楽天証券、投資信託14ファンドをノーロードへ

楽天証券が、5月30日より下記の投資信託14ファンドをノーロード(販売手数料0円)にするとのこと。

・楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)毎月分配型(信託報酬1.47%)
・楽天USリート・トリプルエンジン(豪ドル)毎月分配型(信託報酬1.47%)
・DIAMニッポン新産業革命ファンド(信託報酬1.575%)
・損保ジャパン-TCW外国株式ファンドAコース(為替ヘッジあり) (信託報酬1.995%)
・損保ジャパン-TCW外国株式ファンドBコース(為替ヘッジなし) (信託報酬1.995%)
・ハッピーエイジング・ファンド ハッピーエイジング20(信託報酬1.701%)
・ハッピーエイジング・ファンド ハッピーエイジング30(信託報酬1.5225%)
・ハッピーエイジング・ファンド ハッピーエイジング40(信託報酬1.344%)
・ハッピーエイジング・ファンド ハッピーエイジング50(信託報酬1.1655%)
・ハッピーエイジング・ファンド ハッピーエイジング60(信託報酬0.987%)
・三井住友・株式アナライザー・オープン(信託報酬1.05%)
・三井住友・グローバル・リート・オープン(世界の大家さん) (信託報酬1.6695%)
・JF小型株オープン(信託報酬1.0815%)
・BNPパリバ・オシレーター・コモディティ・ファンド(信託報酬1.47%)

この中で、個人的に心ひかれる投資信託は……ありませんでした。
強いて言えば、「JF小型株オープン」は日本小型株に投資するアクティブファンドの割には信託報酬が1.0815%と安い方だと思います。

しかし、同じ日本小型株に投資するETFで、「日興 上場小型」(TOPIX Small連動)は信託報酬0.525%ですから、コストが半分以下です。
パフォーマンスがよければまだいいのですが、「JF小型株オープン」は、参考指標であるラッセル野村小型インデックスに直近5年は負けっぱなしです。

全体的に純資産が数億~数十億程度しかないアクティブファンド(除く三井住友・グローバル・リート・オープン)ばかりで、ぱっとせず、いまいち食指が動きません。
ただ、投資信託をどんどんノーロード化しようという楽天証券の試みはよいことだと思いました。

※あくまで個人的な印象です。投資判断は自己責任でお願いいたします。
関連記事


  





コメント

ラインナップの一番上に掲載されている、「楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)毎月分配型」など、こういうややこしい仕組みのファンド…。
目論見書に図が載っていますが、仕組みを理解しようというだけで頭がいたくなります。

IYRを買った方が得なのでは?

日本株でアクティブに限れば小型株やバリュー株はありますが、外国株でのインデックスがないので住信AMや三菱UFJ投信などに要望ができるチャンスがないかをうかがっています。

もうひとつ目に付くのは・楽天USリート・トリプルエンジン(豪ドル)毎月分配型ですね。
これだったらIYRを買ってしまった方が明らかに得ですね。
僕はIYRを押し目買いで買っていた銘柄なので、今では為替損益や配当金を含めて利益になっています。
豪ドルは4月時点では変動相場制に移行した1983年以来では過去最大級の豪ドル高になっているので、何かあった時は要注意です。

>世界のREITさん

意外と分配金目当ての高齢者ホイホイかもしれませんよ。


>タカちゃんさん

買う人は、USリートではなく豪ドルが目当てなのかもしれませんね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)