アクティブファンドの期待リターンとリスクはどうやって知るの?

インデックス投資の利点のひとつとして、ポートフォリオに組み入れる各アセットのデータが簡単に手に入るということがあります。

アセットアロケーションを考える時、大雑把に言えば、各アセットクラスのインデックスそのものの期待リターンやリスクのデータがそのまま計算に使えます(厳密には、期待リターンから信託報酬等のコストを引く必要はありますが)。
では、アクティブファンドの場合はどうなるのでしょうか?

アクティブファンドはベンチマークを上回るよう運用されることが多いので、ベンチマークのインデックスそのもののデータを使うことは不適当です。
最近はベンチマークを設定しないアクティブファンドも多いですから、ますます何の数字を使ってアセットアロケーションを組めばよいのやら、よく分かりません。

自分の場合はどうやってアクティブファンドの期待リターンとリスクを把握しているかというと……

まずリスク。
私の拙い知識では、個人投資家の場合、アクティブファンドのリスクは過去の基準価額のデータを取得して自分でエクセル等で標準偏差を計算するか、モーニングスターのデータを使うかのどちらかです。
モーニングスターでは、各ファンドの過去1年、3年、5年、10年の期間における、それぞれの年率の標準偏差が数値で出ています。

例えば、私が保有しているアクティブファンド「DIAM 中国関連株オープン」の場合は、以下のとおり。

モーニングスター
DIAM 中国関連株オープン レーティング&リスク

これによるとリスク(標準偏差)は、1年では16.73%、3年では年率31.73%、5年では年率34.72%となっています。
リスク高ぇ!!ということが分かります。
どの期間のリスクを採用するかは、人によって考え方が違うと思いますので、ご自身でお考えください。

次に、期待リターン。これが悩ましい。
期待リターンは、リスクのように過去のデータから機械的に計算することができません。
私は、インデックスと同等くらいの期待リターンにしておくのが無難だと考えています
実際、インデックスを上回るアクティブファンドは少数ですし。

「いやいや、わざわざクティブファンドに投資してアップショットを狙っているのだからそれを反映しないと!」と思うかたもいらっしゃるかもしれません。
ごもっともです。でも、自分としてはこう考えることにしています。

『アクティブファンドはベンチマークを上回ることを目指しているのだから、インデックスよりリスク(標準偏差)が高いことが多いだろう。だから、アップショットの分は期待リターンではなく、高いリスクで反映させたと考える』

ご存知のように、リスク(標準偏差)は、下方向だけでなく上方向にも同じように広がっているからです。
(ご注意:インデックスよりリスクが低いアクティブファンドもあるので全てのアクティブファンドに当てはまるわけではありません)

昔読んだ「【新版】内藤忍の資産設計塾─あなたとお金を結び人生の目標をかなえる法」(内藤忍著)では、たしか日本株式クラスと外国株式クラスのアクティブファンドのインデックス超過リターンをそれぞれ+3.0%と置いていました。
当時は、「へぇーそういうものなのか」と納得していましたが、いろいろ勉強しているうちに、アクティブファンドにそんな超過リターンは期待できないと考えるようになり、今では上記のような考え方に思い至っております。

これは、あくまで個人的な考え方です。適切かどうか分かりません。
投信ブロガーの中にも、直販投信をはじめとしたアクティブファンドを日本株式クラスの中心に据えているかたが結構いらっしゃいます。
いったいどうやって、期待リターンとリスクを把握されているのでしょうか?
今度、何かの集まりで聞いてみようかな。
関連記事


  





コメント

アクティブファンドの期待リターンとリスクについて

私は、ひふみ投信と鎌倉投信を保有しています。
両方ともベンチマークは設定してませんが、私は勝手にTOPIXをベンチマークに設定して、超過リターンとトラッキングエラーを計算してます。そのデータと自分のリスク拒否度からアクティブファンドとインデックスファンドの比率を「えいやっ」で決めてます。
アセットアロケーションの計算に関しては、TOPIXのデータを使って日本株式の比率を決めて、その中でのアクティブファンドとインデックスファンドの比率を検討する流れです。

非常に悩んでいる問題です。
僕もみなさんの意見が非常に気になります。

僕の場合は、個別株も入っていますし、売買もしますので算出不可能になっています...。
ただ資産配分の分析には、インデックスのリターンとリスクを使っています(目安ということで割り切っています)。

あとは、MonexVISIONのさらなる進化に期待ですかね。要望は出させて頂きました(笑)

リターンは難しいですね。
同じアセットでも、Buy & Holdを基本とするファンドとロングショート戦術やデイトレを基本とするファンドの場合は明確に期待リターンが変わり・・・
投資方針を考慮した上で、そのアセットの期待リターンを使うというのが妥当そうには見えますが、投資比率さえ固定されていないようなファンドの場合は難しいです。

日本株投信については今年からインデックスへの投資をやめ、「鎌倉投信」、「ひふみ投信」、「コモンズ投信」をはじめました。

日本株については、「人」、「投資先銘柄」、「ファンドの運用方針」に対して投資する事にし、リスクやリターンはあまり気にしない事にしています。

日本株資産クラス単体での期待リターンやリスクは気にしておりませんが、資産クラス全体(外国株、新興国株、外国債、日本株)で5~6%(税引前)の運用を目指しています。(そういう思いで資産配分を行っております。数字では計れない独自の根拠です。)

リスクについては一時的に20~30%の上下動は見込んでおりますが、長期での投資のため、あまり関心はありません。(一時的にどれだけ減っても絶対にやめませんし)

72の法則より、約14年後に2倍になればうれしいです(いや、そうなると信じています^^)。

総括ですが、

私の場合、直販=アクティブと言う目線では無く、直販=わくわく感、共感、思い、モチベーションなどで投資しており、もはや趣味の領域かも知れません^^;。

>つばささん

TOPIXのデータで代用ということですね。
よほどエッジの立った投信でなければ、それが現実的かなと思います。


>かえるさん

やはり、インデックスのデータで代用ということですね。
それが現実的だと思います。

マネックスビジョンは、たしかリターン・リスクのグラフは出ても値が出ないんですよね(β版しか触っていないので今は違うかも)。


>吊られた男さん

エッジの立ったアグレッシブなアクティブファンドの場合、インデックスで代用していると、大怪我をする危険はありますね。

他にも、個別株投資のショートも併用しているという投資家さんがいて、期待リターンもリスクも考えていない、というお話を聞いたとこがあります。
ショート系の運用を採用しているかたは、どうやってリスクコントロールしているのか興味があります。


>koutan_yzpさん

突っ込みどころが多過ぎますが、人様の運用にケチをつけたくないので、ノーコメントとさせていただきます(^^;

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)