31年ぶりの貿易赤字は一過性のものか?

水瀬ケンイチ

数日前、「4月貿易収支は31年ぶり赤字」というニュースを見ました。

もちろん東日本大震災の影響が大きいのでしょうが、31年ぶりというのが個人的にインパクトがありました。
今後どうなるんだろう?その記事には、「生産回復を背景に早ければ7-9月期、遅くとも10-12月期には黒字回復するだろう」とさらりと書かれていましたが…。
今日、みずほ総研からちょうど私の疑問に答えてくれるレポートが出ていました。

みずほ総合研究所
2011年5月30日 震災後の貿易収支を読む~貿易赤字は一過性か?

詳しくはレポートを読んでいただきたいのですが、そこには、「貿易収支は2011年度▲0.6兆円、2012年度も▲0.9兆円と小幅の赤字が続く見通し」とありました。
また、「中長期的な輸出競争力の低下による貿易赤字の恒久化を回避することが重要な政策課題」とも書かれていました。



将来を事細かに予測することはインデックス投資家の本分ではありませんし、いちシンクタンクの予想が必ず当たるとも限りません。
でも、原発事故の収束も見えないのに、あと3か月で輸出が復活するとはどうしても思えないのです。
しばらくは電気料金の高騰や、サプライチェーンからの「日本外し」が日本の輸出競争力を押し下げるであろうことは想像に難くありません。
日本株にとっては厳しい局面です。長期戦を覚悟しなければならないかもしれません。

もっとも、株価はそんなことはとっくに織り込み済みかもしれません。
日本株が厳しい状況は20年前からずっと続いており、何を今更という話もあります。
自分にできることは、当面の電力不足に対応しつつ本業に勤しむことと、一定の比率(低くて申し訳ない)での日本株への積み立て投資を続けることです。
なるべく早く日本が復興しますように。

関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ