ノックイン型投信なんてまだ売っていたのか

ノックイン型投信をめぐり高齢者が金融機関とトラブルになっているという記事です。

毎日jp 2011/05/14より引用】
複雑金融商品:「もうかる」にトラブル多発 老後の資産運用、高まる関心 /奈良
◇購入の際「家族に相談」必要
年金制度への不安などを背景に老後の資産運用に対する関心が高まる中、高齢者が金融商品の仕組みを十分に理解しないまま購入し、大きな損失を出してトラブルになる事例が後を絶たない。県内でも、複雑な仕組みの投資信託を購入したことで約4000万円(10年11月末現在)の損失を抱えた70代女性が「元本欠損リスクなどについて十分な説明がなかった」として、販売した大手信託銀行に元本の払い戻しなどを求めて奈良地裁に提訴している。購入の際の注意点や家族の対処法を取材した。
【引用おわり】

記事では、日経平均のノックイン型投信を大手信託銀行から1億9000万円分(!)購入した70代女性の実例が紹介されています。
これを見てまず最初に思ったのは、「まだノックイン型投信なんて売ってたのか!」ということです。

このノックイン型投信については、何年も前からトラブルが発生しており、新聞などでも度々取り上げられていました。
国民生活センターにも事例が公開されています。

国民生活センター WEBサイト
ローリスクと勧誘されたが、想定外に大きく元本割れする可能性が生じた「ノックイン型投資信託」

ネットで検索すると、何年か前のトラブル事例が続々出てきます。
けっこう騒がれていたので、金融機関ではもう売っていないのではないかと思っていましたが、まだまだ甘かったようです。

そもそも、ノックイン型投信とは、
「ノックインとはあらかじめ定めた水準(株価水準等)を下回ることをいい、ノックイン投信とは投信のリターンの決定に一定のノックイン条件が付されている投信のこと。ノックイン投信は、“リスク限定型”、“リスク軽減型”というキャッチフレーズを打たれているものがある。リスク限定型ノックイン投信の典型例としては、一定期間に日経平均がXXX円を下回らなければ4%の配当を支払うが、XXX円を一度でも下回ると、日経平均の動きに連動したリターンになるというった形態になる。(一定額以上値下がりした場合にのみリスクがあるという意味でリスク限定型と呼ばれる)」(exBuzzwordsより)
というもの。

リターンは限定&リスクはモロにくらうという、「なーにがリスク限定型だよ、アホか!」と思わずにはいられない、投資家にとって不利な条件の商品だと分かります。
デリバティブの仕組みを理解し相場の動向が読めるかたならあるいはアリなのかもしれませんが、私を含め普通の人とっては避けるべきダメ商品だと言えます。
仕組みが複雑な金融商品は、金融機関が高い手数料を隠すために使うものという認識ですが、このノックイン型投信については、手数料だけでなく投資家に不利な条件も隠している分、より悪質だと思います。

相手が高齢者となれば尚更、売り手の倫理感が問われます。
上記毎日jpの記事では、統合失調症の症状が出ている70代の高齢者に、1億9000万円分の日本株式クラスのリスクを負わせるという悪質極まりない例が紹介されていましたが、これは氷山の一角で、もう少し小さな数百万円レベルのトラブルはもっとたくさん起こっているのかもしれません。
私を含め、高齢になると判断力が鈍ってくることがあるかもしれませんが、

自分が理解できない金融商品には手を出さない

というたったひとつの教えだけは、決して忘れないようにしたいと思います。
この言葉は、きっと生涯にわたってあなたを守ってくれることでしょう。


P.S
「リスク限定型」「元本確保型」などという紛らわしい名称は金融業界で自主規制していたはず。このマジックワードが使えなければ、ノックイン型投信なんかに引っかかる投資家は少ないと思うんですが…。

金融庁WEBサイト
デリバティブ取引に対する不招請勧誘規制等のあり方について
関連記事


  





コメント

このQ&Aはどうですか?

http://okwave.jp/qa/q6660556.html
未だにいます、それも沢山います。
デリバティブを世の為、人の為に応用せず、高齢者の資産破壊の為だけに使われるのならば、そんな有害な学問は必要はないと思う(これは言い過ぎか)。
ただし、普段は資産運用を嫌っている人が美味しい話を聞いた途端にコロっと変わる人間の心理にも注意しないとダメですね。

金融商品の製造責任

以前読んだ本で、「金融の世界には製造物責任が無い」と書いてあったのを思い出しました。
悪質な金融商品は製造物の責任を取る(せめて販売は免許制にする...形骸化しそうですが)などの措置があっても良いのかなと思いました。

記事を読むと購入はは06年から08年のようで、さすがにノックイン投信は今はないと思います。ただ未だにデリバティブを組み込んだ定期預金や「通貨選択型投信」もいかがなものかと。
この場では関係ないですが、「保険の押し売り」も銀行はやめてほしい

自己責任の認識不足

オークの母親(90歳)を見ているとこのご夫婦の被害に合われた経緯が想像されます。昔から金融機関(郵便局・銀行)は預貯金を取り扱っている、元本+利息は保障されているので、係員さんを頼れば安全確実だという概念が心理の中にあったかもしれません。(リスク商品取扱い認識なし)

しかし、1億9千万円も投資しているところを見ると、それなりに投資の経験はあった事も想像されます。日経平均2006年3月には16000円台2007年7月には18000円台、2008年5月には14000円台で推移しています。もっと儲けようと思い資金を投入して、
損が出始めたら、儲かるイメージのみが残り「そんな説明聞いてない」このパターン結構あると思います。

「仕組みが複雑な金融商品」は最初からタッチしない方が賢明ですね。

大体、販売している人間でさえ、よく商品性を理解できていない可能性があります。

まず、統合失調症のような判断できる状態にない人に金融商品を売りつけるのは、ノックイン債であろうとインデックス投信であろうと許されるものではありません。

一呼吸おいて、ノックイン債が生き残る理由としては、買いたい人がいっぱいいるから、という事に尽きるでしょう。『リスク限定』とは名ばかりで大損する可能性を秘める類の商品には気をつけてかからねばなりません。こういうところで情報発信を続けるほかないでしょうね。

>自己責任の認識不足
私もそんな気がしています。最近の老人はがめつい人多いですからね。で結局老人がお金を持っていますので・・・ただ、証券会社や銀行もあの手この手を使い手数料収入を稼ぎに来ていますので、起こるべくして起こった事故なのかなとも思いました。ご紹介のノックイン投信も酷い投信ですが、証券投資は単純明快であるべきですね。普通に成長する会社を見定めて、その会社を買えばいいのだと私は思うのですが・・・・

>タカちゃんさん

この商品の良い所を見出そうとしましたが、ブログ本文に書いたように、デリバティブの仕組みと相場動向が分かる人以外という無理目な条件をつけなければ良い所が見出せませんでした。
「リスク限定型」って金融機関にとってのリスク限定型なんじゃないかと思ってしまいます。


>PETさん

「金融の世界には製造物責任が無い」
覚えておきます。


>MOさん

記事を書く前に調べてみましたが、ノックイン型投信の投資先であるノックイン債というのが、大手証券の一角や地場証券、地方銀行なんかで、いまだに売られているんですよ。


>オーク X32さん

もちろん、投資は自己責任ですから、100%金融機関側が悪いとはいえないと思います。
ただ、毎日jpの元記事を見てもらえるとわかりますが、件の70代女性は株や債券の投資経験はなかったようです。


>レバレッジ君さん

もし販売側が商品性を理解していないのでは、投資家は自分の知識を向上させるしかないかもしれませんね。


>kackyさん

そうですね。
変なものでも買う人がいるから次々と作られるのだと思います。
まあ、それを本当に必要とする人もいないとも言い切れませんし。
まあ、ノックイン投信やノックイン債を活用するのには、相当金融リテラシーを要すると思いますが。


>ベトナム株投資さん

もちろん、自己責任の認識不足もあると思います。
最終的には投資家自身が判断して投資するわけですし。
損をしてから自分が購入したものの商品性を初めて知るなどというのはどうかと思います。
ただ、この商品の場合は売る側の倫理観を疑いたくなります。相手が高齢者なら尚更です。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)