年金運用から個人に役立つヒントを探そう

2011年5月15日(日)の日経新聞朝刊13面に、「プロの年金運用 個人に役立つヒント探そう」という特集がありました。

個人投資家にとって参考になる記事でした。要点は、以下のとおり。

1. 国内外の株や債券に幅広く分散
2. 「高金利だから有利」と思い込まない
3. 資産配分比率を定期的に元に戻す
4. 基本は低コストの指数連動型投信
5. 新興国への投資を大きくしすぎない

いずれも、国際分散投資の基本ポイントです。
もう耳にタコができるほど聞いたことかもしれませんが、大切なことなので何度でも取り上げたいと思います。
今回の日経新聞の特集では、上記基本ポイントについて、結論部分が有識者のコメントでまとめられていました。
そのコメント部分を引用したいと思います。

年金は成績が悪い時だけ国会で批判されたりするので、運用が下手なイメージがある。しかし実際には着実に資産を増やしている
(みずほ証券の瀬川剛エクイティストラテジスト)

株式はリスクも高い一方、長期的には高い上昇が見込める
(投資評論家の岡本和久氏)

為替は2つの国の通貨の交換価値なので、長期的には高金利=高インフレ国の通貨は下落するのがセオリー
(龍谷大学の竹中正治教授)

長期的な成績の見通しは、国内債券も外国債券と同じと考えるのが基本
(企業年金にコンサルタントをしている格付投資情報センターの川村孝之フェロー)

短期金利の差は、長期では外貨の為替下落で相殺されると想定している
(GPIFの陣場隆調査室副室長)

(07~08年度の金融危機の株価暴落時について)「きちんとリバランスを実施して株の比率を戻した
(PFAの浜口大輔理事)

(GPIFの運用資産の約8割がインデックス運用であることについて)
アクティブ運用で継続的に市場平均を上回ることは容易ではない
(GPIF)

個人が買えるアクティブ投信の手数料はかなり割高。個人はインデックス投信主体の方がいい
(経済評論家の山崎元氏)

成長期待が大きい銘柄は既に割高になっていることが多く、高いリターンを得られるとは限らない
(前出の岡本和久氏)

(新興国株の組み入れに対して)
世界の時価総額に占める比率と同じ15%程度に抑えるのが一般的
(前出の川村孝之氏)


投資本でよく見聞きしている国際分散投資のポイントですが、これだけ錚々たる顔ぶれの方々のコメントとして見ると、なかなか壮観です。
全て重要ですが、個人的には、以前山崎元氏が主張していた「国内債券と外国債券の期待リターンは同じ」という説に対して、GPIFや格付投資情報センターでも同じように考えているというのが、新しい発見で興味深かったです。

また、竹中正治氏の「為替は2つの国の通貨の交換価値なので、長期的には高金利=高インフレ国の通貨は下落するのがセオリー」という意見については、世の中で誤解している人が多いという点で、重要だと思われます。
特に、「高金利通貨でのスワップ狙いのFX」が安定的な運用だと信じて疑わない人たちには、よくかみ締めてもらいたいと思います。

個人と年金では、投資期間の長さや運用コストなどの点で違いがあるので、年金の運用をすべてそのまま個人が真似するというのは、少し無理があると思います。また、全ての年金が同じ運用方針というわけでもありません。

しかし、元々年金は資金の公共性が高く、無難な運用を求められる(損失を出すとマスコミや国会で大騒ぎされる)運用なので、無難な運用をしたい個人投資家にとって、参考になることは多いはずです。
運用方針とその根拠、年度ごとの運用実績、前提データなどがネットで公開されていることが多いというのも、ありがたいところです。

私は年金運用(とその動向)をかなり参考にさせてもらっています。
せっかくの公開情報、うまく活用していきたいものです。
関連記事


  





コメント

ご教示ください

水瀬様、こんばんは。

以前よりブログを読ませていただき勉強させていただいております(もちろん本も読みました)。毎回とても参考になる内容ばかりで感謝しております。

今回の記事の内容で教えていただきたいことがあり、はじめてコメントさせていただきました。
>長期的には高金利=高インフレ国の通貨は下落するのがセオリー
という点についての質問です。
理論的には納得できるのですが、実際の高金利通貨(例えば豪ドル円)では2000年以降でみると55円から110円を行ったりきたりしており、決して一方的に下落していません。それに対して金利が高いときも低いときもある米ドル円は明らかに円高トレンドです。理論と現実が乖離しているように感じるのですが、どう解釈すればよいのでしょうか。
ご多忙のところ申し訳ありませんが、教えていただけると幸いです。よろしくお願い申し上げます。

期待リターンに関する誤解が非常に多いような?

期待リターンに関する誤解が多いようで、株式がゼロサムって聞いて?と思いました。
金融市場では誤解が多ければ、それこそが情報格差になるので金融機関には都合が良いのかも知れないですが、我々の運用はハッピーリタイヤメントを目指した運用をするので、やはり運用の現場を知っている人から聞くのが一番なのかも知れません。
そういう訳で、年金基金の意見は正に現場の意見であり、参考になると思います。

>クマさん
私は「長期的には高金利の通貨は下落するのがセオリー」とは思っていません。金利で為替の先行きがわかるなら誰も苦労はしません。

私がアドバイスするなら「高金利の通貨は飛ぶ(デフォルト、あるいは通貨危機)可能性が高いから気をつけろ」です。

もう一つアドバイスを加えるならば、時系列を見るのではなく、サンプルをたくさん集めることが大切です。(例えばルーブルとか、ウォンとか、メキシコペソとか)通貨は株式と違ってサンプルが少ないのが難しいです。


人より運がよければ、人より良いリターンが得られることでしょう。

>私は「長期的には高金利の通貨は下落するのがセオリー」とは思ってい
>ません。金利で為替の先行きがわかるなら誰も苦労はしません。
>私がアドバイスするなら「高金利の通貨は飛ぶ(デフォルト、あるい
>は通貨危機)可能性が高いから気をつけろ」です。

私も、学者さんのセオリーよりも kacky さんの上記ご指摘とアドバイスの方が直感的に納得できます。貴重なご意見と思う一方で、他の方の反論も伺いたいです。福島原発事故と同様に権威筋・専門家やお上のご高説・情報を鵜呑みにしないで自分なりに咀嚼するよう心がけます。

理論と心理のゲーム

現実の為替相場は「理論と心理のゲーム」なんです。
米ドルを例にとると、まずは理論で考えていきます。
2005年~2007年前半にかけての日本の経常収支は過去最大級で、トヨタ自動車がボロ儲けしてGMが窮地に追い込まれます。
1$=123円をつけましたが、これは1985年のプラザ合意以前の円安水準です。
米国の短期金利もFFレート4.75%、インフレ率も4%近い状態です。
日本は、インフレ率が低い状態が続きましたが、これによって(米国のインフレ率が高くて)GMの車がバカ高くて、(日本のインフレ率が低い事で)トヨタの車が激安だ!と思うのならば「高金利通貨の米ドルは下落」する事になります。
なぜならば、高金利通貨の米ドルが下落しなければ、GMは倒産するからです。

でも、米ドルで運用すれば年4.75%の金利が得られるのでお得な気分になった投資家はどうでしょうか?
FXを例にとれば、米国短期金利年4.75%、日本短期金利年0.5%だからレバレッジ1倍だとスワップポイント利回り4.25%だが、レバレッジ10倍ならば年42.5%の定期預金と同じだ・・・という心理状態の人はどうでしょうか?
それで後を続け・・・と口コミになりみんなが年42.5%の高金利定期預金だと信じて高金利通貨の米ドルを買って行きました。
更に為替の自称プロである●●王がスワ●プ狙いを勧めていました。

現実の為替相場は、この理論と心理の綱引きで為替相場が動きます。

豪ドルは2002年以降はアップダウンを繰り返しながら実質実効為替レートが強くなり、現在、豪ドル高バブルではないか?と思われる水準まで高くなっています。
ですから、豪ドルは注意した方が良いかも知れません、もしもバブルであれば理論通りには動いていない筈です。

既に指摘もありますが、我々の見ている通貨は数の絶対数が少なすぎます。
ですから、例えば1973年~現在までのアイスランドクローネ、ハンガリーフォリント、南アフリカランドなど、別の高金利通貨も見ておく方が良いでしょう。

年金運用と個人運用との差

国の代表的な年金である厚生年金と国民年金の運用報告書は
厚生労働省のHP(http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/nenkin/nenkin/d01_100823.html
から見る事が出来ますが、自主運用後に関して、
トータルで見ればプラス圏を保持していますよね。

また、各厚生年金基金等も運用状況は確認でき、
詳しく運用方針等が書かれていたりするので、
見た事がない人はどのように運用されているか見てみると参考になるかと。
(5.5%の運用利回りが確保できなくて苦心してる所も分かってしまいますが(^^;)

ただ、注意が必要なのは個人が年金の補填目的で
将来への積立として運用する場合と現在の公的年金では、
運用外の周辺環境が若干異なる点でしょうか。

公的年金側に関しては、お金の流入はもちろんあるのですが、出ていく方が多い状況。
(個人で言う老後資金を積み立てる段階ではなく、取り崩して補填している状況)
対して、殆どの個人の場合は基本的に一方通行で貯めている段階であるという事。

また、公的年金は運用規模が大きいのでどうしてもパッシブ化しやすい
(2001年度の自主運用化前は50:50だったのが、今は80:20)
と言う点も補足として挙げらるかと思います。

幼稚な質問にいろいろ教示いただき、皆様方ありがとうございます。
おかげ様でずいぶん疑問がすっきりしました。

・金利で為替の先行きがわかるなら誰も苦労はしない
だけど
・高金利の通貨はデフォルトの可能性が高いから要注意
そして
・為替は心理ゲームでもある
さらに
・豪ドルだけでなくて他のいろいろな通貨もサンプルとして重要
最後に
・実質実効為替レートにも要注意

いろいろなキーワードを教えていただき、これまで書物を読んでも理解できなかった事象が見えてきた気がして快感でした。
心より感謝しております。
私自身は高金利通貨のスワップ運用も併用しながら資産運用しているのですが、皆様の教示を肝に銘じながら慎重に進めていくつもりです。
ありがとうございました。

>クマさん

「セオリー」というのは理論のことです。
現実は必ずしも理論どおりには動かないことも多いですが、基礎となる理論を知っておくことは大切だと思います。

「長期的には高金利=高インフレ国の通貨は下落する」という話の根拠になっているのは、購買力平価説という理論です。
私も昔は「所詮、数多ある為替相場の変動要因のひとつだろ」程度にしか思っていませんでしたが、いろいろ調べていくにつれて「意外と強固な理論かもしれないぞ」と今は思い至っております。
うちのブログの過去記事をご紹介しますので、ご興味があればご覧ください。

http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1402.html
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1430.html


>タカちゃんさん

年金の運用は参考になることが多いです。
あわせて、その年金の動向を調査したシンクタンクなどのレポートもともて重宝しています。


>kackyさん

理論(この場合は購買力平価)は知っていて損になることはありませんが、知らないで損することはあると思います。
軽視することなかれ。
…と言いつつ、自分は為替動向の予測は不可能と割り切って、ノーガード戦法ですが(笑)


>ヘソ曲がりさん

自分の頭で考えて咀嚼することは、とても大切なことだと思います。
なんでも鵜呑みはよくないですね。


>楽天家業さん

補足ありがとうございます。
年金の運用を参考にしつつ、年金と個人投資家の違いも押さえておくことは必要だと思います。

実質実効為替レート速報

速報なのですが、高金利通貨に関する事がここに出てきているので、2011年4月時点の実質実効為替レートに関する情報をここで書きます。

日本円:妥当位置に戻りました、4月時点では日本円は丁度よいと考えられる為替レートにまで円安が進みました。

豪ドル:更に豪ドル高が進み、過去最大級の豪ドル高になっています。

ユーロ:ややユーロ高が進み、やや強い通貨となっています。

米ドル:更に米ドル安が進み、過去最大級の米ドル安になっています。

英国£:ほぼ横ばいですが、現在、弱い通貨となっています。

豪ドルはバブルかも知れないと疑った方が良いかも知れません。
他の方のブログでも豪ドルは話題になるのですが、4月現在では、3月よりもさらに強くなっており注意が必要でしょう。
購買力平価だけで為替レートが動く訳ではありませんが、金利が高い理由で豪ドルを買っている投資家が多いと思われるので、リスク管理は厳格に行った方が良いと思われます。

実質実効為替レートの説明はこちらです↓
http://www.boj.or.jp/research/wps_rev/rev_2011/data/rev11j01.pdf

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)