海外での課税逃れの抜け道が着々と…

海外口座にて合法的な節税に励んでいる方々には悪いお知らせです。

【日経新聞 2011年5月9日朝刊1面より引用】
多国間徴税、日本も参加 税務情報共有し徴収代行要請
政府は資産の海外移転による課税逃れを防止するため、多国間で構成する徴税ネットワークに参加する方向で検討に入った。多額の納税義務を負う納税者の資産状況など税務情報を加盟国間で共有。必要に応じて海外の税務当局に徴税の代行を要請できるようになる。今年11月をめどに国際条約に署名。国内でも関連法を整備し、2、3年内の実現を目指す。
【引用おわり】

何年か前、AICや橘玲氏の著作の影響で、タックスヘイブンを利用した合法的節税スキームを研究したことがあります。
たしか、タックスヘイブンに銀行口座を開き、無分配型のオフショアファンドを購入すれば有利に運用ができるとか、売却する際も日本国の「非居住者」になれば売却益に対する課税を合法的に逃れられるとか、非居住者にならなくても日本に送金しないで小額ずつクレジットカードで使っていけば当局には…ごにょごにょ…みたいな話だったかと思います(うろ覚えかつ一部違法ですが)。

いろいろ調べましたが、結局、得られるかもしれないメリットと社会的信用を失うかもしれないデメリットを天秤にかけると、とてもいちサラリーマンには実践できないと判断して思いとどまったような記憶があります。

税務当局は海外での課税逃れの抜け道を着々と塞いできています。
海外の銀行に機密情報を開示要請できるようにしたり、海外送金の税務署報告義務の限度額を引き下げたり、今回のように、多国間徴税の仕組みに参加したりしています。
合法だった節税スキームがいつの間にか違法にされてしまう日が来るかもしれません。

誰だって無駄な税金は1円たりとも払いたくないものですが、資産運用はべつに悪いことをしているわけではありません。
必要な税金はしっかり払って堂々と運用したいと思います。こんちくしょーめ。

関連記事


  





コメント

オフショアファンド

私も同じく橘氏の書籍などの影響でオフショアファンドを検討しましたが、そもそもファンドの信託量が高くて「これなら普通にETF買った方がいいだろ」という結論に至りました。アメリカ市場は今でも魅力的だと思いますが、普通の人にとってはタックスヘイブンの利用価値はあまり無いように感じます。

最後だけ理解できなかったのですが

「こんちくしょーめ。」はどこに向かっているのでしょうか。
自分の懐が痛まずに自国の税務当局が課税逃れを摘発できるなら、いいことではないですか。むしろ頑張れ税務当局と思うのが、個人的には自然だと思うのですが、いかがでしょうか。

「多国間徴税ネットワーク」を使って国税に追いかけられるほどの資産が欲しいです。。。

運用成績は?

所でオフショアファンドの信託報酬ってどれぐらいなのでしょうかね。
聞いた話では、多くの金持ちが投資するのだから運用成績の悪いファンドマネージャーは即クビになるとか・・・
ある意味、アクティブ運用の良さが出ているそうです。
それでもどれぐらいの運用成績なのかは知りたいです。

それに比べて、国内にあるアクティブファンドは酷いのこの上無いです。

丁度調査中でした

課税済のお金であれば問題はないかと思いますが、普通のサラリーマン生活の人が、割に合うかは微妙ですね。。。

しばらく前から、近くに海外口座開設などの話をしている人がいるので、ちょこちょこと調査していたりします。その方たちがこの話でどう動くのか見てみようかとも思っています。

でも、海外の口座で例えばVTとかを買うと、信託報酬は日本から買うのと同じなのでしょうか...その辺が少し気になる所でした。

オフショアファンドを利用しているものです。
脱税は申告しなければそうなりますが国内・海外に問わずしっかり申告すれば何も問題ありません。

信託報酬のことですが私のファンドでは4%です。現在4年目ですが利回りは12%ぐらいです。

今回の課税の件

徴税ネットワークで対象となるのは、
「税務行政執行共助条約」に参加する23カ国であり、
いわゆるタックスヘイブン各国、特にシンガポールや香港等が
入っていない所は留意すべきであると思いますが、
一般投資家への注意喚起にはつながりますね。
(外国資産からの所得についての申告漏れが増えているという話もありますし。)

ただ、お金持ちはどこまで行ってもお金持なので、
また、新たな手法を編み出してくるのでしょうね。。。

>吉村さん

橘玲氏の本を読むと、豊富な知識に文章の上手さも手伝って「そんな世界があったのか!」という興奮とともについやってみたくなるんですよね。


>nanashi998さん

ご想像にお任せします。


>anexさん

同感です。


>タカちゃんさん

たーくんさんが教えてくれましたのでご覧ください。


>PETさん

上場されているETFのエクスペンスレシオが売買する国によって違うという話は聞いたことがありません。
私が保有している海外ETFもすべて本国と同じです。


>たーくんさん

貴重な情報提供ありがとうございます。
仰るとおり、きちんと申告・納税すれば問題ないと思います。


>楽天家業さん

たしかに、お金持ちは新たな抜け道を見つけて(作って)きそうですね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)