ネット証券4社共同プログラム『資産倍増プロジェクト』への落胆と期待

ネット証券4社共同プログラム『資産倍増プロジェクト』に対する評価がガタガタのようです。

基本的な理念はよかったと思います。
資産倍増プロジェクト公式サイトにはこうあります。

資産倍増プロジェクトとは?
1960年に池田内閣が立ち上げた「所得倍増計画」は、10年間で国民所得を倍増させることを目標に掲げ、さまざまな政策によって当時の高度経済成長を実現させました。所得水準が伸び悩む現在、お客様の資産形成を全力で支援していくことが証券会社の果たすべき役割だと考え、今回、投資信託を取扱うネット証券4社が集まりました。このネット証券4社は、お客様の資産倍増を目指し、今後共同でさまざまなプログラムを実施してまいります。この企業の枠組みを超えた「資産倍増プロジェクト」に、ぜひご期待ください!


なかなか良いことが書いてあります。
大いに期待した個人投資家も多かったのではないでしょうか。

私は今年の3月に当ブログで「ネット証券4社共同プログラム『資産倍増プロジェクト』に求めたいこと」という記事を書き、その中で「資産形成層に向けた正しい知識を広めてほしい」という要望を表明していました。
具体的には、コスト、分散、リスク、シンプル、税金という資産運用の基本的要素について、ネット証券4社をあげて啓発してほしいと書きました。(別にインデックスファンドだけにしろとは言ってませんよ^^;)
まぁ個人ブログの意見など関係者は誰も見ていないかもしれませんし、これも世の中に数ある資産運用の考え方のひとつに過ぎません。でも、それでもいいと思って書きました。

予定されていた大規模イベントは東日本大震災の影響で中止になってしまいましたが、資産倍増プロジェクト専用投信が次々と発表されはじめました。

第1弾の投信、「日本応援株ファンド(日本株)」はなかなか良い商品だと思いました。
日本株のアクティブファンドで、販売手数料はなし(ノーロード)で信託報酬は年率1.05%とアクティブファンドとしては低く、しかも2年間は年率0.46%を東日本大震災復興のために寄付するといいます。

ところが、第2弾あたりから雲行きが怪しくなってきます。
「新興国中小型株ファンド」。
その名のとおり新興国の中小型株アクティブファンドです。
新興国&中小型株という超ハイリスク分野にいきなり飛び込んできた感じがしました。
販売手数料はなし(ノーロード)ですが、信託報酬は年率1.995%と「高っ!」と言わざるを得ません。
この辺で、「資産倍増プロジェクトって、投資家じゃなくてネット証券の資産倍増プロジェクトなのでは?」という揶揄をネット上でちらほら見かけるようになってきました。

とはいえ、新興国の成長には期待が高まっているし、投資家側がハイリスクであることと高コストであることを承知したうえで更なるパフォーマンス向上を狙い、リスク許容度の範囲内で投資するにはアリなのかなとは思いました。
でも、果たしてこれが、資産倍増プロジェクトの理念に沿ったものなのかどうか、少し疑問を持ち始めました。

そして、第3弾です。
「ネット証券専用ファンドシリーズ 新興市場日本株 レアル型」。
信託報酬は年率1.657%と、日本株式のアクティブファンドとしてはやや高い部類です。
日本の新興市場株式のアクティブファンドなのですが、毎月分配型&レアルヘッジ&ファンドオブファンズというコンボできました。
投資対象が国内資産なのに、わざわざブラジルレアルでヘッジするという珍妙な仕上がりです。

これは、私がブログ記事「ネット証券4社共同プログラム『資産倍増プロジェクト』に求めたいこと」の中で求めていた、コスト(アクティブファンドとしても信託報酬がやや高い部類)、分散(投資対象が一国の新興市場とニッチ)、リスク(日本の新興市場は資産形成層のコアになりうる信頼性があるのか?)、シンプル(なぜ日本株投信にファンドオブファンズ?なぜ国内資産を外貨でヘッジ?)、税金(毎月分配は頻繁な課税により投資効率が悪い)という基本的要素のすべてで落第と言えると思います。

同記事の中で、「ネット証券の販売シェアを30%にあげるのに手っ取り早いのは、今、大手証券や銀行が売りまくっている「毎月分配型」や「通貨選択型」の投資信託を少しコストを下げて、ネット証券で売るというようなことではないかと思います(やめてくださいね)」とも書きました。
思いっきり該当していて、なんだか悲しくなりました。

「お客様の資産形成を全力で支援していくことが証券会社の果たすべき役割」と言ってたのに、毎月分配型や通貨選択型は、現在、主に資産形成を終えた高齢者層に受けている商品です(これも良いことなのか微妙ですが)。
でも、まぁ、販売側からしたら、どんなに立派な理念を掲げていても売れなきゃしょうがないわけだし、実際売れるかもしれないし、対面販売で今売れているものをマーケティングして新規設定したらこうなったというだけのことなんだろうなぁ……_| ̄|○

などと凹んでいたら、rennyさんのブログにびっくりするようなことが書いてありました。
rennyの備忘録
「ネット証券専用ファンドシリーズ 新興市場日本株 レアル型」は醜悪そのもの

特筆すべきは、そのコメント欄に、資産倍増プロジェクト公式サイトのインタビュー記事に出演していたカン・チュンド氏と竹川美奈子氏がそれぞれこう書かれていたことです。

カン・チュンド氏
「すっごく残念です..。なにか新しいことが始まる期待でわたしの胸は膨らんでいたのですが、急激に萎んでしまいました..。4社共同の難しさが露呈してしまった格好です。未来にチャレンジするよりも、(安全パイな)現実に逃げてしまった感があります..。」

竹川美奈子氏
「私もカンさんと同じです・・・。正直、落ち込んでます・・・。
と同時に、今回のことで「自分で調べて行動する個人投資家が増えていく」ことの大切さを改めて実感しています。今まで以上に頑張らなくてはいけませんね-。」


自プロジェクトの広告塔にこんなコメントさせるような商品を出して、これからいったいどうするのでしょうか。

もっとも、ネット証券4社共同プログラム『資産倍増プロジェクト』の活動は、専用投信の新規設定だけではないようです。
専用投信設定ではいまいち調整がうまくいかなかったかもしれないが、別のプログラムではなにか良いことをしてくれるのではないか?
そんな(淡い)期待を持って、これからの活動も注視しようと思っています。
関連記事


  





コメント

現時点では残念すぎますね

私もこちらにコメントを当初させて頂きましたが、最初から
「ネット証券の資産倍増では?」と^^;半分冗談の期待
していた面もあり、そんな感じで残念ですわ><
(めずらしく、あのな・・・お前ら・・・とちょっと怒りというか
憤りが・・・)
ネット証券ならではの他社にはない、ローコストで長期投資という
コンセプトがあるようですが、私自身 他の方に推奨出来る商品では
ないです。
まだ個人投資家に近い方と思ってる(錯覚ですね)ネット証券が
ここまでズレがあるのかと落胆も大きいです(というかeMAXISとSTAMで十分)
これ以上書くと数倍になってしまうのでもうやめにしますがw
内容によっては購入予定だったボーナス資金は「個人向け国債変動
10年」を買いました(こちらのほうが魅力あるという判断)

第3弾は酷い!

既にブラジルレアルがバブル状態になっているのは誰が見ても分かる事実ですが、日本株に対してブラジルレアルでヘッジする事は全通貨に対して円高になると株価とレアルが下がるのでダブルパンチですね。
実質実効為替レートでレアルを確認すると1994年以来、過去最大級のレアル高の状態です。
豪ドルもバブル状態だと言えますが、レアルはそれ以上に凄い状態です。
こんな危険なファンドのどこが『資産倍増プロジェクト』なんじゃいと言いたいです。

第2弾のファンドですが、「新興国+小型株」の組み合わせはリスクの高さはどの程度なのかのデータを見ないと怖くて投資ができません。
既に小型株はVB、VSSで投資ができるのでバリュー株インデックスが先だろ!って言いたいですが・・・

流石にこのプロジェクトには呆れています。

過度の期待をしすぎでは?

元々が、銀行や証券会社の窓口で投信を買っている顧客をターゲットにして売り上げを伸ばすのが目的の企画ですよね?
ネット証券でインデックスを積み立てている顧客は最初から対象外じゃないでしょうか。
小洒落たカフェで焼酎の梅割りがないと言ってるようなものかと。

>宮さん

宮さんは「先見の明あり」ですね。
そうなってほしくはありませんでしたが…(^^;


>タカちゃんさん

運用会社はその辺のリスクを認識しているからこそ、この信託期間なのかもしれませんね。


>HTさん

このプロジェクトが「小洒落たカフェ」であるかどうかは甚だ疑問ですが、たしかに事前に期待しすぎていたかもしれません。
これからは薄ーく淡ーく期待したいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

2011年4-6月のアクセスランキング(PVによる)

JUGEMテーマ:インターネット -----------------------------------------------------当ブログにはじめてお越しの方、お時間が許せばご覧下さい。(長文です)当ブログにはじめてお越しの方へ (2010年10月)-----------------------------------------------------四...

資産(1/2)倍増プロジェクトのご案内〜承前〜

  きっと何者にもなれない皆様、運動の秋、いかがお過ごしでしょうか?モ人SYO−GOです。高負荷シューズを購入して「歩いているだけで痩せる!」的な生活をしているので...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)