ストラテジストの本音とインデックス投資家の本音の共通点

アナリストやストラテジストの予想は当たらないとよく言われていますが、そのストラテジストのレポートで、久々に心動かされるものがありました。

マネックス証券 ストラテジーレポート
2011年6月10日 ストラテジストの予想は当らない - なぜ理論が大切なのか -

詳しくは上記レポートを読んでいただきたいのですが、ストラテジストの広木隆氏は、内藤忍氏やナシーム・ニコラス・タレブ氏の著書の厳しい指摘を引用しつつ、ストラテジストの予想は当たらないと言われていることを紹介しています。
また、相場は運や偶然に左右されるところが大きく、理論で説明ができるのはせいぜい2割がいいところだと認めています。
そして、だからこそ人の力で突き詰められる理論が大切なのだと述べています。

特に秀逸だった例えがあります。2割の水が入ったコップの話です。

コップの中に水が入っている。コップの容量に対して 2 割程度。残りの8割は何もない。空(カラ)である。水は目に見えるし、触れることもできる。その温度も分かるし、味を見ることも可能である。
一方、空(カラ)の部分は ‐ 何もないのだから - 捉えようがない。捉えようがないもの、それを相場の世界における「理屈ではないもの」と思っていただきたい。
「捉えようがないもの」を認識するには「捉えられるもの」を認識する必要がある。
コップの 8 割に水が入っていないことを認識するには、コップの 2 割に水が入っていることを認識することだ。存在しない 8 割を捉えるためには、実在する 2 割をしっかりと見るしかない。
仏教の言葉で言う「空即是色、色即是空」である。

(太字は引用元では傍点)


よく、インデックス投資は将来を予測しない投資法であると言われています。
いわゆる「株価はランダム・ウォークする」というやつです。
経済環境や相場環境などから全体的な相場の流れやトレンドを見て、投資戦略全般について考え方やアイデアを提示する専門家であるストラテジストとは、いわば「対極」の存在と言えるかもしれません。

しかし、誰だって将来が確実には分からないという前提のなかで、投資のパフォーマンスをより良くするためできる限りの理論を活用しているという点では、似ている面もあるように思います。
それは例えば、ストラテジストでは、著者の言う「IBESの12カ月フォワードEPSや長期成長率の仮定に基づき残余利益モデルで理論株価を算出するアプローチ」であったり、インデックス投資家では、「分散投資理論によるアセットアロケーションや投資商品の低コストの追求」であったりします。

いずれも、思い通りにならない相場の威力の前には、吹けば飛ぶような努力であるかもしれません。
でも、手法こそ違えど、小さいながらも人の力でコントロールできる部分があるなら、そこはしっかりと論理的にやっておこうという「気構え」は共通しているように思いました。

自分が、まさかストラテジストの言葉に心動かされるとは思っていませんでした。
これからは、少し違った目でストラテジー・レポートを見ることができそうです。
関連記事


  





コメント

広木氏のレポートは面白い

広木氏の場合は良くある「為替の糞プロ」と違って、読んでいて納得いく面は結構ありますし、配当割引モデルや残余財産利益モデルなど、基本的な理論を使って説明されています。
こう言ったプロの意見は絶対に必要だと思います、なぜならば定量的なデータと言う事実から各、株価決定の理論から色んな事を導き出しているので、そこを押さえる事は何かあった時は色んな意味で参考になるからです(例えば、バブルや株価の割安、割高など)。
広木氏には頑張ってもらって、是非、これからも面白いレポートを「定量的に」お願いしたいです。

それから、これを書くと立場によっては不快感を与える可能性がありますが、事実なので書かせて貰いたいですが、ストラテジーレポートの中でFP技能士でも分からない難関な理論なんて書かれていますが、これにはFPの立場によっては反論もあります。
FPの中には金融機関から手数料を貰っている立場の人が毎月分配型投信(通貨選択型投信)のお勧めをしている場合ですが、そんな人たちが配当割引モデル(配当成長理論)を知らないのは問題です。
FPの教科書には配当割引モデルは出てきませんが、立場によっては知っておく事は重要です。
配当成長理論知らずして、「どんな投信を買ったら配当成長が期待できますか?」と言う単純な疑問に答える事ができないです。
金融機関からの手数料を貰う為に、毎月分配型投信を顧客に勧めるのならば、その根底にある理論を知らなければ、いざ、何かあった時にFPが淘汰されるって事です。

投資以外にも使えそう

投資という枠を超えて、いろいろなものにあてはまりそうな内容のレポートだと思いました。取り上げていただき、ありがとうございました。

>タカちゃんさん

理論は知っているに越したことはありません。
どんな時にも理論どおりになるかといわれればそうではありませんが、荒れた大海原を航海するのにコンパスくらいは持っていたいものです。
(コンパスを持っていてもひっくり返る時にはひっくり返りますが、ないよりはるかにマシです)


>kushiroさん

8割の「捉えようがないもの」を認識するために、2割の「捉えられるもの」をしっかり認識する。
この世は分からないことだらけですので、確かにこれはいろいろなことに応用できそうですね。
含蓄のあるレポートでした。

そうですねぇ

死生学の権威であるアルフォンス・デーケンが、「より良い生を享受するためには、まず死について深く学ばなければならない」と何かの本で述べていたのを思い出しました。

そういえば、作家の五木寛之氏も生きることの尊さ、有難さを認識するには、死について深く見つめなければならない、といったことを著書で述べられていました。

「何事も、認識できることについてしっかりと認識することは決して無駄なものじゃないんだよ」と励まされている気がしてホッとします。

僕もそのレポート読みました

理論2割
偶然8割

日経平均の1年後の予想してみろと
言われても、どだい無理な話なわけだ。

一年の中に5つのフェーズがあったとすれば、
それだけで、理屈で予想できる確率は0.2の5乗に
なってしまうわけだから。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)