リスクを「率」で見るか、「額」で見るか?

リスクについて、山崎元氏の興味深いコラムがありましたので紹介します。

楽天証券 山崎元「ホンネの投資教室」
第151回 個人の運用計画は「比率」よりも「金額」が簡単

詳しくは上記コラムをご覧いただきたいのですが、無理やりまとめると、ポートフォリオのリスクを「率」ではなく「額」で把握すると、自分の生活へのインパクトを実感できてよいのではないか、という提案でした。

当ブログでもリスクについては度々取りあげてきました。
リスクを「率」で語る方が比較的多くのかたと話が噛み合いやすいのですが、リスクは「額」で見た方が本人にとってはイメージしやすいようです。

上記コラムでも、例えば100万円運用していたとすると、「期待リターン5%、リスク20%」ということは、1年後の想定最大損失額が-35万円、期待される稼ぎが5万円、ベストの稼ぎが45万円、といった具合に金額で把握した方が分かりやすいのではないかということです。

実際に、他の投資ブログを拝見していると、運用資金が1,000万円を超えたら「率」で見るリスクが自分の損得勘定と感覚があわなくなってきたというかたや、運用資金が3,000万円に達したところで「率」で見るリスクに耐えられなくなり、「額」で見て耐えられるレベルまでリスクを落とされたというかたがおられます。
運用資産の拡大に伴い、自分のリスク許容度が「率」ではなく「額」で縛られているということが分かったという例です。

ちなみに、私も投資を始めた頃は、資産の変動幅について「今日は牛丼○杯分儲かった」とか「○日間タダ働きするくらいの損だ」とか、リスクを自分の給料や小遣いの「額」と結びつけて考えていました。
しかし、運用資産額が大きくなってくるにしたがって、そのあたりの感覚が麻痺してきたのか、あるいは慣れてきたのか知りませんが、「額」はあまり気にならなくなりました。
「○%の利益だからこれは期待どおりだ」とか「○%の損失だからこれはかなり珍しい不運だろう」とか、金額にあまり関係なく淡々と「率」で考えられるようになりました。
これが良いことなのか悪いことなのか分かりませんが。

リスクを「率」で考えられると、資産額に関係なく一貫した運用方針を貫くことができ、資産運用がシンプルになります。
また、自分の運用を、他の投資家の運用や年金等機関投資家の運用と比較することができます。だから、資産額に関係なく、他の人と話が噛み合いやすいし、その運用を参考にすることもできます。

でも、リスクを「率」で考える人は、個人投資家では少数派のようです。
リスクを「額」で見た方が、自分の実感をともなって生活への影響を考えることができ、多くのかたにとって分かりやすく、間違えにくいというのなら、「額」で見るのもアリだと思います。
自分は自分、他人は他人であり、必ずしも他人の運用と比べる必要はないと考えることもできます。

ただ、ひとつ言えることは、「額」と「率」、そのいずれにしても、リスクを「数字」で把握することはとても重要だということです。
リターンの正規分布を前提とするリスク=標準偏差があくまで「目安」でしかないことを考慮に入れても、やはり数字で把握する重要性は変わりません。

「あなたは、何円までの損なら耐えられますか?」
「あるいは、何%までの損なら耐えられますか?」

もし、その質問のどちらにも答えられないとすると、もしかしたらあなたは、自分のリスク許容度を知らずに運用をしているのかもしれません。
例えるなら、スノーボードの滑り方を知らないのにゲレンデの頂上から直滑降しているような状態、あるいは、自分が飲める量を知らずに日本酒を一気飲みしているような状態かもしれません(例えが個人的趣味の範囲で申し訳ない…)。

たとえ今は気分が良くても、後でどうなるか分かったものではありません。
お気をつけを。

関連記事


  





コメント

恐らく額を意識している人が圧倒的に多いような気がします。
その額から率を弾いてポートフォリオを組んでいる。
私の場合 自分が許容出来るのは年間の生活費分のマイナス
程度のため、幸いリーマンショックも経験しているので仮に
再度ああなっても概ね許容出来るような資産配分にしています。

あとは基準を「元本」からなのか「時価(前年比)」からなのか
にもよると思います。(私の場合、こちらは元本にしています)

このテーマ大好物ですw

このテーマについては、論点や変数(各人の性格、刻々と変わる環境や経験、それから本業で稼ぐ能力など)があまりにも多すぎて、記事にするだけでも難しそうですね。それを一つのエントリにまとめてしまうところがさすが水瀬さんだと思います!

個人的には、生活防衛資金を含む無リスク資産とリスク資産などの話題を加えたこの「リスク許容度」のネタだけで、1回分のインデックス投資ナイトのお題にしても良いくらい重要で考察のしがいのあるテーマだと思っています。一般ウケしないでしょうが(苦笑)。

多くのツッコミどころがあることを承知で、リスク許容度というものを一言で表すと「マーケットがどんな状況になっても熟睡できるか?」だと個人的には思っています。もちろん、実際にリスク資産をそれなりに保有している状態でリーマンショックを体験した人と、それをただ想像したことのあるだけの人では、出てくる答えが随分違ってくる可能性がありますが…

そういう意味では、リスク許容度について、自分では分かっているつもりでも実は分かっていない人は案外多いのかもしれません。僕自身にしても、たかだか投資暦5年くらいで、たまたまリーマンショック程度の下落を体験しただけの知ったかぶりの雑魚です。ざっくりと「リスク資産は半分以下なることもある」という前提で、仮にそうなった場合でも耐えられそうな無リスク資産を一定の比率で持つようにしています(※)が、それでも自分は本当にリスク許容度を分かっているのかは怪しいモンです。ただ、水瀬さんがいつも強調している「たとえ目安であっても、リスクを数値で把握することの重要性」が、このような話の土台になることは間違いないと思います。

※無リスク資産は、当然、追加投資≒リバランス用資金にもなります。そこで、その無リスク資産には、○年分の生活費などのような最低絶対額ラインを設定してあり(リーマンショック一発くらいの下げで発動する追加投資額が出ていっても、最低ラインには達しない)、追加投資の際にも弾切れにならないようなルール(1回あたりの投資限度額と、ひと月あたりの投資限度額)を決めているなど、色々と小ざかしく備えています。この方法だと、リスク資産が増大するとともに、無リスク資産も増大するため、運用効率が良いとはいえませんが、自分なりに把握している「熟睡できる」リスク許容度は、こんなところでした。これは、まさに人それぞれだと思います。。


最大損失の「率」とか「額」とか、無リスク資産の「率」とか「額」とか。それへの対策とか、考え方とか。このあたりことについては、投資仲間と語り合うと、色々な価値観や考え方が見えてきたりして大変興味深いテーマだと思っています。んまぁ、このようなコメントを書いていると「自分はなんてマニアックなんだろう」と思ってしまいますが(しかも楽しいw)、そんなことを語り合える仲間がいるだけでも、僕はインデックス投資から十分なリターンを既に得てしまった気もしています。

ふう~、、長文失礼しました!!

数千万円クラスだと判断が難しい

FXや信用取引、リタイヤ寸前の人ならばリスクは「額」で知った方が良い典型例だと思います。
ただ、リタイヤするのに1億円は最低ラインなんて言われているので、3000万円ぐらいの人だと軽く最大損失額が300万円程度にはなり得ます(ポートフォリオによりますが)。
「額」で把握すれば分かりやすいですが、だからと言って数千万円クラスの人が「額」で判断してリスクが高いと判断して期待リターンを下げてしまうと1億円達成が難しくなるかも知れません。
「額」でリスクを判断しても、目標達成の為にリスクを取っているような場合は、簡単にリスクを下げるようなポートフォリオを構築するのは簡単ではなさそうです。

面白いです

いつも有難うございます。

今回の山崎さんの記事・水瀬さんのブログ・皆さまのコメント
本当に興味をそそられます。

自分でも過去に何度も試行錯誤を繰り返してきましたが、やはり難しくもあり、面白くもあるテーマですね。

こんにちは

少し前に「額と率」の話を書きました。
変動額で感じる部分を乗り越えない事には、純粋に率でみることは難しいように思います。
変動率は新規投入によって薄まってしまいますし。

でも、おっしゃるように、最終的には率で見れるようになる方がいいと思います。

冷静に投資と向き合えるようになるには、どちらが自分にとって響くのかが分かれ目かもしれませんね。

なかなか悩ましい問題ですね。

自分も昔は額を見てましたが、最近はもっぱら率しか見てません。額で見るとあまりに乱暴な動きで精神的に参ってしまいます。でも率で見るようになって、あぁこんなもんかと思えるようになったのでこれはこれで良かったかなと思っています。ただ現金化するときは、あくまで額なのでそのときだけは、額で見なければいけないのが残念です。もちろんその時に益があれば全然問題ないのですが。

再エントリーです

率で見ることが出来る方は、かなり投資に冷静に向き合える領域の
人の特権かもしれませんね。

ダイエットを例にたとえると 太り気味の人は「何キロ痩せなさい」
と言われるでしょうが、そうでない人は「あと体脂肪率をX%落とそう」
ということがありますので・・・
全然関係ないですが、似てるような似てないような気がしたの
で再エントリー失礼しました^^;

>宮さん

たしかに、額で把握しているかたの方が多いようですね。
それが分かりやすくて間違えにくいということだと思います。


>虫とり小僧さん

リスク許容度というものを一言で表すと「マーケットがどんな状況になっても熟睡できるか?」というのは言いえて妙!

リスク資産の増加とともに無リスク資産も増やしていくというのは、より安全サイドに立ったいいアイディアだと思います。
私も投資効率よりも精神的安定を取るべきだと思います。


>タカちゃんさん

人にもよると思いますが、運用資産が小さいうちからリスクを額で見ていると、数千万円の資産はとても運用できないのではないかと思います。
でも、そこがリスク許容度なのだから、それ以上の額の運用は望めなくても仕方がないということかもしれません。
ツイッターで、「個人投資家にとって、額で見るリスクこそラスボスだ」というご意見をいただき、なるほどそうかもしれないなと思いました。


>かずちんさん

興味深いですね。
私もとても勉強になっております。


>うさみみさん

率でも額でも、どちらが正しいということはないと思います。
大事なことは自分にとってのリスク許容度をちゃんと理解しておくということです。
うさみみさんが仰るとおり、どちらが自分にとって響くのかが分かれ目なのでしょうね。

額で見ていると、資産額が増えるほどに効率は悪くなるのかなとも思いましたが、日々不安を抱えるよりは額で見たほうが安心ですかね。

自分は出来るだけドライに見たいかな、と思っているのですが、額が増えると怖くなるかも知れないです。

リスクの許容って虫取り小僧さんもおっしゃっていますが、個人の思っているものと本当の許容額ってマッチしているか微妙ですね...いざ暴落が起こったら真っ青になりそうです (-。-;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)