「いつかは経済自由人!」第5回は投信ブロガーの影響力について書いてある

日経電子版で田村正之氏が執筆している新コラム「いつかは経済自由人!」の第5回目が掲載されていました。

日経電子版 > マネー > コラム いつかは経済自由人!
ハイパー個人投資家59人が選ぶベスト投信 (2011/6/14)
(大人の事情で直リンクができません。申し訳ありませんが上記リンクを辿ってください^^;)

今回は、投信ブロガーのことや、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2010」で入賞したものを中心に、選り抜きのインデックスファンドやETF(一部アクティブファンドも)のことがたくさん掲載されています。

投信ブロガーについて、
「彼らはIT企業や製薬会社、商社など様々な業種に勤める普通の会社員なんだけど、投資についてかなり深く勉強している人が多い。人気のブログだと月間のビューが数十万にもなって大きな影響力を持ち始めているので、最近は金融機関の人たちも彼らに商品開発のためのヒアリングをし始めている」
と紹介されています。

私も投信ブロガーの端くれとして、投信・ETFについて思ったことをブログで情報発信してきました。
ここ1~2年は、実際に三菱UFJ投信をはじめ、ブラックロック証券ドイツ証券、ピクテ投信、日興アセットマネジメント、果ては東京証券取引所(リンクは当時のブログ記事)まで、いろいろな証券・運用会社等から、ヒアリングを受けたり、意見交換会に呼ばれて意見を求められたりしています。
そこでは、当ブログで話題になった疑問点や要望などを、キーパーソンにできるだけ伝えるようにしています。

もし本当に、投信ブロガーが運用会社に対して、わずかながらでも影響力を持ち始めたということであれば、運用会社(販売会社ではなく)と個人投資家の関係という新たな関係が生まれつつあるのではないかという気がします。
それは、いわゆる「直販投信」会社がうたっている大きな特長でもあります。

今まで、良くも悪くも販売会社主導だった投信業界において、販売側に有利な商品ばかりが生み出されてきたように思います(もちろん、なかには良心的な商品もあったでしょうが)。
そこに「個人投資家の声」という後押しを受けてプレゼンスを向上させた運用会社が、本当に運用したい商品も出せ得る土壌が育ってきたのではないかと期待しています。

とはいえ、依然、販売会社の力は強大であり、まだまだ運用会社は思い通りに動けない部分が大きいと思います。
この細く流れ始めた良い流れを止めないためにも、ブログを続けていきたいと改めて思いました。

<関連記事>
2010/02/15 日経新聞にインデックス投資の記事、「インデックス投信 若者が存在感」「金融商品開発に影響力」
関連記事


  





コメント

今、必要な事は勉強も・・・

今やインデックス運用を使ったサテライトポートフォリオを組むことも可能なレベルまでインデックス運用環境が良くなってきました。
今までならばサテライトだったらアクティブファンドやプライベートエクイティなど、あまりにもコストが高い割には運用成績が悪い物が多かったですが、今やそんな物を使わなくても済みます。

運用会社との接点は欠かせない物となっており、我々のニーズが受け入れられるようになってきているので、今、必要なのは声の数もそうですが、何よりも我々が投資の勉強をし、何が本当に必要なのかを考える事が重要になってくると思います。

ただ、NHKの「マネー資本主義」ではないですが、リターンの裏にはリスクがあると言う当たり前のことは押さえておきたいです。

エントリー内容と関係ないコメントで失礼します。

本ブログの幅広い情報と独自の考察はとても有益で、
貴重なメディアのひとつとして活用させて頂いています。

こういった内容を定期的に継続して発信するにおいて(それも頻繁に!)、
相応の努力と工夫があると推察します。

先日本の執筆をされましたが、
その経験がブログ内容へ及ぼした変化がありましたら、
機会があればブログ等で読ませて頂きたいと思いました。

同じインデックス投資をする者として、応援しています。

ネーミングは微妙ですが・・

「ハイパー個人投資家」という表現自体は微妙ですが、私もブロガーとして少しでもいい影響を与えられるよう声を上げていきたいと思います。

「インデックスファンドをただホールドする時代は終わった」との業界関係者発言や、資産倍増プロジェクトで選ばれた高コストファンドのニュースを見ると一層その気持ちを新たにします。

日経電子版でタイトルを見た時に、「ハイパー個人投資家59人」なんてタイトルが田村氏らしい、なんて思ってしまいました。

「稼いだ投資家」という区切りではなく「投資家兼投資ブロガー」として投資関係の雑誌に取り上げられたり、投資ブロガーなどを集めたインタビューがあったりと環境は変わってきていますね。
そんな中、水瀬さんは間違いなくトップ集団の前の方を走っていますので、これからも是非ともカメラ中継で目立つ位置でのご活躍を期待しています。
私は外れモノとしてテキトーに戯言を書いておきます^^;

>タカちゃんさん

たしかに、投資商品はしょせんツールですからね。
それを利用する人によってよい物にも悪い物にもなります。
自分で考えてうまく使いこなしていきたいですね。


>akさん

本の執筆がブログ内容に及ぼした変化ですか。
あるような、ないような…(^^;
今度考えてみます。


>kenzさん

愚直で変わらない主張でも、きっとどこかの誰かの役には立っていると信じて情報発信を続けようと思います。


>吊られた男さん

吊られた男さんは外れモノではないでしょう。
切れ味の鋭いブログ記事が注目を集めていると思います。
吊られた男さんのブログ記事がライブドアのトップページからリンクされているというツイートをたった今見たところですよ(^^)b
http://twitter.com/#!/tsurao/status/82068645257281537

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)