する動きがあった(安原)
・収入に関心が集まっている。平成6年をピークに減少し続けているという元々あった問題がより明らかになった(深野)
・マスコミはあまり報じないがこれから増税が来る。デフレスパイラルが更に加速するだろう(宮本)
・震災で色々なごまかしが見えてきた。いま東電は批判されているが、他の企業はきちんとやっているのか、他人事ではない。大事なのはここで変われるか(内藤)
・NYタイムズは日本に寄付するなと言っている。日本は金持ちだし寄付金の使われ方にエビデンスがないとのこと(えんどう)
・普段投資などしていない普通の主婦がお金の価値観が変わったと言っている。収入、政治、社会保障などいろんなことについて一般人が考えるきっかけになったのではないか(羽生)
・健康保険などの社会保障は手厚いが、地震保険は手厚くない。何が守られていて、何が守られていないかを知るべき(安原)
・昔は大きな家や高級車を持つことが富の象徴だったが、今回は持つリスクが明らかになったのではないか。持ち家は自己満足くらいしかリターンがない(内藤)
・女性は持ち家志向が強いが、震災後、主婦から賃貸のよさが分かったという声が(羽生)

ここまでで水瀬所感。
震災によって、今まで存在していたけれど見過ごされてきた諸問題がより明らかになってきたということと、お金のことを普段あまり意識していなかった人たちが考え始めたということが、大きなポイントだったかと思います。
特に、「持つリスク」に否応なく気づかされたというかたは多そうです。
震災で自宅マンションにヒビが入り、大手デベロッパーの手抜き工事が明らかになったという出演者もいました。
ただ、今回はさすがに意見は出ませんでしたが、「持たざるリスク」もあるはずです。
私自身は元々、家は賃貸、車はレンタカー利用、鞄や腕時計といったブランドものに興味がないなど、どちらかというと「持たざる」派の人間ですが、持ち家の安心感や自家用車の利便性など、犠牲にしているものもあると感じています。
「持つリスク」「持たざるリスク」の両方を押さえて、判断することが大切だと思います。

そして、だんだんと話は投資方面へ。

(次回に続く)
関連記事


  





コメント

昨日はお疲れさまでした

内藤さんの意見で「震災で色々なごまかしが見えてきた・・・」部分については企業によって明暗が分かれた事です。
例えばJR東日本の場合は今回は乗客が乗った新幹線の脱線が起きなかったなど、新潟県中越地震の教訓が企業努力という形で見えてきました。
勿論、厳密にはJR東日本管内でも死者は出ているのですが、その理由はJR東日本に問題があった訳ではない理由です。
それに対して東電はスマトラ沖地震では高さ9mの津波が襲った情報まで入ってきたにも関わらず、高さ5mを超える津波で被害が起こる状況を放置して、今回の地震で高さ14mの津波が襲って原発事故が起こりました。
東電とJR東日本ではここまで状況が違います。
しかし、我々が株式投資する場合の問題として、ここまでデスクローズされているかどうかは怪しくて、そんな所まで把握しているアナリストはいないでしょう。
それが大震災が起きれば内藤氏の指摘のように誤魔化しても誤魔化しようがなくなります。
そこまで考えると、やはりインデックスになってしまうのかな?

持ち家か賃貸か

こんばんは。
私も家は賃貸派ですが、最近はちょっと考えることも。
先日、幼少時から育った家の取り壊しに立ちあってきましたが、柱に記した誕生日ごとの背丈の記録など思い出を残しておけるというのはお金に換算できない価値があるとしみじみ。
また将来死を迎える際、病院ではなく在宅死したい場合も普通の賃貸では難しいかなと思っています。
(介護付き賃貸住宅や高齢者向け賃貸住宅で在宅死がどのように扱われているかということや費用面も一度調べてみないといけないとは思っていますが。)

こんばんは。
関東方面に住んでいるなら是が非でも参加したい企画ですっ!
(残念ながら九州在)。
今回の震災で”持つリスク”に気づいた1人です。
その1番はやはり持ち家。
代々続く土地があり、そこに去年建てさせてもらいました。
狭い日本、どこで地震が起きるかわからないので九州も油断なりません。
持ち家の安心感も確かにあるのですが、今回の震災後は持ち家だからこその精神的ストレスも発生(金銭面)。

もう建ててしまった以上、少しでもバランス感覚を養い自分を追い詰めない人間になりたいですねぇ。

>タカちゃんさん

企業によって分かれましたね。
新幹線が全て安全停止したとのニュースには驚きました。
身近な例では、地震直後にピシャリとシャッターを下ろした店と、休憩所として開放した会社、ガスが止まっているため温かいものはできないけどと断った上で営業を続けた飲食店などがあったのが対照的でした。
危機対応の面で差が出たのだと思います。


>clover_kenichiさん

お金に換算できない価値というのは確かにあると思います。
換算できないからこそ、持ち家vs賃貸の論争はいつも話が噛み合わず、最後は「各人の価値観」というところに落ち着いてしまうのでしょうね。


>ありすけさん

持ち家は建ててしまえばランニングコストがかからないと純粋に信じているかたもいらっしゃるようです。
固定資産税もかかればマンションなら共益費・修繕積立金もかかりますよね。

ありすけさんのように持ち家だからこそのストレスを率直にお話されるかたは貴重だと思います。
大金を払ったことによる認知的不協和から、持ち家のストレスを見てみぬふりをして、メリットばかり話すかたが多いように感じます。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)