「30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと」(朝倉智也著)はアグレッシブ

「30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと」(朝倉智也著)を読みました。
本書は、投資信託を活用した資産運用の入門書ですが、その内容はかなりアグレッシブです。

30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと
朝倉智也

ダイヤモンド社 2011-05-20
売り上げランキング : 475

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools

著者の朝倉氏は投信評価会社のモーニングスター代表であり、本書でも投資信託選びではモーニングスターをフル活用した内容になっています。
モーニングスターは私も普段からよく活用させてもらっており、データの質・量ともに非常に充実しています。
そのモーニングスターのデータで、既存の投資信託を実名でズバズバと斬っており、読んでいて「おいおい、そんなことまで書いて大丈夫?でもそのとおり!」と思う部分が多く、ある意味痛快ですらあります。

投資信託選びの前提になる資産運用の考え方も非常にアグレッシブです。
著者は、リーマン・ショック以降、世界経済は先進国から新興国への「パラダイムシフト」が起きたと主張しています。
主に、ゴールドマン・サックスの将来予想(2030年の世界のGDP比率と時価総額比率)を根拠としているようです。
資産配分については、将来に備える20~30代の資産形成層は、将来の世界経済の姿を反映させたものにするべきだということで、

外国株式6割、外国債券3割、金1割(株式と債券のうち半分を新興国にする)

を推奨しています。

そして、私たちは既に年金や保険を通じて日本債券・株式には投資しており、今後人的資本が生み出す収入もほとんど円なので、日本株式・日本債券には一切投資しなくてよいと主張しています。

私は、投資家本人が納得しているなら、こういう資産配分があってもいいと思います。
筆者も本書の中で述べているように、これまでの資産運用の常識とは一線を画しており、非常にアグレッシブで面白いです。
ただ、それだけに投資家本人が、著者の新しい考え方やゴールドマン・サックスの将来予想に大きく「賭け」ているのだという自己認識は持っていた方がよいと思われます。

少しだけ残念だったのは、推奨資産配分の期待リターンだけ書いてリスク(標準偏差)を書いていないことや、外貨比率100%なのに為替リスクについてほとんどフォローされていないなど、リスクに対する記述が薄めであることです。

しかし、それ以外は、全体的に資産運用の要諦(投資信託の選び方・積み立て・リバランスなど)をしっかり押さえており、モーニングスターの機能を活用し、具体的商品名を例に出して投資信託の良し悪しを解説するなど、切れ味鋭い明快な内容になっています。
初心者には分かりやすく、経験者には新たな気付きになる本だと思います。
関連記事


  





コメント

人的資本と分散投資

初めまして
『ほったらかし投資術』は買って読みました(今もすぐ目の前に
おいてあります)。山崎氏の他の著書でも
人的資本を考慮すべきと書いてあります。朝倉氏と同じく、
私は、自分の体は円の塊なのになぜ日本株を半分持つことを
推奨されるのか、正直よくわからないなあと思っておりました。
年齢、年収、資産高によって様々ですが、自分という円の株価を
考えれば、日本株を半分持ったつもりが実は9割方が日本株
ということになりかねないと思うのです。
30代と言うことなら、今後の人的資本と現在まで貯めた資産額を
想像すれば、日本株は不必要な選択だと思います。
公的年金、私的保険等々を考慮すれば、分散投資という観点から、
日本株を持たないは論理的必然と思います。

日本株を投信のポートフォリオからはずしているのは賛成です。
人口減、右肩下がりのインデックス積立を推奨するのは???と思うからです。
ただ、日本に住む我々としては日本株を投資先としては考えておく必要があると思います。
私の場合は、大幅に下がったときだけに有力株を買うやり方です。
大幅というのがポイントで、1年半くらい買わない状況を我慢できることが
大事だと思っています。

今、その本注文してみました
そんなわけで読んでません><

バカなので分りませんが、日本人が日本の株を買わないと誰が買うんでしょうか?><
日本人が買わなきゃ日本は潰れちゃいますか?><

「日本株はポートフォリオに不要」も一理はあるでしょうが、要はその投資先が長期に亘り稼げるかどうかが判断基準です。当然、著者やゴールドマン・サックスもその検討結果の紹介でしょう。

マス・オーヤマさん、
私は生活資金は別にして、運用資金の過半は日本株を買っていますよ。

理由は、日本国内で買える新興国の株式やETFも魅力ではあるものの、一方では今は見えない想定外リスクにも不安がよぎるのです。当面(向こう3年程度)は海外展開に旺盛なグローバル企業の株式(例:コマツその他)に分散しています。その会社では地勢リスクや為替リスクもわが身のこととして真剣に研究しているだろうし、多方面からウオッチされて比較的に情報も入手しやすいので。

東京電力株で太平の惰眠から目覚めて、自分で納得できる運用を目指しましょう。

資産運用に正解は無い

「誰にも将来の事は分からない」が「資産運用の世界」の鉄則だと思います。人それぞれの考え方があるのだと思います。海外資産の比率を高める事には賛成です。(バンガードETF購入にはチャンス)しかしオークは日本リスク資産を、一定の比率を堅持しようと思っています。今は新規投資を休止して「稲妻が光る瞬間」を待っていますが、1306の基準価格が買い頃になればまた少額づつ買い増しするかもしれません。先進国も新興国もこの先、危機が待ち受けているかもしれません。日本の技術も捨てたもんではありません。だってこの先まだ長い人生なのですから。

>高橋哲男さん

論理的必然ではないと思いますが、投資家本人が納得されているのであればありだと思います。


>franc_papaさん

将来、日本株がずっとボックス相場を続けるのであれば、そいういう投資法が効果を発揮するのでしょうね。


>マス・オーヤマさん

日本の株式を日本人が売買しないのは今に始まったことではなく、これまでもその多くを外国人投資家(の定義はあやふやなものでしかありませんが)が売買しています。
http://www.tse.or.jp/market/data/sector/index.html


>人的資産ゼロの年金生活者さん

たしかに、外国資産に投資する国内ETFやインデックスファンドは、個別株に比べてまだ歴史が浅いです。
想定外のリスクが隠れている可能性はなくはないと思います。
目を皿のようにして(笑)、ウォッチしていこうと思います。


>オーク X32さん

将来どうなるか分からないからいろいろな資産に分散させておくという態度は別に間違っていないと思います。
私もそうです。
一方で、将来の見通しに確信があるかたは、それに合わせた投資をするのが合理的だと思います。

カメレスですが

為替リスクをとらないこともリスクと思いますが、とりすぎることも
大きなリスクになるかと思っています。
株式の場合、今の日本個別株なら2~3倍くらいであれば配当込みで
十分狙えると思います。
ただし、個別銘柄1社当たりのリスクは当然高いので全体資産の3%
程度にしたほうが無難ではありますかね。
日本株で失敗する人はバイアスや勘違い含め1銘柄に集中投機して
トコトンナンピンするケースが多いかと思います。
2~3倍で満足出来ない人は他の方法を探せばいいでしょう(私は
知りませんが^^;)し、外国株(インデックス)と絡めるほうが
リスクを抑えられていると個人的には感じていますので比率は自己
調整ですかね。。
個人的には1ドル=50円でも500円でも平気なようにしたいと
思っています。
インフレ時には株ではなくても金利も上昇するでしょうから円預金
でも十分なのですが、大増税が来ると日本株は苦しくなるかと。
ただ、その分 国家破綻も延命されるので外貨資産を一定量持って
おくのも正解と勝手ながら考えています。(率や額は?です)
日本株にしろ外国株にしろ外貨にしろ 必要以上に欲を出したり、
不安になると大抵は倍返しで失敗するのはどこに投機・投資しよう
と共通かと思いますので そこらを忘れないようにだけしておく
ほうが大事かと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)