NTT・トヨタ・アステラス製薬など、年金基金が新興国投資を拡大

企業年金が新興国投資を拡大しているとのこと。

【日経新聞2011年5月19日朝刊1面より引用】
年金、新興国投資を拡大
企業年金が新興国の株式など高利回りを目指す資産運用を拡大している。海外株式と、不動産やヘッジファンドなど「代替投資」と呼ばれる分野を合わせた投資額は、国内株式での運用額を超えた。NTTの年金基金が今年度に数百億円規模の新興国株投資を計画するなど、今後も一段と増える見込みだ。株安や低金利で積み立て不足が膨らむのを避けるため、各社とも運用内容の見直しを急ぐ。
【引用おわり】

元記事によると、新興国市場への投資比率はNTTで2~3%、トヨタ自動車で3%、アステラス製薬で4.6%と、実際はまだまだ控えめな印象です。
それでも、もともとの資金量が大きな年金基金ではそれなりの規模になる(NTTでは数百億円)でしょうし、公的年金のGPIFも新興国への投資開始を検討しているように、年金の世界の流れはだんだん新興国投資も加える方向のようです。

ただ、少し気になるのは新興国投資を始める理由が、「積み立て不足の拡大を防ぐため」「予定利率の確保」などとされている点です。

投資期間が半永久的にある年金だからそれが可能なのかもしれませんが、個人投資家の場合、必要なリターンを確保できそうにないからハイリスクな新興国投資を始めるというのは、泥沼への道になりかねません。
先に自分のリスク許容度を把握して、その範囲内でもっともリターンが高くなるようなアセットアロケーションを組むというのが、無難な順序です。

以前、「厚生年金基金の多額損失に学ぶもの」というブログ記事の中で、不動産ファンドに集中投資して多額の損失を出した某厚生年金基金の例を取り上げたことがあります。
ギャンブラーが破滅する多くの場合、損失を一発逆転で取り返そうとして致命傷を負うというパターンが多いそうです。
日経記事の年金基金の例では、まだまだ新興国への投資比率が小さいのでたいした影響はないと思われますが、これらの企業年金が今後どうなるのか、注視しておきたいと思います。

ちなみに、私自身も以前ポートフォリオの新興国株式クラスの投資比率を高めたことがありました。
その時には、自分のリスク許容度が増したわけではなかったので、リスクが低い日本債券クラスへの投資比率増加とセットで行ない、ポートフォリオ全体のリスクが急激に上がらないように調整しました。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。
関連記事


  





コメント

そうですね。リスク分散は大切ですね。私もなんだかんだで国際優良銘柄の社債は少し持っています。ベトナム株を長らく見ておりますが前回の記事にもありましたが、年金基金はドルコスト平均法で買ってきているように思います。私もですがw長期的投資で突然抜ける資金でないところがいいところですね。

5.5%の魔力

リーマンショック時、発生した多額の損失額を取り戻そうとして、
全力二階建てで資産半分吹っ飛ばした経験者の私が来ました(笑)

企業年金の「5.5%」という、デフレ下に置いては高過ぎる予定利率に拘るあまり、
今後、年金運用はかなり危ない橋を渡る事になると思います。

企業年金の解散と言う最悪の事態を回避するには、

1、予定利率を変更する(現在の実績値水準へ)
2、名目で5.5%ではなく、物価変動も加味して実質ベースで見て行く
3、例えば厚生年金等公的年金の実質運用利率の実績値+α程度で運用出来れば
  OKという実績連動型利率に変更

等の抜本的改革が必要になるのではないかと。

ただし、1の予定利率の変更はデフレが継続し当面インフレが発生しない事が
見込まれる事が前提となると思います。

2、並びに3は、インフレが発生した場合に運用収益として
加算される可能性のある”うまみ”を切り捨てる事になるわけですが、
その前に解散に追い込まれるよりはましと言うジレンマに陥るでしょうね。


どちらにしても、海外のリスク性資産への投資が、
分散と世界経済成長との連動という肯定的な意味合いで行われるならまだしも、
「積立不足と予定利率の確保」という点が非常に危うさを感じます。

これは、「含み損が発生しているからリスクを取る」
と言っている事と同義ですからね。

いつも興味深く読ませていただいています
ひとつ質問があるのですが、リスク許容度について、どのように考えればいいのでしょうか。どれくらいのリスクをとれるか、というのは何を要素(といったらよいのでしょうか)に考慮すればよいのか、よく分からないのです。

シナリオ予想

リスクを増やした分、リターンのブレ幅も大きくなる訳で、今後のシナリオを予想すると…

・リターンが上ブレした場合
 →めでたく予定利率を達成。企業も社員もニコニコです。

・リターンがさほど変わらない場合
 →損をせずに良かったと胸を撫で下ろすのも束の間、予定利率を達成する為、更なるリスクの高いポートフォリオへ移行する事に…。(綱渡りは続く)

・リターンが下ブレした場合
 →精一杯の努力をした結果なので悔いはありません。しかし残念ながら予定利率を満たす事は絶望的となる為、企業年金は解散となります。しかしながら、会社としては「本業以外の余計な仕事(運用リスク)」から解放される為、経営者、株主、共にホクホクです。(社員の年金は確定給付から確定拠出へ移行?)

ファーマ=フレンチの3ファクターモデルに注目

疑問もありまして、その企業が倒産する事もあり得るので、大抵はその時は大不況や地震リスクに直面している場合が多く、企業倒産と株価下落が同時に起こる事で結果的に従業員に不利になる可能性はあると思います。
あの東電の格付けがジャンク債クラスになる可能性があるので、一般企業だったら大手でも誰も助けてくれないと思います。
ですから企業倒産が起こる事態で新興国株式を使うとリスクを増幅させる可能性があるかも知れないです。

そこで機関投資家の間で支持されつつあるファーマ=フレンチの3ファクターモデルを使った方法ではバリュー株インデックスを使うなんて方法もあるので、リスクまで考えて新興国株式を使うよりも良い結果が期待できるかも検討してほしいですね。
ちなみに、大型グロースから大型バリューに変える為に必要な追加リスクは僅かなんです、そこまで考えてやって貰えると新興国株式よりも追加リスクを少なくしてリターンを上げられる可能性はあるかも知れないです。

ただ、地震リスクだけは流石にお手上げですが・・・

リスク許容度について

わたしもしゃかりきさんのようにリスク許容度という考えがあまりよくわかりません。投資に関する記事などを読むと各々のライフステージや考えによって違ってくるので答えがないとあります。例えば年間に○○%損をしてもいい金額で投資額を決める(あってます?)んだそうです。ですが、やっぱりそれでも実感がわかないんです。多分今まで金融商品といえば定期預金などしかしてこなかったからなのかなとも思います。預金や貯金がマイナスになるなんてこれっぽちも考えた事がありませんで、そういった環境もあるのかな?

>ベトナム株投資さん

分散、分散です。


>楽天家業さん

>>「含み損が発生しているからリスクを取る」

おそろしい予感がします。
積み立て金不足の企業年金の運用がうまくいくことを祈るばかりです。


>しゃかりきさん、ちぽりんさん

資産運用において、リスク許容度の把握は非常に重要な要素です。
「答えがない」のではなく「万人に共通する正解がなく人によって違う」ものであり、本人にとっては答えはあるはずです。
いずれにしても、事の重大さを考えると個人ブログのコメント欄でQ&A的に簡単に教えてもらうような内容ではないと思いますので、一度、本を読んでしっかり理解して、ご自身の場合に当てはめてご検討されることをおすすめします。

リスク許容度の把握の方法にはいろいろありますが、私が「これは分かりやすい」、あるいは「安全サイドの考え方だ」と思った方法が書いてある参考図書をご紹介します。両方とも新書or文庫サイズなので肩肘張らずに読めると思います。

「お金をふやす本当の常識―シンプルで正しい30のルール」(山崎元著)P.40~48
「3000万円をつくる投資信託術」(竹川美奈子著)P.121~142

上記の本を読んでもなお、「リスク許容度が分からない」というのであれば、それはもしかしたら「リスク許容度がゼロ=1円の損にも耐えられない」という可能性があります。
別に悪いことではありませんので、その場合は、投資をしないという選択肢も視野に入れてご検討された方がよろしいかと思います。


>hinoさん

企業が確定給付年金から確定拠出年金に移行する際には、一度積み立て不足を解消する必要があるので、「リターンが下ブレした場合」については、よりスリリングな展開が予想されます。


>タカちゃんさん

バリュー株インデックスに投資したくても、日本から簡単にアクセスできる商品がないというジレンマが。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)