「いつかは経済自由人!」第2回も良記事。でも気になることが…

水瀬ケンイチ

日経電子版で田村正之氏が執筆している新コラム「いつかは経済自由人!」の第2回目が掲載されていました。

日経電子版 > マネー > コラム
「失われた20年」に8割増の投資法とは (5/2)
(大人の事情で直リンクができません。申し訳ありませんが上記リンクを辿ってください^^;)

今回も良記事です。
難しい話をすると寝てしまうハナちゃんとのやりとりの中で、国際分散投資の良さをデータを交えて伝えています。
ポイントを勝手にまとめると以下のとおり。

・公的年金は、成績が悪い時だけ国会等で非難されがちだが、国際分散投資で資産を増やしている
(水瀬注:国会だけでなくメディアにも同じ傾向があるように思いますが…)
・分散していれば単年度でも下がらないというのは誤解であり過剰期待
・アクティブ型投信は、高いコストを補えず長期では市場平均を下回る比率が高い
・ファンドの成績は、69%が資産配分で決まり、銘柄選択や売買タイミングは残り約3割に過ぎない
・『100マイナス自分の年齢』が株の比率という簡便法。但し人により状況は違うから自分なりに考える
・金融の世界ではリスクは危険ではなく、期待しているリターンに対するブレの指標
・資産配分→商品選びという順番が正しい。逆の人が多い

国際分散投資の要諦とよくある誤解が、きれいにまとまっていると思います。
ところで……



どうでもいい話ですが、ハナちゃんのイラスト、なんか違和感ありませんか?
バーチャルなキャラクターという設定にしては、いまいちマンガっぽくないというか妙にリアルっぽいところがあるように思います。
まるで誰かに似せて書かれた似顔絵のような…。

そこでハタと気づきました。
これは、私の知っている某女性投資家に似ている!?
しかもそのかたの名前も「ハナ」さんです。
きっとこれは田村さんの策略で、コラムの最終回では、

田村氏「実は、バーチャルキャラクターのハナちゃんは実在の投資家です」
読者達「な、なんだって!?」
田村氏「それではハナさん最後にひと言どうぞ」
ハナ氏「も~私は人が話している最中に寝たりしませんよ。でも勉強になりました!」

みたいなサプライズ展開を狙っているに違いない?
……どうでもいい妄想、失礼しました(^^;;
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ