海外での課税逃れの抜け道が着々と…

水瀬ケンイチ

海外口座にて合法的な節税に励んでいる方々には悪いお知らせです。

【日経新聞 2011年5月9日朝刊1面より引用】
多国間徴税、日本も参加 税務情報共有し徴収代行要請
政府は資産の海外移転による課税逃れを防止するため、多国間で構成する徴税ネットワークに参加する方向で検討に入った。多額の納税義務を負う納税者の資産状況など税務情報を加盟国間で共有。必要に応じて海外の税務当局に徴税の代行を要請できるようになる。今年11月をめどに国際条約に署名。国内でも関連法を整備し、2、3年内の実現を目指す。
【引用おわり】

何年か前、AICや橘玲氏の著作の影響で、タックスヘイブンを利用した合法的節税スキームを研究したことがあります。
たしか、タックスヘイブンに銀行口座を開き、無分配型のオフショアファンドを購入すれば有利に運用ができるとか、売却する際も日本国の「非居住者」になれば売却益に対する課税を合法的に逃れられるとか、非居住者にならなくても日本に送金しないで小額ずつクレジットカードで使っていけば当局には…ごにょごにょ…みたいな話だったかと思います(うろ覚えかつ一部違法ですが)。

いろいろ調べましたが、結局、得られるかもしれないメリットと社会的信用を失うかもしれないデメリットを天秤にかけると、とてもいちサラリーマンには実践できないと判断して思いとどまったような記憶があります。



税務当局は海外での課税逃れの抜け道を着々と塞いできています。
海外の銀行に機密情報を開示要請できるようにしたり、海外送金の税務署報告義務の限度額を引き下げたり、今回のように、多国間徴税の仕組みに参加したりしています。
合法だった節税スキームがいつの間にか違法にされてしまう日が来るかもしれません。

誰だって無駄な税金は1円たりとも払いたくないものですが、資産運用はべつに悪いことをしているわけではありません。
必要な税金はしっかり払って堂々と運用したいと思います。こんちくしょーめ。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ