インデックス投資への「過剰期待」と「過小評価」 その1

水瀬ケンイチ

インデックス投資がほんの少しは浸透してきたからなのか、ここのところインデックス投資についてのブログや本が増えてきました。

だいたいどれも「長期」「分散」「低コスト」をうたい、インデックス投資の優位性を分かりやすく説明しています。
いずれも投資の要諦でありとても大事なことなのですが、分かりやすくするために説明を簡略化した情報が増えてくることで、個人投資家の間でインデックス投資に対する「過剰期待」と「過小評価」が表れてきているのではないかと感じています。

自分もそれに引っかかっているかもしれませんので、ここらで整理しておきたいと思います。
インデックス投資にもいろいろありますが、ひとまずここでは「インデックスファンドの積み立てによる国際分散投資」と定義して、個人的によく見かける過剰期待と過小評価の例をそれぞれ列挙してみます。

まずは過剰期待から。



≪インデックス投資に対する過剰期待≫

(1)インデックスファンドならすべて良い
→インデックスファンドの中にも、コスト、トラッキングエラー、継続性などの面において、相対的に良いインデックスファンドと悪いインデックスファンドがある

(2)インデックス投資ならマイナスにはならない
→よく分散したインデックス投資でも、ポートフォリオの損益がマイナスになることはある(マイナスになってもマイナス幅が小さくなるリスク低減効果はある)

(3)期待リターン分の利益が毎年コンスタントに出る
→各インデックスの期待リターンとその発生確率は、概ね左右対称の釣鐘型の分布になり、1年後の実際のリターンは上にも下にもブレる(ざっくり半分の確率で期待リターンを下回る)。預貯金の利率とインデックス投資の期待リターンを同列に扱うのは実態に合わない

(4)過去のデータからリスクと期待リターンが自動的に計算できる
→各インデックスの過去のデータから、ポートフォリオのリスクはある程度計算できても、期待リターンには人の考えや予測の余地が入る。またその期待リターンがアセットアロケーションに与える影響が小さくない

(5)期待リターンの複利で増える
→単利ではないが、ポートフォリオのリスクが高いと、長期では期待リターンの複利に届かない確率が高くなる(期待リターンよりも低い複利になる)

(6)効率的フロンティアは不変
→効率的フロンティアを算出するための係数(相関係数など)は日々変動しているので、効率的フロンティアはどんどん変わっていってしまうもの

思いつくのはこんなところでしょうか。他にもあるかもしれません。
「ええ~そうなの?」「話が違うじゃないか」と思われたかたもいらっしゃると思います。
私も知ってびっくりしたことがいくつかあります。
分かりやすく優位性を説明しようとすると、上記のような誤解が生まれるという副作用もあるようです。
通り一遍のインデックス投資解説に飽きてきたら、少し細かい事柄にも着目していくと、意外な事実があって驚かされることがあります。

次回は、逆の「過小評価」について整理したいと思います。

(次回に続く)
関連記事
Posted by水瀬ケンイチ