インデックス投資への「過剰期待」と「過小評価」 その2

前回の記事「インデックス投資への「過剰期待」と「過小評価」 その1」の続きです。

「過剰期待」に続いて、インデックス投資の簡単な説明がひきおこす、インデックス投資に対する「過小評価」について、個人的によく見聞きする例を列挙してみます。

≪インデックス投資に対する過小評価≫

(1)日経平均はこの20年間下がりっぱなしだったのでインデックス投資はだめ
→日本という単一国だけを見てインデックス投資を判断するのは視野が狭い。国際分散投資をするのだから、例えば先進国・新興国を含んだMSCI ACWIなどカバレッジの広いインデックスを見てみよう

(2)銘柄選択の努力をしないで儲けられるわけがない
→プロでも運の良い素人には勝てないのが市場であり、努力と利益は必ずしも比例しない。手間なく常に市場の平均を取れることの意義は大きい

(3)インデックスを上回るアクティブファンドは存在するのだからそれを選べばよい
→インデックスを上回るアクティブファンドはある時点で見れば一定数存在するが、それが継続するかどうかは別問題。また事前にそれを選べる合理的手段はないのが現実

(4)グローバル化の進展により分散効果はなくなった
→各アセットクラス間の相関係数がすべて1にならない限り(たとえ正の相関が強くても)分散効果はある。相関係数は日々変動しているので実質的にすべてが1になり続けることはない

以下、ちょっとマニアックになりますが、せっかくなので整理しておきます。

(5) ※現在検証中のため一時伏せさせていただきます

(6)そもそも「株価はランダムウォークする」のに「期待リターンがプラス」というのは論理的におかしい
→理解不足、もしくはランダームウォークの定義の違い。ランダムに動きながら基本的な方向性を持つことは両立する(ウィーナー過程とドリフト項)

そして、いちばんよくあるのが、以下のもの。

(7)少なくとも私は個別株投資でインデックスを上回っているのでインデックス投資なんて(以下略
→素晴らしい!これからも頑張ってください!ただ、そのインデックス超過分を生み出すための費用(時間)対効果はどうでしょう?短い人生、時間や手間をほとんどかけずに常に市場の平均を取れるとなると、QOL(Quality of Life)が上がるかもしれませんね。いや、投資がライフワークなら大いに結構ですけど(^^;


といったところでしょうか。
前回の記事とあわせて、インデックス投資への「過剰期待」と「過小評価」を整理してみました。

世の中にインデックス投資情報が増えることはよいことだと思います。
手間がかからず簡単な投資法なので、初心者向けに分かりやすくキャッチーな言葉で説明されることも多いでしょう。
でも、そのキャッチーな言葉がひとり歩きして、誤解や反発を招くことがあればそれは不幸なことです。
インデックス投資について、過剰期待でもなく過小評価でもない、「いいあんばい」の理解(要するに正しい理解)をしていたいものです。
自戒をこめて。

※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。
関連記事


  





コメント

インデックスに勝てる奴はいる

印象的なのは(7)ですね。
OKWaveでは東証マザーズに上場する企業で決算書がいかがわしい、またはインチキ企業をピックアップする事ができる人がいまして、「おすすめのかぶを教えてください」の質問に対して、東証マザーズに存在する糞企業の証券番号をずらりと書いた人でした。
勿論「かぶ」なので、食べ物の蕪を紹介する人もいます。
ただ、このQ&Aはサポートから質問ではない事に該当する趣旨で削除されました。
そんな訳でインデックスを長期的に上回る投資家は存在すると見ています。

(3)については既にブロガーの方からご指摘されています。
勝手にリンクする訳にはいかないので省略しますが、CFPの資格を持つ人がとんでもない事を書いています。

「1の日本株ダメダメ論」と「3の良いアクティブを選べ論」は、よく聞くインデックス投資批判という感覚です。
「1の日本株ダメダメ論」は的外れで、「3の良いアクティブを選べ論」はその具体的な手法が示されないという重大な欠陥がありますね。

インデックスを上回れる良いアクティブファンドを選ぶ目があるなら、わざわざファンドなど選ばずに個別銘柄でやった方がいいのでは、なんて意地悪なことを思ってしまいます。
3000本のファンドの中からいいファンドを選んでも1年でせいぜい倍にしかならないのだから、東証や大証など2000銘柄から良い銘柄を選べば10倍も狙えるのに・・・


(微妙な解釈の違いかもしれません)
5の個別銘柄分散とリターンの話ですが、非システマティックリスクがほぼなくなり、システマティックリスクに近くなるのであれば、リターンも同程度になるのではないでしょうか?
「システマティックリスク=ベータ」と考えると、アルファが消えてベータリスクだけが残る→インデックスファンドとほぼ同じという印象なのですがいかがでしょうか?

個人的には

個別株選別に費やす時間よりインデックス投資家の勤勉さのほうに頭が下がります^^;
あとは その時間差を何に使うかは人それぞれですかね。体鍛えたり、本業に注力すれば
有意義ですが、キャバクラやギャンブルに費やしては逆に高くつきますしねw
個人的には個別株はインデックスとのベンチマークうんぬんより楽しみですかね。インデックス分
合わせて複利でどんだけ伸びるものか 棺おけ手前まで持ってみようと思っています^^
(なので 積立ではなく一定額を分割購入して ここ数年かけてポートフォリオを完成させました)
配当はMMFに入れておいて金が2000円割ってきたらヘッジのつもりで買い進めていきます。
50年後?くらいを楽しみにしていますよ♪(いやほんとうにです

平時の備え(メンタル面での効果)

(この間の金融危機に対する、個人的な経験からですが、)市場が暴落し、不安や恐怖に飲み込まれそうになった時、狼狽売りを防ぎ、冷静でいる為にも、心に余裕のある平常時に、十分に時間を掛け、自分の投資法について、(昨日、今日の記事の様に)限界と効用を整理し、論理的に考えて、「深く納得(理論武装?)」しておく事が意外と有用な気がします。

日本のインデックスを買う意味

国際分散する必要性はすごくわかるのですが、
これから成長性の低い(もしかしたらマイナスの)日本のインデックスを買う意味はあるのでしょうか?買うとしても日本株の比率は低い方がいいと思うのですが、そちらについてはどうお考えでしょうか?

ここ数年の、円高はまったくの盲点・想定外でした。

どう転んでも、私の生活は今後もドル紙幣を財布に収めて生活することはなさそうです。
現在も、私の財布には1ドルも入っていません。
少ないながらも・・・すべて円通貨です。

通貨「円」以外必要としない生活の中で、国際分散することは、現金化(円建て)したときの為替差損リスクが無視できないと感じています。

ここ数十年、為替は円高のトレンド傾向にあるのを、まったく考慮していませんでした。
日本経済が本格的に衰退したとき(国債破綻、年金破綻等)、今後は、円安になるのかが気になるところです。

>タカちゃんさん

仰るとおり、インデックスに勝てる投資家は必ず存在します。
だってインデックスはしょせん平均なんですから、上がいるのは当然ですよね。


>吊られた男さん

仰ることはイメージ的には分からないでもありませんが、ポートフォリオのリスクがインデックスのリスク(非システマティックリスク)と同じだと期待リターンまでもインデックスと同じ、と話が飛躍するその部分の根拠が分からないのです。

リスク(標準偏差)は過去の値動きから計算できますが、期待リターンは、そのリスクから自動的に決まるような性質のものではないと思っています。
では期待リターンはどのようにして決まるのか。

リスク(標準偏差)に比べて株式の期待リターンの算出は難しく、これが唯一の正解というものはないはずです。
諸説ありますが、例えば、「期待リターンは株式益回りに利益成長率を合計したもの」という算出方法があります。
ご存知のとおり、株式益回り(PERの逆数)や利益成長率という要素は個々の企業でまったく違います。
株式を20銘柄以上持つと、過去の値動きから単純に求められるリスク(標準偏差)と同じように、株式益回りや利益成長率(あるいはその合計)もインデックスと同等に収斂していくということになりますが、そんなエビデンスありましたっけ?
(なお、過去リターンの平均をそのまま期待リターンとするのは明らかな誤りです)

ただ、もしCAPMを信じておられるなら(CAPMの前提条件が現実に則しておらず使えないという批判が多いのでどうかと思いますが)、期待リターンは「リスクフリーレートとそのリスク資産の市場ポートフォリオに対する感応度(β)に比例した超過リターンの合計」ということになっているので、株式を20銘柄以上持ってβがほぼ1とするなら、リスクフリーレート+市場ポートフォリオの超過リターン×1、つまり株式インデックスの期待リターンと同じということになりますが、そういうことでしょうか?

※ここでのβは、吊られた男さんのコメントにあるシステマティックリスク=βとは意味が違いますのでご注意を。

(なんかすごく細かい話になって恐縮です…^^;)


>宮さん

たしかに、手間がかからないインデックス投資でせっかく空いた自由時間を、インデックス投資ブログ執筆で消費するというのはアホみたいな話ですね(笑)
まぁ、投資自体には手間をかけず、ブログ運営とコミュニケーションを趣味としていると思っていただければ幸いです。


>hinoさん

平時の備え、大、大、大賛成です。
相場が暴落した時に、「こういう時は本当にこの投資法でよかったか?リスク許容度は適正だったか?を見つめ直すいい機会」という主旨のアドバイスを目にすることがありますが、本当はそんなことは暴落に遭う前にしっかりと考え抜いておく方がいいんですよね。まさに「曲突徙薪」です。


>Takuyaさん

日本株式クラスに投資する意味はあると思います。
将来のことは誰にも分からないので、いろいろな国に分散しておくというのが私の基本スタンスです。

ただ、日本株式は将来にわたって下落し続けるという確信がおありなら、投資しないとか比率を下げるなどという消極的な対応ではなく、むしろ日本株式クラスを空売りするのが合理的です。TOPIXのETFを使えば誰にでも簡単にできます。

私には将来のことは分かりませんので、分散しておきたいと思います。


>元町愛さん

国際分散投資のためのアセットアロケーションを作る際に使う、外国株式クラスや外国債券クラスの期待リターンは、予め為替ヘッジコスト分がマイナスされているはずなんですが…。
それにしても、ここ最近の円高方向の勢いは強く感じますよね。

ALM的な観点から、将来使う通貨の比率に合わせて、通貨を持つというのはアリだと思います。
ただ、厳密には、将来日本でものを買う時の支払いが円であっても、輸入された商品は輸入元の通貨としてカウントしなければいけないというお話も聞いたことがあります。ご参考まで。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1622.html

(水瀬さん、もう少しお付き合いいただけますでしょうか・・・というか返信は無くても構いません)


期待リターンが同じと想定する根拠は、統計のサンプリングの考え方です。
ベンチマークを構成する各銘柄にはそれぞれX1,X2,X3・・・とそれぞれ期待リターンがある(推定できる)銘柄たちだとします。ベンチマークは期待リターンが推定できるとしているのですから各銘柄の期待リターンが推定できるとして置かいくないはずです。
この場合、母集団X1,X2,X3・・・を母集団とするとその平均値を算出することは可能です。

そうすると、サンプリングの考え方が適用できます。
国民の平均貯蓄や総理大臣支持率やテレビ視聴率などを厳密に測るには全例調査となります。しかし、現実にはその1億2000万以下の母集団の中から、いくつかのサンプルを抜き出して数字を出しています(テレビ視聴率は300世帯)。
このように統計のサンプリング調査では、ある数のサンプル数があれば、ほぼ全体と同じになるというラインがあります。

これが株式の場合には数十銘柄という水準ではないでしょうか?

具体的にもそれは観察されます。

・TOPIXの中から適当に225銘柄を選ぶとほぼ期待リターンもリスクも同じになる(TOPIX vs 日経平均)
・S&P500の中から適当に30銘柄を選ぶとほぼ期待リターンもリスクも同じになる。(S&P500 vs ダウ30種)

問題はリスクの場合同様に、ほぼ同一とするラインをどこに設けるかで、厳しく判定しようとすると必要なサンプルサイズは多くなります。

>吊られた男さん

うーむ。リスクと期待リターンという性質の異なる二つの要素を、20銘柄で単純に平均して出た値が、インデックスと同等になるのか?という点がいまいち判然としません。
リスクはブレ幅なので同じリスク10%でも、プラス寄りに10%のポートフォリオもあればマイナス寄りに10%のポートフォリオもあるなど、パターンがいろいろあるはずです。しかし期待リターンはプラスかマイナスか、そしてそれはどの程度のレベルかまで限定します。
例に挙げていただいた日経225もダウ平均も、「適当に」選ばれた銘柄ではありません。平均株価としてのバランスを考え抜かれた銘柄構成になっています。
こんがらがってきました。頭が悪くてすみません…。
ちょっと時間がかかりそうですが、いろいろ調べてみたいと思います。
それまで、ブログ記事本文の該当部分は保留ということで伏せさせていただこうと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)