「いつかは経済自由人!」第6回は債券投資における珍しい指摘が!

日経電子版で田村正之氏が執筆しているコラム「いつかは経済自由人!」の第6回目が掲載されていました。

日経電子版 > マネー > コラム いつかは経済自由人!
日本国債の下落不安 リスク減らす投資術 (2011/6/28)
(大人の事情で直リンクができません。申し訳ありませんが上記リンクを辿ってください^^;)

詳しくは上記コラムをご覧いただきたいのですが、今回は債券投資について書かれています。
債券投資といえば、「金利が上がると債券価格は下がり、金利が下がると債券価格は上がる」「デュレーションが長いと金利変動の影響が大きくなる」「株式との相関が低く分散効果が得られる」あたりがよく言われている話だと思います。

でも、今回のコラムでは、ラダー型ポートフォリオ(組み入れ債券の投資金額が償還までの年数(1~10年)ごとに同じ金額になるようにする手法)を組めば、「金利が上がって一時的に債券価格が下がっても、長い時間をかければ上がった金利によるインカム収入が効いてきてポートフォリオはプラスに転じる」という面に着目した、珍しい記事だと思います。

この話の肝は、「途中では価格が変動しても、満期には額面の金額が戻ってくるという債券ならではの仕組みが背景にある。株価がいつ戻るか分からない株式との違いだ。債券には、残存期間が短くなると価格が上がるっていう『ロールダウン効果』もある」という部分にあると思います。
あまり語られることはありませんが、特に「生債券」が持つ大きな特長だと思っています。

また、日本国債の「暴落」についてよく話題になりますが、筆者は「国債を巡っては、そういう『暴落があるかないか』というシロかクロかの議論が多すぎる」と断じています。
たしかに、「日本国債はいずれ暴落する」という話はよく聞きますが、「いつ頃に何%の確率で起こり得る」という「程度問題」として語られることは少ない気がします。

ちなみに、私個人はどう考えているのかというと、日本債券クラスの投資商品として「個人向け国債 変動10」と「MHAMのMMF」という変動金利債と超短期債の商品にしているということから、汲み取っていただければ幸いです。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。
関連記事


  





コメント

ラダー取引やってます!!

14種類の米国ゼロクーポン債でラダー取引やってます。
米国ゼロクーポン債だと、年限が異なる債券が簡単に手に入るので便利です。
でも、単調で根気がいるんですよね。
2010年の満期償還金は2024年満期の債券購入に踏み切りましたが、2011年満期償還金は、米国の低金利が気になって2025年満期の債券購入に踏み切れません。

「資産運用で重要な役割を果たしてきた日本国債を、まるっきり排除するのはもったいない」は理解しますが『日本も暴落やデフォルトという極端な現象が万一起きるとしてもだいぶ先だし、その前には、海外投資家の保有比率がいったん高まるという明確なサインが出る』というのは理解できませんね。サインが出た頃には暴落しているというのが相場の常です。

>蓄財王さん

>>14種類の米国ゼロクーポン債でラダー取引やってます

すごいですね!
単調なのはむしろいいことだと思いますよ。
頑張ってください。


>kackyさん

たしかに。
平時にはみんなが「自分はバブルなんて避けられる」と思っているけど、実際はほとんどの人が巻き込まれるのと一緒かもしれません。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)