初音ミクがえらいことに

いわゆる「ボーカロイド」の初音ミクがえらいことになっているようです。
(投資とは関係ない雑談です。ご興味があるかただけご覧ください)

初音ミクとは、音声合成DTMソフトウェアで、要するに歌うソフトウェアだったのですが、それを使って市井の作曲家たちがオリジナル曲を作り初音ミクに歌わせ、それをニコニコ動画などの動画共有サイトで発表することで、作曲家、作詞家、イラストレーター、アニメーションを作る人など同士のコラボが起こり、プロ顔負けの名曲と素晴らしい動画が続々ネットにアップされている状態になっています。

ただ、元々私は初音ミクそのものよりも、市井の天才たちによる「コラボ現象」に強く心を動かされていました。
3年前のブログ記事では、初音ミクの曲を実際に「歌い手」と呼ばれる人たちが歌って、そのレベルがすごいことになっている状況を書きました。
<関連記事>
2008/06/29 総表現社会の第二章に現れた天才
2008/11/11 総表現社会に現れた天才 (その2) 国際編

正直、私は初音ミクそのものについては「いいけど、しょせん二次元だからなぁ」なんて舐めていました。
そしたら先日、ツイッターで教えられて、すごい映像を見てしまいました。



上記関連記事で歌和サクラさんがカバーしていた「ストロボナイツ」を初音ミクが歌っているのですが、なんと3Dになってライブハウスに登場し、生バンドを従えて観客といっしょに盛り上がっている映像でした。
ちょっと待て、いつの間にこんなに進化していたんだ!?
その動きや表情は、昔見たフラッシュ動画とは全く別物のレベルになっていました。
あたかも初音ミクがステージ上にいるように見えます。

次の曲は「スピカ」という曲です。



これも私の好きな曲でしたが、ライブ映像を見て目が飛び出しました。
なに、このミクとバンドと観客の一体感!?
後半にドカーンと爆発する演出は、まるでプロのアーティストみたいじゃん。

YouTubeのコメント欄には外国人からの驚き(と戸惑いw)のコメントがたくさんついています。
「外国にもマニアっているもんだなぁ…」などと感慨深く思っていたら……既に現実は、その斜め上を行っていました。
なんと、米国トヨタのTVCMがこんなことになっていました。



おいおい、マニアどころかリアルの世界企業に進出しちゃってるよ!?
更に、7月にはロサンゼルスでライブが行なわれるそうです。

えらいことになっていますが、元はといえば、これらの楽曲(と初音ミクに歌わせるデータ)は、プロではなく市井のP(プロデューサー)たちによって作られています。
著名なPであるKz氏やRYO氏たちは、もはや市井ではなくプロの仕事(iTunesなどを通して世界にも)に進出しはじめています。

なんだか、すごいことになってきました。
これからの「総表現社会」がますます楽しみになってきました。
私もいち表現者の端くれとして、頑張ろうっと。
関連記事


  





コメント

ミクの日感謝祭のBDを一度観てくださいましm(_ _)m

クリプトンは著作権の考え方が柔軟ですね

NHKのエレうた!では「初音ミク」とは表現しないで電子の音声が作る・・・と言ったおとなしい表現です。
次は5月28日NHKラジオ第一でOAされるそうです。

やはり、従来の著作権の在り方では、ここまでヒットさせる事は不可能で、クリプトンは著作権の在り方をユーザーサイドで考えた事が大きな要因とも言えそうです。

なんですかこれは?><
オジサンには理解不能です><

水瀬さんボカロ好きなんですね

はじめまして、いつもブログ読ませてもらってます。

最初オタクと思って舐めてたのですが歌ってみたのこの曲聞いて感動してしまいそれからドップリハマってしまいました。
http://www.youtube.com/watch?v=77cOg7pE9rQ

確かに!

お久しぶりです。
女性の投資について記事以来のコメントです。

初音ミク驚きですね!
私も、水瀬さんの記事に触発されてブログに記事を書いちゃいました。
この盛り上がりは、すごい!
生バンドに合わせて歌い踊る「初音ミク」、
みんな楽しそうです。
トヨタのCMも凄い、アメリカで初めて人気が出る日本のアイドルになるのでしょうか。

消すには惜しい記事ですので、消さないでください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

新たな時代の幕開け

ニコ動に参加してるアーティストって、
「本気で愉しい事しよう!」っていうエネルギーに溢れてるんですよね。

今まで表現したくてもその発表の場が容易に得られなかった、
或いは、自由にやりたい事が出来なかった、そういった鬱憤が、
全てインターネットによって解放されてきている流れが出来つつあります。

また、自分が表現したことへの反応が欲しい。
でも、反応を得るにはそれなりの場に出なければならない。
その上、例えばストリートで表現しようと思っても、
そこにいる人にしか伝わらないし、範囲も限られる。

そんなもどかしさがインターネットであれば日本だけに留まらず
全世界に向けて自分のメッセージを発信できるのなら、
やってみるしかないっしょ!と言う感じでしょうか。

今もあるか分かりませんが、私にとっての「歌ってみた」の源流は、
YAMAHAのMIDIファイルか何かをアップロードできる
サイトだったような記憶があります。
(素人の歌い手さんがポップミュージックを歌ってアップしてました)

そのYAMAHAと、クリンプトンが化学反応して出来た
「初音ミク」というブランドは、まさに期が熟して花開いた
一つの歴史的成果なのかなと。


>kackyさん

その予定です!


>タカちゃんさん

たしか、初音ミクの声だけでなくビジュアルなども二次創作OKなんですよね。


>マス・オーヤマさん

自分を含めて一部のマニアのものだと思っていましたが、トヨタのCMに起用されたとなると、理解不能では済まないのでは?(笑)


>いっちゃんさん

私もニコ動の「歌ってみた」「踊ってみた」からボカロに入っていったクチです。
今でも人間の歌い手さんの歌の方が好きですが、ボカロの原曲もあわせて聞くようになりました。


>時計さん

ブログ記事拝見しました。
今でも、KAITO、鏡音レン、がくっぽいどなど、男性ボーカロイドもいますよ。


>せーねんさん

予定どおりとさせていただきます<(_ _)>


>楽天家業さん

まさにそのとおりだと思います。
昔は活動範囲が限られ、それこそ「才能の無駄遣い」だったのが、いまや動画共有サイトで世界中からダイレクトな反応あるのですから、やっている方も楽しくて仕方がないのではないでしょうか。
「好きこそ物の上手なれ」と言いますが、プロではなくても、面白がって熱中している人たちから素晴らしい作品が生まれてくることは、ある意味当然のことかもしれませんね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

ついに二次元もここまで来たか。。

初音ミクがえらいことに - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)?初音ミクというのはボーカロイドなんだけど、僕もあんまりよく知らないんだけど、簡単 ...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)