リタイア後の資産運用法について その2

前回の記事「リタイア後の資産運用法について その1」の続きです。

日経新聞に掲載されていたリタイア資金の運用法について、思うところを備忘録代わりに書きました。
記事では、「総資産の利回り3%を目指す資産配分」というポートフォリオが2つ提案されていました。

まずは、深野康彦氏の提案は以下のとおり。

深野康彦氏の提案
(日経新聞2011年6月6日朝刊17面より筆者がmyINDEXを使って作成)

安全資産(運用しないお金) 45%
日本株 10%
先進国株 10%
新興国株 8%
日本債券10%
外国債券14%
金 3%

なかなか手堅いアセットアロケーションだと思います。
リタイア後の運用の参考にさせていただきます。
続いて、神戸孝氏の提案は以下のとおり。(グラフが少し切れてしまっていて申し訳ありません…)
神戸孝氏の提案
(日経新聞2011年6月6日朝刊17面より筆者がmyINDEXを使って作成)

安全資産(運用しないお金) 50%
日本株 5%
先進国株 5%
新興国株 5%
先進国債券 25%
先進国REIT 5%
コモディティ 5%

幅広いアセットクラスに分散されていますが、自分ではこういうアロケーションは組まないなという感じです。
先進国債券の比率が妙に高いのが気になります。
日本債券と外国債券の期待リターンは同じで、リスクは外国債券の方が高い……というお話はブログで散々議論してきたのでここでは割愛させていただきます。
この辺の好みは人それぞれあると思います。

2つの提案ともに、安全資産(運用しないお金)を5割近く設定しています。
期待リターンは3%ということです。
似たようなポートフォリオなので、リタイア後の運用はこういうイメージなんでしょうね。
いかにも保守的なポートフォリオに見えるかたが多いのではないででしょうか。

しかし、この日経記事もそうですが、マネー誌などでよく見かけるアセットアロケーション例は、どうしていつも期待リターンだけ書いてリスク(標準偏差)を書かないのでしょう。
この記事だけ見ると、このようなアセットアロケーションを組めば、毎年3%前後の利回りが安定して得られるようなイメージを読者が持ってしまいかねません。

あくまでリターンは正規分布するという仮定のうえではありますが、リスクは標準偏差として数字で表すことができます。
絶対的な尺度ではありませんが、損得の可能性を見積もる「目安」にはなります。
日経の記事には書いていないので、私が勝手に補足しておきます。
データの出所は前出のmyINDEX、各アセットクラスの運用商品はインデックス運用されると仮定します。

深野康彦氏の提案ポートフォリオのリスク(標準偏差)は、6.0%です。
期待リターン=3.0%
標準偏差=6.0%
ということなので、1年間運用すると、約68%の確率でリターンが+9%から-3%の間に収まり、約95%の確率で+15%から-9%の間に収まることが予想されます。

神戸孝氏の提案ポートフォリオのリスク(標準偏差)は、6.1%です。
期待リターン=3.0%
標準偏差=6.1%
ということなので、1年間運用すると、約68%の確率でリターンが+9.1%から-3.1%の間に収まり、約95%の確率で+15.2%から-9.2%の間に収まることが予想されます。

あくまで「目安」ではありますが、「利回り3%を目指す資産配分」という語感とは、かなりイメージが違うのではないでしょうか。
もしかしたら、「リタイア後は幸運な場合でもプラス9%はいらないのでマイナスになる可能性をもっと下げたい」とお感じになるかたもいらっしゃるかと思います。そういう場合は、更にリスク(標準偏差)を下げたアセットアロケーションに組み直した方がよいと思います。
ちなみに、私自身はリタイア後は現金および日本債券の比率を7割程度まで高めようと考えています。

というわけで、日経新聞の記事をネタにリタイア後の運用法について、思うところを書いてみました。
何かのご参考になれば幸いです。

※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。

(おわり)
関連記事


  





コメント

60歳過ぎの方は年金・税金面である程度恩恵を受けれる世代と
思いますが、逆に運用面で若い頃はローコストなインデックスも
無く不幸な面もあったかと思います。

個人的には退職金等を運用に回すよりも、もうその歳なんだから
今の身の丈でやりくりすることだけ考えたほうが良いかと思って
います。
リスク資産に回す資金はそれでも余力がある人や趣味
(ボケ防止の範囲内)で調子に乗って追加投資しないこと、
若いうちから一定額運用に回していた分だけかなと。最後の
最後で使い切る(相続?)程度の金額に留めるのが一番じゃない
かと思います。相応に資金量もある人は普通のインフレになっても
金利も上がるので そんなに痛くもないかとも

もちろん一番いいのは周囲にどんだけうっとうしがられても
会社にしがみついて給与をもらうことかもしれません^^;

当然 今の現役世代は退職後より 今をちょっとがんばって運用を
始めるか続けることが一番利にかなってるかと思います。

その歳にならないと分かりませんが、私は期待利回り等の運用を
薦めるより(煽るより)運用しないでも生活出来る水準をやりくり
するほうが大事で確実な無収入年金受給者向けの最良のアドバイす
かと。

長くなり申し訳ないですがマネー誌等の推奨内容は・・・とよく
思ってみています。私なら利付き国債を満期保有前提に毎年の
最低限の不足額を毎年満期が来るように購入しておくのが一番かと思います。

現金比率が50%で利回りが3%とは…、ちょっと甘く見積もり過ぎじゃないですかね?このポートフォリオではせいぜい2%がいいところではないでしょうか。
計算式によると言われてしまえばそれまでですが、こういうのを見ると現実味のないぬるーい数字としか見えません^^;

常々、期待リターンと同程度に標準偏差の考え方も重要視しなければならないと感じています。

いずれは、運用先の単独のリターンと標準偏差を、さらには自分で組んだポートフォリオのそれらを自分で算出できるようになりたいので、この欄でご紹介いただきたいと願っています。

期待リターンの前提が高いような気がする

ちょっと気になる事ですが、期待リターン3%と言うのはどこのデータを使っているのかによりますが、KKRのデータを使った場合は現在はインフレ率がマイナスなので、新興国株式の期待リターンが非常に高くないと3%は行かないと思います。
どう考えてもKKRのデータで見る限り期待リターン3%は高すぎる前提だと思います。
期待リターンをどうやって考えているのかなどのデータの出所を知りたかったです。

リタイア後の資産運用は、やはり現金をたっぷり持つ事が重要だと思います。私の場合投資リターンばかりに目が行って、全然リスクの事考えてなかった。今頃反省してます。これから投資を始める方には、まずリスクを、しっかり理解して投資して欲しい。自分のリスク許容度を理解していれば、小さい惑星が落ちてきても動揺せずに済みますよ^^;

水瀬さん。いつもいろいろと参考にさせていただいています。

ご指摘の通り、「マネー誌などのアセットアロケーションの例は、期待リターンだけ書いてリスク(標準偏差)を書かない」ことに、私も疑問をもっていました。

たとえばエマージング株や債券などに投資する場合、現物に投資するのは難しいので、投資信託などを使うことになるのだと思います。ところが日本の金融商品には、これに関する情報があまりありません。

標準偏差については「みんなの海外投資」というサイトが、日本の金融機関の閉鎖的な姿勢を非難していました。
http://www.minkaigai.com/?s=%E6%A8%99%E6%BA%96%E5%81%8F%E5%B7%AE

そもそも日本の金融機関は、標準偏差やシャープレシオの数字を見せる自信がないから、あまり情報がないのかもしれませんね。

これでは理想のポートフォリオを組むのは難しいと思いますが、いかがお考えになりますか?

私もリスクの提示は重要だと思います。(リスク許容度優先主義ですから当たり前といえば当たり前)

リスクの明示抜きに安全ポートフォリオなんて書かれて、+3%のリターンを期待してみた結果-9%なんてなったらびっくりしそうな人も多そうですね。

根本的に

退職金だけを取り出すと怪我するもとのような気がしますね。現役時代に積み上げた資産全体を見てリバランス感覚で投資するのが良いような。個人的には、現役世代は、株式中心でリタイヤ後退職金を使って債券へ投資して、配当を増やそうと企んでいます。株もETFを使えば退職時に株価が凹んでいて配当でなんとかなるかなと。ただアクセル踏みっぱなしで定年に突っ込んで退職金でバランスをとろうと企んでいますのでかなりのペースで積み立てとかないとしんどいのは、丸見えです。まだ定年まで30年近くあるから言ってられる事なのかもしれません(笑)少し横道にそれましたが、大事なのは現役時代もリタイヤ後も一貫した戦略があることが重要なのでは?と言うことです。それにしても30年後も定年は60歳なんだろうかぁ。退職金は積み上がるが定年が逃げていくでは、洒落にしかならないですね。

>宮さん

運用しないで済むならそれに越したことはありませんよね。


>kackyさん、タカちゃんさん

期待リターンをどう見積もるかはなかなか難しく見解が分かれるところでしょうが、myINDEXを使って計算したところでは、いずれのポートフォリオも過去リターンは3%前後で記事と整合的でした。


>としちゃんさん

そうですよね、誰だって華やかなリターンに目が奪われがちです。
でも、そこをぐっと堪えて、リスク許容度の把握→投資額・アセットアロケーションの決定→おのずと期待リターンは決まる、そんな順番が妥当かと思います。


>入門者さん

こんな個人ブログでの解説を待たずとも、入門者さんのようにヤル気があるかたは、先にどんどん自分で勉強されることをおすすめします。


>ヘッジファンド大好き人間さん

仰るとおり、日本の投資信託の情報開示はまだ発展途上だと思います。
目論見書の簡素化がやっと途についたばかりです。
今後は、シャープレシオやファンドマネージャーの情報など、掲載データの充実を目指してほしいものですね。
ただし、各社統一的に分かりやすくお願いしたいです。


>吊られた男さん

数字でのリスク表記が重要だと思います。
ベキ分布だファットテールだと、この正規分布を前提とするリスク表記(標準偏差)ですらぬるいという人もいるくらいですから。
まず、数字の目安は必須。それから、更に安全サイドに考えたい人はそうすればいいと思います。


>胴長兄ちゃんさん

将来は定年が70歳くらいになりそうだという話も耳に入ります。
どうなるのかわかりませんね。

はじめまして。
数年後の日本債券が心配な夢見と申します。

いきなりですみませんが、リスクについて質問させていただいてもよろしいでしょうか。 
しかも昨日の記事なのでアレですが…

>1年間運用すると、約68%の確率でリターンが+9%から-3%の間に収まり、約95%の確率で+15%から-9%の間に収まることが予想されます。

についてですが、10年、20年の運用だとどのようになるのでしょうか?

トンチンカンな質問でしたらごめんなさい…。

>夢見さん

n年後の期待リターンと標準偏差を算出するのは、単純な複利計算ではなく、連続複利ベースの少し難解な計算が必要です。
合っているかどうか自信はありませんが、計算してみると以下のとおりになりました。

■10年後
期待リターン=27.9%
標準偏差=18.4%

■20年後
期待リターン=55.37%
標準偏差=26.0%

詳しいことは、ファンドの海さんの下記の記事を参照ください。
http://www.fund-no-umi.com/blog/2009/08/27-bc8a.html

コメントを返していただきありがとうございました。

しかも想像以上に面倒な計算までしてもらってすみません。

また来ます…。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)