ドルコスト平均法の負の側面も書いている良記事

日経電子版に、ドルコスト平均法について書かれたコラムが掲載されています。

珍しいパターンの良記事だと思います。
何故かというと、通り一遍のドルコスト平均法のメリットだけでなく、デメリットについてもきちんと書かれているからです。

日経電子版 > マネー > コラム
いつかは経済自由人! ソフトバンク株、半値でも投資成績32%増 (5/17)
(大人の事情で直リンクができません。申し訳ありませんが上記リンクを辿ってください^^;)

タイトルが煽りっぽいですが、中身はドルコスト平均法のメリットとデメリットの両方が、データで示されており、わかりやすいです。
特に、コラム前半には、「ドルコスト平均法は、世の中では効果ばかりが強調され過ぎるきらいがあります。一方で弱点や注意点もあり、そちらもよく知ったうえで使うことが大切です。今回のコラムの主な目的は、むしろ後者の解説にあります」と書いてあり、デメリットもしっかり伝えようという意思が感じられます。

詳しくはコラムを読んでいただくとして、ドルコスト平均法のデメリット部分をまとめると以下のような感じです。

・株価が下がりっぱなしだったり、投資対象企業が倒産したりすると意味がない
・一本調子で上がっていった場合は、最初に一括投資をしていた方が利益は大きくなる
・あとから振り返ってみると、特定の資産や特定の時期に投資することで、もっと大きく儲けられた選択肢はあったはず。対象や時期の分散は『セカンドベスト』に過ぎない

要するに、ドルコスト平均法は上にも下にも一本調子の相場に弱く、相場次第で得にも損にもなるということを言っているのだと思います。

私も、初心者向けの投資本やマネー誌を見ていて、ドルコスト平均法が有利だという文脈で書かれていることが多いと感じます。
「安い時に多く、高い時に少な目に買うことになり平均購入単価を下げられる」「高値掴みを避けられる」「感情に惑わされずに投資を継続できる」などのメリットが強調されます。
たしかにそういう面もあるのですが、上記のようなデメリットもあることを、あわせて覚えておきたいところです。
ドルコスト平均法は、「有利でも不利でもない」というのが実態です。

では何故、私がドルコスト平均法(ちょっと自分流にアレンジしてますが)で投資しているのか?
それは、一括投資する資金もなければ、投資タイミングを図る相場観も持っていないからです。消去法的に、「有利でも不利でもない」ドルコスト平均法を採用しています。

P.S
投資タイミングが分かるかたは、ある程度貯めておいて、ここぞという時に一括投資した方が合理的です。頑張ってください。
関連記事


  





コメント

最近、投資のアドバイスを求められることもあるので、悩みがあります。
ドルコスト平均法を採用した場合、年月が経過するほど、投資残高が増えていくので、最大損失額としてリスクを定義した場合、年月の経過でリスクが増大していきます。つまり、積立のバランスは一定不変ではなく定期的に見直しが必要だと思うのですが、それをどう理解してもらうかという問題です。リーマンショックがもう一度起こればいやでも理解すると思いますが、それでは遅い気もしますし…

自分が推奨する投資法のデメリットを喧伝する・・・こういう記事は大好きです。

いいですね。

まさに今迷っています。

kackyさんのコメント、まさに現在私が迷っている内容です。
一応自分なりにポートフォリオを組んで毎月積立投資をしてきました。
最悪30%強の損失が発生する可能性があるポートフォリオで、当初はリスク許容度の範囲ということで積立を続けてきましたが、残高が大きくなってきたことで、絶対額で考えたときの損失に耐えられるだろうか?と迷いが生じています。

・・・単純に、そう思うのならリスク許容度を超えているということなんでしょうかね。。似たような悩みを持つ人がいそうな気もしますが、みなさんそのへんはどのように整理されているのでしょう?

FXで積み立てって?

驚いた事には、FXで毎月積み立てをするなんてQ&Aも少し前に有りましたが、正直言って意味が分からないです。
http://okwave.jp/qa/q5409628.html
http://okwave.jp/qa/q6475544.html
何でもかんでもドルコストを使えば良い訳ではありません。

それから、確か2年前に社会保険事務所(現在の日本年金機構)で言われましたが、401Kの人がリーマンショックでやられてその当時の人の年金資産の目減りを言われた事がありました。
ドルコストは最後でやられればお終いになるので、ちょっとした対策法を書いておきます。
例えば1928年の時は世界大恐慌前でした、この後に株価大暴落がやってきますが、その後に1928年当時の株価に戻すまでは8年後の1936年頃でした(ファーマ=フレンチの3ファクターモデル、小型バリューの場合)。
ドルコストを使っていれば、株価が安い時に沢山買えるので、もっとはやい段階で利益になっていたと考えられます。
最悪の場合は65歳、70歳まで働く、または配当成長戦略など色んな戦略が使えるので、今から心配する事もないと考えています。
今、本当に重要なのは毎月積み立ててドルコストを使って投資を続けられるように頑張る事だと思います。

自分流の積立方法

私も自分流にアレンジして実践しています。

その方法は、eMAXIS新興国株式インデックスに月々10,000円ずつ投資をすると考えたとき、すぐに、10,000円の積立を開始するのではなく、まずは、SBI証券にてeMAXIS新興国株式インデックスを1,000円で積立を始めます。残りの9,000円は、楽天証券のMRFに積立をします。
それで、この積立を行なっている途中において、新興国株式市場の調整局面が訪れ、SBI証券で積立ているeMAXIS新興国株式インデックスに評価損(私の場合5%以上としてルール付けをしています。)が発生したとします。その時に、楽天証券で積立をしているMRFで、eMAXIS新興国株式を楽天証券にて一括購入をします。
こうすることにより、月々10,000円ずつeMAXIS新興国株式インデックスの積立を行なうより、有利にファンドを購入することができます。
私は、この方法を続けて行くことで、一般的なドルコスト平均法より、良いパフォーマンスを目指しています。

この方法を行なう根拠は、ドルコスト平均法を行なっていても、積立てたファンドに評価損が発生することが実際にあったからです。積立てたファンドに評価損が発生しないという自信があれば、この方法は、もちろんしません。
また、MRFとして積立ている間は、安全資産として確保できているところが気に入っています。



リスク許容度とリスクコントロールについては、理論と感情の狭間で色々と考察する機会が多いので、kackyさんの話題に加わりたいのですが、感情や環境は人それぞれなので、なんかしらのコメントをすることを躊躇してしまいます。。

こういう話題は、ちょっと肩の力の抜いて、リアルに集まって酒でも飲みながら話すとよさそうですね(違うか、笑)

・ドルコストのデメリットは、時間分散の(プラセボ=一見有利そうに見える)効果を過信し、(自分でも気付かず)時間と共に過大なリスクを取ってしまう事だと思います。
 とくに十分な資産分散をしていない場合(自社株買いなど)はご用心!
 →販売側に有利な商品を買わせる為に、顧客の不安を和らげる小道具として使われる事も?(道具に罪は無い)

・ドルコスト投資と一括投資を比較する場合、ドルコスト投資が将来に渡って分割で貰うのと同じ金額を、一括投資は(現在割引する事無く)即金で貰える。つまり、一括投資の方がドルコストより「投資額が少し多い(=有利)」な条件で比較をするのはアンフェアなのでは?(金利=ゼロという前提条件?)

・結局、(私も含めて)一括投資するまとまった資金が無い人は、消去法でドルコスト(積立)投資をするしかありません。(一括投資とドルコストのどちらが有利かなんて悩む必要ないのは、ある意味ラッキーかも)
 逆に、まとまった資金がある人は、戦略の自由度が広い(一括投資とドルコスト投資の好きな方を選べる)ので、ドルコストに固執して、あえて選択を狭める必要はないと思います。(←真にラッキーなのは、自由度が高いこういう人です)

ドルコスト平均法はまだ元本が少ないうちは価格の変動は実のところどうでもいいんです。

問題は年月を経て投資額が大きくなると、途端に価格変動が大きく影響を与え始めます。こうなったとき、ドルコストで積立てていたリスクリターンのバランスでは自分の身に合わない可能性が高いと思います。どこかで、ギアチェンジのようなものを行わなければならないと思います。徐々になのか一気になのかはわかりませんが。


その時が訪れたときには3つのシナリオが考えられます。


ひとつは大きく損をしている場合。
ひとつは大きく儲けている場合。
ひとつは損も得もしていない場合。


さて、その時はどのような投資態度を取ったらよいでしょうか?
それともいずれのシナリオでも答えはひとつなのでしょうか?

意外と、こういうことは投資の本に書かれていません。

>kackyさん、kenさん

リスク許容度には「率」で把握する方法と「額」で把握する方法がありますが、「額」で把握しておいた方が安全サイドだと思います。
(ちなみに私はたっぷり生活防衛資金を確保した上での「率」派ですが…^^;)
それで、相談者の投資資金(と想定最大損失額)がリスク許容度に達しそうな場合、債券比率を上げるなどアセットアロケーションを変える方法と、投資資金額自体を抑える方法があると思います。
個人的には後者がよいと思いますが、どちらがよいかは、相談者の性格で場合によると思います。

ただ、そもそも他人に投資アドバイスをすること自体、悲しい結果になる場合も多いのでご慎重に。


>吊られた男さん

自戒記事ですね。


>タカちゃんさん

FXでドルコスト平均法って、レバレッジ管理がすごく難しい気がします…。


>洞爺湖さん

基本的な投資法を自分なりにアレンジするのは楽しいですよね。

洞爺湖さんの戦略の場合、下げ相場やボックス相場ではよさそうです。
ただ、上げ相場で普通のドルコスト平均法や一括投資に大きく遅れを取るような気もします。
まぁその分リスクも低いので、お好みでいいんじゃないでしょうか。


>虫とり小僧さん

酒の席には酒の席ならではのよさもありますよね。
資産総額や給与額の話などをネット上に残すのは憚られますし。


>hinoさん

ドルコスト平均法のデメリットとして「リスクの集中」は、山一の破綻や東電の暴落などを例に指摘されている情報もありますが、当ブログをご覧になっているかたは、自社株などの個別株の積み立て(るいとう)をドルコスト平均法の王道と思っているかたは少ないと思います。
よく分散した積み立て対象ならリスクの集中はないでしょう。(資産総額が増えることによる「リスクの拡大」はあると思いますが)

ドルコスト法の前提

厳密なドルコスト平均法(定期的に一定金額を投入する=したがって数量は変動する)や各人工夫の変形ドルコスト法を含めた「時間分散」も、どこかの特定時点で一括投入のどちらも投資先が永遠に存立するのが大前提になっていて、この前提が崩れるとまったく投資目的から外れてしまいます。

自社株を優良株と思い込んだ日本航空や東京電力の社員が、持ち株制度(ドルコスト法で給料天引き且つ多少の補助を受けても)による分散していても退職金とか相続でまとまった資金投入できたとしても、肝腎の投資先が沈没する『想定外リスク』は電力会社のおエライさんだけとは限りません。

同様に、国内株式ETFは日本経済が生き延びるか否か次第、新興国への投資も相手が存続しなくなるのであれば、株(ETFであっても)もパチンコ、競馬や宝くじと同列の分散に過ぎない(世の中、思いもせぬ事態が起こるモンです)。

リーマンショックが「分散投資」への無批判な妄信の高額の授業料になりました。

>上げ相場で普通のドルコスト平均法や一括投資に大きく遅れを取るような気もします。

確かに上げ相場というのが、SBI証券で積立ているeMAXIS新興国株式インデックスに評価益が出ている状態が永遠に続くと言う意味なら、普通のドルコスト平均や一括投資に大きく遅れを取ると言えます。むしろ、永遠に追いつけません。
ただ、インデックスファンドの積立において、評価損の状態にならないことがあるでしょうか?
この戦略の場合、積立てたインデックスファンドが評価損になった時点で、それまで積立ていたMRFにて、同じインデックスファンドを一括購入するので、その時点でドルコスト平均法を追い越すと思うのですが。

つまり、私の戦略で言えることは、"インデックスファンドの積立は、必ずある時点で評価損の状態になる” ということです。

とは言っても、投資は本人が一番良いと思うことを楽しんで実践することが大切と感じていますので、一概にどれが良いとは言えないですね。


何度もコメントして申し訳ありません。

時間がある時でよろしいのですが、私の戦略の欠陥を教えて頂けないでしょうか。自分の頭では限界です。

比較対象は、普通のドルコスト平均法です。

論理的に考えて有利なのは、

a) 積立てたインデックスファンドに評価損が永遠にでないと思うなら、普通のドルコスト平均法を選択。

b) 積立てたインデックスファンドに評価損がでると思うなら、私の戦略を選択。

実際には、積立てたインデックスファンドに評価損がでている。
したがって、bを選択するしかないと考えています。

どうか、お力添えよろしくお願いします。けっして、この方法を勧めているわけではありません。論理の欠陥を知りたいだけです。



洞爺湖さん、

>積立てたインデックスファンドに評価損がでる

この条件が成立するとき限定で有利な方法になります。

指数が上離れする時点で遅れを取ります。
例えば、ダウ30種では1995年3月から上昇相場を迎え4000ドルを超えていきます。
この時、洞爺湖さんの方法だと大部分の積立を中止して値下がりを待つことになります。4000ドルまで落ちてくることがあることを信じて積立中止です。
しかし、その後にダウ30種は上昇を続け、一度も4000ドルまで落ちてくることが無いまま16年以上たっています。(現在は12000ドル)
将来に4000ドルまで落ちることが無いとは言えませんが、少なくともこのケースではドルコストより大きく下回っているのではないでしょうか?


全体的に株価のリターンが低迷している近年に限った値動きでは洞爺湖さんが言われているように一度は損に回る可能性がありますが、そうとは言い切れないと思います。


P.S.
【必ず一度は損になるが真】と考えるのであれば、一括売却&一括購入の方が合理的な判断になるはずです。
損になると思った水準で全部売却してしまって、売却水準を下回った水準で買いに回った方が得です。わざわざ将来的に今より価値が下がると分かっているものを保有し続けるというのはどこか違和感があります。

ただ、そうすると
●基準価額10000円の投資信託は必ず10000円を下回る
→(基準価額9500円になっても)一度はからなずこれを下回るから買わない
→(基準価額9000円になっても)一度はからなずこれを下回るから買わない
・・・
(基準価額2000円になっても)一度はからなずこれを下回るから買わない

と、どこまで行っても買わないで一括購入のチャンスをうかがうのが最善という結論になるかと思います。


やはり、ある局面では有利で、ある局面では不利という類のモノでしょう。

>分散投資一年生さん

世界中に国際分散投資していて、その相手がすべて存在しなくなる事態になったら、投資をしていようがいまいが関係なく、それはもう世界の終わりですよ。


>洞爺湖さん

吊られた男さんの仰るとおりだと思います。
洞爺湖さんの投資法は、積み立て要素を少し交えているものの、本質的には相場次第で損にも得にもなるひとつの「タイミング投資」だと思います。
タイミング投資がドルコスト平均法より有利になるためには、相場動向がある程度読める必要があります(当たり前ですが)。
それができるのなら有利なのかもしれませんが、投資法の仕組みそのものには特段有利な点はないと思います。

いや、人様の投資法にケチをつけたいわけではありませんが、聞かれたのでお答えしたまでです。お気を悪くされたら申し訳ありません。失礼しました<(_ _)>


>吊られた男さん

フォローありがとうございます。

ありがとうございます。

吊られた男さん 、水瀬さん回答ありがとうございます。

いやいや、どんどんケチをつけて下さい。ケチをつけられる方がうれしいです(^^)

吊られた男さんは、一つ勘違いをしています。この場合ダウ30種を指標として、4000ドルと仰っておりますが、私の評価損を表すのは、あくまでも、積立を行なった値です。つまり、ダウで言うなら、4000ドルの時から16年間積立ていった値です。積立ていった値の平均購入単価が4000ドルには、ならないと思います。実際に計算していないので申し訳ありませんが、きっとリーマンショック時につけた最安値より、遥かに高い値のはずです。なぜなら、ドルコスト平均法は、高値の状態でも購入をし続けて、平均購入単価を引き上げる性質があるからです。そのため、積立た値が評価損にはならないという事の方が非常に少ないのではないでしょうか?

(SBI証券での1,000円のインデックスファンドの積立は、積立を行なった値を指標にするためにずっと行ないます。)


タイミングの方ですが、私も評価損がどれくらい起こるのか予想は絶対に出来ません。そこで、私の場合ですがSBI証券にて積立たインデックスファンドの評価損が5%以上になったら、何も考えず、楽天証券で積立たMRFで同じファンドを楽天証券にて一括購入することで自分でタイミングをとらないようにしています。

私の方法ですと、一般的なドルコスト平均法を行なうより、およそ5%ぐらい良いリターンになると理論的に考えられます。

水瀬さんのちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法でイメージすると、月々の決まった日(例えば15日)を基準に購入している人より、毎月5%値下がりした状態で購入し、それを毎月続ける事が出来れば、この方法と同じぐらいのパフォーマンスになると考えることが出来ます。

以上、どんどん間違いを指摘して下さい。

洞爺湖さん


まず、リーマンショックのような暴落の段階で元本が割り込むかはかなり怪しいと思います。ダウでいえば、上昇相場は1988年ころから始まっており、1988年から2000ドル台で積み立てたような安い積立元本が何年分も積み重なっています。
1988年~1991年は2000ドル台
1992年~1995年は3000ドル台

そして、積立は価格が安い時の方が多くの口数を買えるので元本価格への影響が大きくなります。
2000ドル、3000ドル、4000ドル、5000ドル台・・・という安値で10年間も仕込んでおり、その後も6000ドル台などで仕込みを続けると、2000年前後からの10年ちょっとで10000ドル前後で多少仕込んでも個別元本が7000ドル台程度への暴落で割り込むかは少し疑問です。
長い間ヨコヨコで動き続けて、その後に急速に上昇した場合、安い時期の個別元本の影響は大きくなり、多少の暴落では個別元本を割らなくなります。

現実のダウ30種が割り込んだか、割り込まなかったかは置いといて、現実的には大暴落が起こっても数十年間の間で一度も損にならない可能性は十分にあり得るという話です。


また、暴落で数十年の間に投資元本を割り込むことが起こり得るとしても、それがいくつの時に起きてくれるかも重要な問題になるかと思います。30年に一度起きるとしても、20歳の時、50歳の時、80歳の時では、50歳で投資した後、労働収入が無くなった80歳まで我慢して資金をMRFに流し続けて貯められるか・・・

計算しました。

やはり、数字を示さないと根拠にはならないので出しておきます。

1995年1月~2011年5月までダウ30種を一定額で毎月購入した時の平均購入単価は、8894ドルでした。

私の戦略では、ここから5%低い値、8894ドル×0.95=約8449ドルに到達したら、月々積立た安全資産で一括購入することになります。

ここ最近では、8449ドル以下という値は、2008年10月~2009年7月の間にありました。その期間においては、6500ドルという値もあり、8449ドル以下で購入というのも、無理な値ではないように感じます。
※正規分布等を使って8449ドル以下になる確率までは、求めませんでした。

また、これから8449ドル以下にたとえならなくても、ダウ30種をドルコスト平均法で積立ている限り、8449ドルで購入するという値は、上昇を続けていき、いずれ、ダウ30種を積立た平均購入単価より市場価格が低くなる時が、きっと訪れると思います。

最後に、インデックスファンドの積立てにおいて評価損が発生する状態になるという、たったひとつの自信があります。
それは、株式市場が、”ランダム・ウォーク”していると信じているからです。

(そもそも、インデックスファンドの積立において、評価益があるということは、逆もあると考えるのがリスクの観点から普通では無いでしょうか。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

吊られた男さん。ご指摘ありがとうございます。
40年でも、平均購入単価を計算してみます。

吊られた男さんが指摘していることは、普通のドルコスト平均法においても、出口戦略の段階で、10年ぐらい評価損が続けば売却するには損をすることになるのではないでしょうか。
MRFの流動資産が潤沢の方がいいような気もするのですが。

決して、自分のやり方を勧めているわけではないので、気分を悪くしないで下さい。

ダウ30種の値 finance.yahooから引用

勉強になりました。

吊られた男さん。

1970年~2011年の間、ドルコスト平均法において、ダウ30種の平均購入単価を求めたところ、1815ドル!!

恐れ入りました。この値より、低くはならないです。
ランダム・ウォークの意味を分かっておりませんでした。
私は、株価は、積立てた値を境に、上下しながら上昇していくぐらいだろうなと勘違いしていたようです。ドルコスト平均法では、あまり利益が出ないだろうと思っておりました。まさか、積立た値より、遥か上に位置するとは!

納得しました。単純にドルコスト平均法をした方が良いですね。また、インフレ対策のためにも。

吊られた男さん、水瀬さん、大変勉強になりました。おじゃましました。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

ドルコスト平均法を超える投資法とは?

←ぜひ、応援クリックお願いいたします。 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)のエントリ、「ドルコスト平均法の負の側面も書いている良記事」は良記事でした。 要約すると、 ドルコスト平均法は、「安い時に多く、高い時に少な目に買うこ…

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)