何故、リレー投資によってドルコスト平均法の効果がなくなると思ってしまうのか?

前回の記事、『「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」6月分の投資を実行』のなかで小話的に、何故か定期的に寄せられるリレー投資に関する「不思議な質問」について取り上げました。
すると、予想外に「私もそう思っている(思っていた)」というご意見が多く寄せられました。

その質問とは、「リレー投資をしたら、せっかく積み立てたドルコスト平均法の効果がなくなってしまうのではないですか?」というもの。
返答としては、「そんなことはありません」であり、コメントへのレスではその理由を詳しく説明しました。
幸い、大方のかたにはご理解いただけたようで、よかったです。

でも、自分としては、何故そこを疑問に思うのかが相変わらず理解できないままでいました。
しかし、読者の方々から寄せられた多くのコメントを見ているうちに、理由が分かってきたような気がしました。
その理由とは……

「証券会社のポートフォリオ管理画面に表示されている損益状態(プラス○%、マイナス○%)でしか、自分の運用損益を把握していない人が多くいるからではないか」

というものです。

ちょっと昔話をしていいですか。
私は、最初からインデックス投資家だったわけではなく、もう10年以上前になりますが、日本の個別株をデイトレードしたりスイングトレードしたりしていた時期があります。

その時は、頻繁に株式を売買を繰り返していたので、証券会社のポートフォリオ管理画面の損益状態など、その時点でのスナップショットに過ぎず、あまり重視していませんでした。ポートフォリオ管理画面の銘柄なんて日々どんどん入れ替わっていましたし。
そんなものより重視していたのは、自分が証券会社に入金した額(投資額)に対して、証券口座全体(待機資金のMRFも含む)の合計額が、プラスになっているかどうかであり、そこだけが運用の成否を示していました。

一方で、投資経験の最初からインデックス投資(積み立て投資)をしている方々は、ファンドを積み立てる経験はあっても、売却するという経験がないかたがいてもおかしくありません。
(誤解のないよう申しあげておきますが、これは全然悪いことではありません。むしろバイ&ホールドを貫いていて素晴らしいと思います)

そういう方々は、証券口座のポートフォリオ管理画面の損益が、自分の運用損益と完全一致している状態であるはずです
だから、自分の損益状況は、ポートフォリオ管理画面を見るだけで、事足りていたのだと思われます。

いざ、リレー投資で、インデックスファンドを売却してETFを購入した場合、たとえそれが等価な商品への乗り換えであったとしても、証券口座のポートフォリオ管理画面上の損益は、「プラスマイナス0」に戻ってしまいます。
売買を経験している人たちのように、証券会社に入金した額(投資額)と証券口座全体(MRFも含む)の合計額と比べるという作業をすれば、リレー投資後の利益(損失)は変わらないということは、自然に理解できるはずです。

しかしながら、今まで積み立てしかしていない方々は、ポートフォリオ管理画面でしか運用損益状況を見てこなかったので、そこで混乱して、せっかく出ていた利益がなくなってしまうような錯覚にとらわれてしまうのではないか。
それが、「せっかく積み立ててきたドルコスト平均法の効果がなくなってしまう」と勘違いしてしまう理由なのではないかという仮説です。

これは私にとって盲点でした。
前回のブログ記事に対していただいたコメントなかで、虫取り小僧さんからいただいたコメントを見て、ハッとさせられました。
これは、自分のような紆余曲折を経てインデックス投資にたどり着いた「雑食」インデックス投資家よりも、「純粋」なインデックス投資家ほど勘違いしやすいという罠と言えそうです。
自分の経験を中心に考えるあまり、人によって運用損益状況の確認方法が違う(かもしれない)ということに、思い至らなかったことが、恥ずかしいです。

今日のブログ記事が、「リレー投資によってドルコスト平均法の効果がなくなるということはない」という理解の一助になれば幸いです。

P.S
本記事の解釈は、あくまでひとつの仮説であり、すべてのかたがこの理由によって「リレー投資によってドルコスト平均法の効果がなくなる」と勘違いしていると決め付けているわけではありません。勘違いの要因として大きそうだと推測しているというだけであります。
関連記事


  





コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ドルコスト平均法の効果が無くなる事は無いのはその通りですが、源資産と乖離の無い投信と違い、ETFは源資産との乖離0で購入する事はほぼ不可能なので、リレーによる損得は必ず存在しますね。
また、投信とETFの源資産が全く同じものは存在しないので、その点でもリターンの差が発生すると思います。

別の774さん

あなたは、一個前の記事のコメントでも同じような話をしていましたが、話の本筋とは関係ない末節部分に、いつまで粘着しているのですか?

元々の質問者の方々が、ETFのNAVと市場価格の乖離率を見た投資判断によりリレー投資を躊躇っているレベルだと思っているんですか?
その前段の、前段の、更に前段で、疑問を抱いて悩んでいる人たちです。
そんな彼らに対するブログ主の分かりやすい解説に対して、末節へのツッコミで邪魔しないであげてください。
これでは、元々の質問者の方々が余計に混乱してしまいます。

そもそも、ETFのNAVと市場価格の乖離問題は、「リレー投資をしたら、せっかく積み立てたドルコスト平均法の効果がなくなってしまうのでは?」という論点と何ら関係ない別の事象です。

また、あなたも勘違いしていますが、インデックスファンドには基準価額と市場価格の乖離はありませんが、指数との基準価額の乖離は結構なレベルで存在します。STAMでもeMAXISでもいいので、インデックスファンドの運用報告書を見てください。

中途半端な知識で末節に粘着するのはやめましょう。
大切なのは、論点の本質です。

ブログ記事へのエキストラ参加、大変光栄です。
どうもありがとうございましたm(_ _)m

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

774さんへ

>あなたは、一個前の記事のコメントでも同じような話をしていましたが、話の本筋とは関係ない末節部分に、いつまで粘着しているのですか?

>そもそも、ETFのNAVと市場価格の乖離問題は、「リレー投資をしたら、せっかく積み立てたドルコスト平均法の効果がなくなってしまうのでは?」という論点と何ら関係ない別の事象です。

たった2回のコメントで粘着と言われるのですか?。
それに、元の質問の、「リレー投資をしたら、せっかく積み立てたドルコスト平均法の効果がなくなってしまうのではないですか?」に対して、私はドルコスト平均法の効果が無くなる事は無いと言ってます。

>また、あなたも勘違いしていますが、インデックスファンドには基準価額と市場価格の乖離はありませんが、指数との基準価額の乖離は結構なレベルで存在します。

勘違いですかね?。
指数と投信の基準価格の乖離は問題では無く、あって当然です。
投信からETFだけではなく、どんな投資商品でも乗り換える時の乖離の差を問題にしています。
それを損得と言わずに何と言うのでしょうか?。
1年で0.数%の信託報酬など費用の差に対して、乖離の差は無視できない大きさだと思います。
だから損得は無いと言うのは、アバウト過ぎると言っているだけです。
どちらが勘違いしてるんでしょうね?。

あなたも、この投稿に返信したら粘着と言っていいんですねw。

自分にとって価値あるブログだと思ったら、そこでの発言については、丁寧かつ慎重に、そして多くの閲覧者の共感と賛同を得られるような意見交換にすべきだと思いますがどうでしょう。

どちらからであったか忘れましたが、阿呆よばわりされたWATANKOより一言

違うことかもしれませんが、達観した運用上位者は時価で判断出来る
のだと思います。含み益(損)が消えてリセットされるような受け取り
方をするから誤解があるのかもしれませんね。

あとはリレーの損得とドルコスト効果の有無は別物かと。もちろん、
ドルコストが万能なわけもですけど^^;

私は、ドルコストで積立たものがリレーしても「それまで」の
ドルコスト平均法での積立効果をそのままETFで享受してると理解です。

同じところで躓く方がいらっしゃったのですね

勘違いが解消されました

水瀬さんのブログは、いつも非常に勉強になります

(一括)リレー投資をしたら、せっかく積み立てたドルコスト平均法の効果がなくなってしまうというよりも、もっとお得なリレーがあると考えているのではないでしょうか? 上昇局面ならリレーでなく余裕資金でタイムラグないよう購入するとか、逆ならちょっと待ってみるとか?

リレー投資について

いつも楽しく読まさせている49歳の投資初心者です。リレー投資について以下が疑問です。
海外ETFを買うとなると円をドルに変える行為が必要であり、為替リスクが気になります。つまりいつドルに変えるのが良いか?等
また海外ETFも値動きが激しいのでいつ買うかというのは気になります。

リレー投資の課税関係について

水無瀬さん

いつも参考にさせて頂きましてありがとうございます。
インデックス投資そのものはするもののリレー投資が良くわからず躊躇っている者です。

リレー投資の課税関係についての疑問なんですが
リレー投資のタイミングで益が出ていれば今なら益に対して
10%が課税されることになり、将来いつかの利益が出ている時点で売却した際にXX%で課税されるか、今10%で課税されるかの違いだとは思うのですが、同タイミングで損が出ていたとして
15年後に(乗り換えた)ETFに益が出て売却した際には、リレー投資時の売却損を損益通算することができず、リレー投資は乗り換えのタイミングで収益がでている時限定の手法だと感じるのですが、この理解は間違っているのでしょうか?


議論が白熱していますが、リレー投資の損益の考え方が本筋と思い、「ほったらかし投資術」P128 を読み返しました。

リレー投資に関する利益計算は R731 さんの見解が正解と思えます。同じ銘柄を同じ価格で乗り換えても、その時点で損益は確定します。
だから、益なら納税を損なら切り捨てか確定申告に依る繰越でそれまでの(ドルコストによる分散であろうとなかろうと)含み損益は一旦なくなり、次の取引には引き継がれません。

リレー後は、リレー時点の取得価格による新たな取引開始として損益計算が始まります。リレーされた銘柄を売却する時点でこの取引の損益が確定します。売却するまでの含み(評価)損益と売却による確定損益とは厳密に区分しておく必要があります。

リレー前の取引の損益とリレー後の取引の損益は税金面ではまったく別取引の結果ですが、前後の合計値で判断・評価するのはトレーダーの気分の問題でしょう。いずれにせよ、自分の取引を自分で損益計算ができるようになるのが投資の第一歩だと自戒しています。

もし、理解が間違いでしたらご指摘いただけるとありがたいです。

ずっと以前に、投資とは無関係の話題の際に、一度だけ投稿させていただきましたが、投資の話題としては初めて投稿させていただきます。
初心者ですが、よろしくお願いいたします。

R731さん、

>リレー投資は乗り換えのタイミングで収益がでている時限定の手法だと感じるのですが、この理解は間違っているのでしょうか?

私も全く同じことで悩んだことがあり、R731さんと同様に考えていますが、自分的には以下の2つの例外があるように思っています。

1)同課税年度に利益を確定する投資が他にあり、リレー投資による損失確定が、現時点において税金減額に役立っている場合。理論的には、リレー後の将来の利益確定時の課税と相殺されるはずと思います。

2)そもそも、リレー投資をするのは、リレー後の商品の方が魅力的だからであり、何かしら良い点があるはずですので、そのメリットと乗り換えに伴う税金面でのデメリットのネットがプラスであれば、リレー前投資が損失の場合でも、リレー投資の意味はあるかと思います。例えば、リレー前後での信託報酬等の費用の差の今後数年間の累計が、リレー前投資の損失確定と将来の利益確定時の税金面での損を上回る場合などです。

素人考えかもしれませんので、勘違いがある場合は、ご容赦ください。

>別の774さん、774さん、WATANKOさん

まあまあ、その辺にしておいてください。


>虫とり小僧さん

なに言ってるんですか、エキストラじゃないです。
重要参考人…じゃなかった重要登場人物ですよ!


>宮さん

そういうことだと思います。


>しゃかりきさん

定期的に同じような質問が来るので、分かりにくい部分だったのでしょうね。
しゃかりきさんの何かのお役に立ったのであれば幸いです。


>franc_papaさん、R731さん、超ビギナーさん、BISON26さん

そのお話は、前回の記事とコメントで解決済みという認識です。
よろしければご覧ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1757.html


>エアロスミスさん

そのご質問は、「為替で儲かるタイミングはいつか?また、株で儲かるタイミングはいつか?」という質問とほぼ同意です。
そんなことは誰にも分からないとしか言いようがありません…(^^;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)