「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」6月分の投資を実行

水瀬ケンイチ

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」6月分の投資を、本日6月24日に行ないました。
(ご参考)ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

ここのところ、世界的に株価が不調気味です。
ということで、いつもよりやや早めに投資してみました。
今月は、まあまあ良いところで買えたような気がします。
(まだ1週間ありますので今のところですが)

積み立て投資信託は、以下の4本です。



CMAM 日本株式インデックスe
CMAM 外国株式インデックスe
eMAXIS 新興国株式インデックス
※上記ファンドは、投資額が積み上がった段階で、適宜、更に低コストの海外ETF、「Vanguard Total Stock Market ETF」(VTI)、「iShares MSCI EAFE Index Fund」(EFA)、「Vanguard Emerging Markets ETF」(VWO)へ乗り換えます。(最近ごぶさたですが)
MHAMのMMF

ETFへの乗り換えといえば、なぜか3か月に一度くらいのペースで定期的にいただく、リレー投資に関する不思議な質問があります。
それは、
「リレー投資をしたら、せっかく積み立てたドルコスト平均法の効果がなくなってしまうのではないですか?」
というもの。

はい???

初心者さんの質問というのは、たいてい共感できるものが多いものです。
なぜなら、誰だって最初は初心者だった時代があり、多くの質問が、以前は自分も疑問だったことだからです。
でも、この質問は、何故そこが疑問なのかがまったく分かりません。

リレー投資は、ドルコスト平均法で積み立てたインデックスファンドを売却して、同じ価格でETFを買いなおすというだけの、シンプルなお話のはずです。
おおまかに言って、リレー投資した瞬間には損得はありません。
長い期間保有しているうちに、ETFとインデックスファンドの信託報酬の差分が、だんだん自分のパフォーマンスを上げていくというものです。
(厳密には、リレー投資時の損益状況により、税金面で多少投資効率が落ちる場合もありますが、それはドルコスト平均法の効果とは関係がありません)

う~む。
何が分からないのかが分からないです…。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。

<ご参考>
上記商品は、全て楽天証券で購入しています。(会社名をクリックすると口座開設できます)
楽天証券
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ