「20代で知っておきたいお金のこと」(岡村聡著)はお金の実践的ライフハック

水瀬ケンイチ

「20代で知っておきたいお金のこと」(岡村聡著)を読みました。
本書は、お金について広範囲に取り扱い、具体的に答えを提示している実践的ライフハックだと思いました。

20代で知っておきたいお金のこと20代で知っておきたいお金のこと
岡村 聡

中経出版 2011-06-01
売り上げランキング : 5900

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools


取り扱っているテーマは、お金リスク、お金センス、貯金ルール、仕事とお金、結婚とお金、保険とお金、老後とお金、投資の仕組み、投資入門、投資と世の中の流れ、とかなり広範囲にわたっています。
そして、それらについて具体的にどうすればよいのか、筆者が考えるベストな答えが分かりやすい図解とともに書かれています。
例えば、家計の比率は、固定費(家賃・保険料など)3割、変動費(食費・交際費など)3割、教育・自己投資2割、貯金・投資2割というバランスにすべし(グラフ付き)、といった具合です。



ただ、限られたページ数で広範なテーマについて取り扱っているので、課題→答え、課題→答えとサクサク話が進み、何故その答えになるのかという理屈部分が手薄になっているのが少々勿体ないと感じました。

誤解がないように申しあげておくと、各テーマの筆者の答えについては、私もほぼ同意見のものが多いです。その答えのバックグラウンドには実はしっかりした理屈があることも分かります。
だから、本書でまずお金についての全体像と模範解答をしっかり把握し、各テーマについて深掘りしたいかたは、それぞれの専門書(巻末に「更に勉強したい人のためのオススメ参考書籍」が載っています)を読む、あるいは岡村氏のセミナーで勉強すると更によいと思います。

しかし、考えてみれば、20代の方々には貯金・保険・投資などの細かいマニアックな知識よりも、こういうライフハック的な本の方が必要とされているのかもしれませんね。
新社会人のかた、今までお金についてあまり考えたことがなかったかた、金に関する諸問題にいち早く答えを見出したいかたなどには、ピッタリの本だと思います。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ