購買力平価が私に与えた影響

水瀬ケンイチ

今朝の日経新聞に、為替についての良記事発見。

【日経新聞2011年7月4日朝刊17面より引用】
長期の外貨投資 「購買力平価」軸に
円が1ドル=80円前後と高値圏にある。「国力」が衰えているといわれる中で、なぜ円は長期的に上昇し続けてきたのか。「購買力平価」という考え方を視野に入れておくと、為替の長期的な値動きの背景がわかり、外貨投資の失敗を減らせる可能性がある。
【引用おわり】

当ブログでも何度も取り上げている、購買力平価のことが書いてあります。
大事なことは何度でも書きますが、購買力平価とは、「為替レートは2つの国の通貨の購買力(モノを買える価値)が同じようになるように決まるという考え方」です。
<関連記事>
2010/05/24 購買力平価は大正初期から成り立っていた

だから、

インフレ率の高い国の通貨は長期的には価値が下がる →多くの新興国など
インフレ率の低い国の通貨は長期的には価値が上がる →まさに日本

となります。
何度でも頭に叩き込んでいいくらい重要なことです。

日経記事によると、プロの間では「長期では為替は購買力平価を軸に動く」(大和総研熊谷亮丸チーフエコノミスト)は常識ですとのこと。「為替はモノとモノの交換価値なので、長期では当然インフレ率の差で決まる」(JPモルガン・チェース銀行の佐々木融・債券為替調査部長)とも。

購買力平価の考え方がわかると、「高金利通貨が得というわけではない」ということが理解できます。
私の拙い経験でも、高金利通貨は「じりじりと値を上げてある日突然ドスンと落ちる」(そしてロングしているFX投資家のおはぎゃああという叫びが…)を繰り返しているように見えます。

ちなみに、いま世界の消費者物価指数がどうなっているのか、わかりやすくまとめてくれているサイトがあったのでご紹介します。日本は対象国181か国中、堂々の179位です。これを見ると、昨今の円高はさもありなんという感じはします。

世界経済のネタ帳
世界の消費者物価指数ランキング




しかしながら一方で、購買力平価は短期~中期では、為替予測に役に立たないとも言われています。
たしかに今まで、ドル円で見ても、購買力平価に対してちょくちょく円高にも円安にもオーバーシュートしてきました。ユーロ円にいたっては、もっとダイナミックに数年単位で購買力平価から乖離しています。

だから、私は購買力平価を「為替動向の予測」に使うのではなく、自分の「資産運用の基本的考え方」に使うことにしました。
<関連記事>
2011/01/02 2011年の投資戦略、若干の修正

今日の日経記事にも、上記関連記事(2010/05/24)にも出ているグラフですが、過去30年の日本債券と外国債券の総合リターンはほぼ同じになっています。
購買力平価の考え方から、「日本債券と外国債券の期待リターンは同じ」という考え方に賛同し、期待リターンは日本債券と同じなのにリスクは高いという外国債券クラスの縮小(もしくは撤退)に向けて、少しずつアセットアロケーションを見直し中です。

この考え方を他人に押し付ける気はありません。
自分はこうしている、というだけです。
実際、私は資産運用を始めた10年くらい前に、米国ITバブル崩壊で日米の株価が暴落する中で、なんとなく買っていた外国債券ファンドの上昇におおいに助けられた経験があります。

それでもなお、外国債券クラスは縮小(もしくは撤退)します。
購買力平価という考え方は、マイポートフォリオにおける高い外貨比率に悩む私にとって、それだけ大きなインパクトを与えたということだと思います。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ