STAMインデックスシリーズの実質コスト(2011年5月決算)

インデックスファンド「STAMインデックスシリーズ」の2011年5月決算の運用報告書が公開されました。

例によって、信託報酬とその他費用(いわゆる「隠れコスト」)を加味した実質コストを計算しましたので、公開しておきます。
なお、計算方法が間違っている可能性もありますので、ご利用は自己責任でお願いします。

ファンド名信託報酬リツ信託報酬
エン
その他費用ヒヨウ
エン
概算実質コスト
TOPIX0.4725%1500.4725%
日経2250.4200%2200.4200%
国内債券0.4200%2200.4200%
グローバル株式0.6300%2120.6900%
グローバル債券0.5775%2310.6026%
J-REIT0.5250%1920.5803%
グローバルREIT0.6825%2490.9384%
新興国株式0.6825%63311.0183%
新興国債券0.6300%40190.9293%


やっぱり気になる新興国株式クラスですが、STAM新興国株式の実質コストは年率1.0183%と、eMAXIS新興国株式(年率1.15%)よりも低くなっています。
実質コストは毎年変動するので微妙なところですが、信託財産留保額は0.3%と変わりませんし、積み立て用投信をeMAXISからSTAMに切り換えてもよいかなという気はします。

あと、グローバルREITは、信託報酬に対してその他費用が高いですね。
その理由は、先日の三菱UFJ投信のブロガーミーティング(該当記事)で明らかになったとおり、グローバルREITの先物がないため、先物を活用したコスト削減がしづらいということなのかもしれません。
こちらは、STAMの実質コスト年率0.9384%に対してeMAXISは0.77%と、eMAXISの方が実質コストが低いようです。

コストは確実、リターンは不確実です。
低コストなインデックスファンドをうまく活用して、賢く資産運用をしましょう。
関連記事


  





コメント

STAMとeMAXISがしのぎを削っている!

信託報酬は確実、実質コストは不確実ってトコですかね。

中身が分かるって安心感が良いかも

STAMもそうですしeMaxisもそうですが、投資信託はコストの透明性が高いので安心感があります。
ただ、投資信託の中でも見えにくいコストは外国源泉税なので、これはどう判断すべきか?は難しいかも知れません。
少し前まではヘッジファンドなど投資家にはコストやリスクが見えにくく、単にリターンが上がれば良いなんて投資対象がもてはやされましたが、投資信託やETFのように中身が分かる事は投資家にとって理解しやすい商品と言えるかも知れないです。

>虫とり小僧さん

そうですね。
信託報酬は固定ですが、その他費用は毎年変動しますから。
コンマ1%程度の実質コストの違いは決定的ではないのかもしれません。


>タカちゃんさん

数ある金融商品の中でもインデックスファンドの透明性は高い方だと思います。
自分が理解できる範囲のものに投資することが大事だと思います。

ETFでの実質コストの公表を

重要なデータを公表して下さり、有難うございます。大変参考になります。決算書は開示されても、われわれ素人には信託報酬以外の真のコストが分からないようにされているとしか思えない状況にあり、このようなデータを公表してくださって、大変ありがたく思います。
恐縮ですが、海外ものインデックスETF(基準価格)の真のコストも調べて公表していただけないでしょうか? 日本の海外ものETFは先物で運用しているケースが大部分で、実質のコストがどれだけかかっているかに大いに不安があります。
本来なら、運用会社が日々のあるいは月末の基準価格と配当こみインデックス値を並べて表示してくれれば、そのずれから真のコストと運用の巧拙がわかるのですが。(iSHARESではHPからそのようなデータがdownloadできます)

>リージンさん

国内ETFは投資信託と違い、運用報告書が発行されないので、タイムリーに実質コストを把握するのが困難です。
決算短針の損益計算書にそれらしい記述はあるようですが、それを使った正しい実質コストの計算方法がよく分かりません。
ためしに1680の損益計算書を見てみましたが、数字のレベルから見て、信託報酬に対してそんなにおかしな費用にはなっていないように見受けられますが…。

どなたか、お分かりになりませんか?

日興AMに問い合わせました

1681新興国株式ETFの1年間の決算短信が2011/3/4に出ており、それを読んでもロールオーバーコストの情報がどこにあるかわかりませんでした。営業費用という項目がありますが、計算すると資産額に対し0.13%で公示された信託報酬額(0.25%税なし)より低すぎる値となります。

日興AMに電話で問い合わせしたところ、先物ロールオーバー費用は、先物の売買損益と合算されて営業収益のなかに入っているとのこと。今季はINDEXが上昇したので全体でプラスになっている。ロールオーバーコストがどれだけかかったかを切り出してお知らせする予定はない。それを承知で先物運用のETFを利用してください、とのこと。
皆様にお知らせします。

>リージンさん

ご確認ありがとうございます。
先物のロールオーバーコストは、さすがにどの資料にも出ていないでしょう(^^;
1680と1681については、インデックスの騰落率とNAVの騰落率が日次でダウンロードできます。
それで先物のロールオーバーの影響(コンタンゴかバックワーデーションか)が大きい時は、ある程度分かるのではないでしょうか。
http://www.nikkoam.com/products/etf/lineup/msci-ko/data
http://www.nikkoam.com/products/etf/lineup/msci-em/data

※市場価格とNAVの乖離率は、モーニングスターのデータを見るのがいちばんよいかと思います。
http://www.morningstar.co.jp/etf/

インデックスは配当こみであるべき

水瀬さん、おっしゃる様に先物入れ替えでのロールオーバーコストを先物売買損益の中から切り分けることは難しいようです。そこで、連動目標のインデックスから1年間で基準価格がどれだけズレたかをみれば実質コストの見当かつくということですね。しかし、そこには問題があります。日本ではベンチマークが配当なしのインデックス(プライスリターン)であることです。配当分が考慮されないことになることです。iSHARESの米国籍のETFでは1銘柄を除いてすべてでベンチマークが配当こみのインデックス(トータルリターン)になっており、HPで毎日の配当こみINDEXと基準価格、分配金がdownloadできます。これならINDEXと分配金こみ基準価格の推移を見ることで、実質コストと運用の巧拙をそのまま、あからさまに見ることができます。
日本でも配当こみ指数とベンチマークにするよう皆様と運動をしたいですね。(日本ではREIT-ETF、債券ETF、高配当株ETFであっても配当なし指数をベンチマークにしています。運用者に都合が良すぎます。)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

グローバルREITの隠れコストが高い訳

前日の記事でグローバルリートの隠れコストが高い内容を挙げましたが、どうやらその原因が 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーさんの記事にありました。 以下引用 他と比べて意外とコストが高いのが海外...

新興国株式クラス積立て用投信の選択(STAM vs eMAXIS)

先日、STAMインデックスファンドシリーズの最新の運用報告書が公開されました。 ...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)