その個人向け社債はほんとうに投資に値するのか?

個人向けのSBI債の人気が出すぎて、毎回売出しから数分で瞬間蒸発してしまうので、今後は抽選になるそうです。

SBI債に限らず、個人向け社債というのはそんなに良い金融商品なのでしょうか。
私は大いに疑問です。

日経新聞を読んでいるかたはわかると思いますが、いろいろな大企業が「○百億円起債する」というニュース自体はよく見かけます。
いち読者としては「へ~そうなんだ」くらいにしか思いませんが、考えてみると、そこで記事になっているいろいろな企業の社債を、個人投資家である私が買えるという話を聞いたことがありません。
自分が口座を開いている証券会社では、個人が買える社債は一部の銘柄(ほんの数銘柄)に偏っており、先ほどのニュースに出ているようなバラエティに富んだ企業の社債は見当たりません。

何故でしょうか?

それは、基本的に社債はプロの間で取引されているものだからです。
そもそも社債は、取引所に上場されていて誰でも売買できる株式と違って、相対取引です。
誰がどこでどんな条件で売っているのか、なかなか掴みづらいところがあります。
売り出された社債は相対取引により、大きなロット(億単位)でプロの間で取引されています。
信用リスクが低い多くの大企業は、プロ向けに社債を発行するのがいちばん効率がよいのです。

取引が小口になると稼動がかかるうえにコストがかさみます。
(社債の券面が1億円未満だと、「社債管理者」の設置が義務付けられています)
では何故、企業はそんな稼動とコストをかけてまで、個人向け社債を発行するのでしょうか?
いろいろな理由があると思いますが、いちばん大きな理由は、

その発行条件では、プロの間では誰からも相手にされないから

だと思います。
つまり、発行企業が持つ信用リスクが、社債の利率・期間と見合わないと見なされているということです。
発行企業はできるだけ低コストで資金調達したいでしょうから、まずはプロ向けに社債を発行しようとします。
そこでは、相手にされないような条件(利率・期間)しか提示できない場合に、「それなら個人で向けで」という段階を踏むと思われます。
当然、管理コストは上がるので条件はますます悪くなります。

こうした現実の「仕組み」を考えると、個人に回ってくる社債は、もしかしたら「残り物」である可能性があります。
「どうせ素人は企業の信用リスクを適正に算定することなどできないだろうし、利率を定期預金よりちょっと高めにしてやれば喜んで飛びついてくるだろう」
そんなことを発行企業が考えているかどうかは知るよしもありませんが、そういう企業もなくはないでしょう。
なぜならそれは、低コストで資金調達をしたい発行企業としては合理的な判断だからです。

こういうことを書くと、「じゃあお前はSBIホールディングスが1年以内に倒産するとでも思っているのか?」という反論が聞こえてきそうですが、倒産かそうではないか、白か黒かの二元論ではなく、リスクに見合ったフェアな条件ではない取引の可能性があるのは?ということです。

もちろん、発行企業の信用リスクを把握した上で、それでもなお個人向け社債の条件が魅力的だと考えるのならば、何も申しあげる事はありません。
発行企業もいろいろで条件も様々でしょうから、なかにはフェアな条件の個人向け社債もあると思います。
ただ、長い間高格付けを誇っていた東京電力債も、あっという間にあんなになってしまう世の中です。信用リスクの見積もりは個人には相当難しいと言わざるを得ません。

少なくとも、個人向け社債の利率を、定期預金などと同列に比較して、「これはお得だ」という判断をすることは避けた方がよいと思われます。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。また、記事中に出てくる企業名はあくまで例としてあげただけであり、特定企業に対する他意はありません。

関連記事


  





コメント

で?

SBI証券の社債は、SBIに口座を開いてもらう為の客寄せで発行しているとの噂があります。
瞬間蒸発するならば普通に考えれば金利を下げればいい。しかし何故抽選になるのかというと、一部の顧客が毎回大量に買い付けてしまい本当の目的の新規の口座開設効果が出なくなってきた。だから抽選にして、多くの人が少量ずづ買えるようにしたのだとか。

他の理由

個人向け国債には広告の意味もあるのではないでしょうか。

記事拝見しました。たしかに大人気ですよね。例の社債。。

ただ、私も個人的に「1社の社債」には、あまり食指を動かされません。
もう少し良い投資対象があるような気がします
(単に個別株好きのギャンブラー性格かもしれませんが・・)

軽くぐぐってみましたが、一般的な社債発行に関する
「企業側のメリット」のひとつには、
特に銀行などでは「住宅ローン」など中長期にわたる貸出し商品があり、
短期債を起債して全体の金利リスクを平たくする目的もあるようです。

短期債できざめば、中長期スパン&金額大きめのものを、
「後付ドルコスト」チックにヘッジできそうですよね。
(ナンピンかな・・)

それを見越して個人が購入するなら「アリ」なのかもしれませんね。。

しろうとの付け焼刃知識なので、間違った情報でしたらスミマセン(汗)

進路には巧妙な仕掛けの落とし穴や地雷が(ありそうではなくて)必ずあると思うべきでしょうね。銀行で大々的にPRしている「当初3カ月だけ優遇金利」なんて初歩的疑似餌もある。
新手の勧誘には相互警戒しましょうよ。

>ただ、長い間高格付けを誇っていた東京電力債も、あっという間にあんなになってしまう世の中です。
>信用リスクの見積もりは個人には相当難しいと言わざるを得ません。

こちらはいわゆるプロもかなりやられています。
プロでも判断は無理というのが正しい発言でしょう。

MONEX債

MONEXの社債をこの数年間購入していました
3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の社債が発行されていました
利率は1%前後だったと思います
やはりり利率が高いのが魅力でした

証券会社が個人で買える社債は3年以上で
利率が0.5%位だったと思います
格付けがAAA、AAに限られていたと思います
(格付けなんかあてにならないとは思いますが)

それに比べ格付けがBBBのMONEX社債は通常個人では
リスクがあるということで手に入らないと思います

そのような面でリスクを認識して
高めの金利を得るという購入はありと考えました
また、MONEXもネットで売れるという手数料、経費が
大きく削減できるとメリットがあると思います

個人、MONEXの両得のシステムと考えていたのですが

社債の世界もピンキリなんですね。多少、種類は違いますが、「ハイ・イールド債」なんかも美味しそうに見えて、くわえると釣り上げられるのかな。

投資って、釣り師と魚の関係にそっくり!

自戒のつづき

どうも日本人は、私も含めて「存在するものは無条件に安全である」と誤認している。原発しかり、牛生肉しかり、通販のダイエット薬しかり・・・。
提示の社債も相当程度は安全かも知れないが、なにかの拍子に被害を蒙る可能性を秘めている。いかなる金融商品にも必ず非安全部分があると認識し、いざという時に投じた虎の仔をいかなるすべで取り返せるかを想定したうえで投ずるべきだ。

>吉村さん

>SBI証券の社債は、SBIに口座を開いてもらう為の客寄せで発行しているとの噂があります。

今回のSBI債発売に合わせて全国の支店で『夏の緊急相談会』が今日明日と開かれているようです。事前告知をしたり、今回から抽選にしたりと顧客サービスや口座開設勧誘の目的もかなりあるようです。

米国の社債投資は理論上は個人向け社債よりは高いかも?

国内債券の場合は信用リスク対金利の面で個人向け社債は割に合わないのは分かります、だからこそ債券はiSharesシリーズのETFの形で投資してます(でも二重課税がきつい)。
日本には無いハイイールド社債などにも投資できますし、投資適格社債クラスでも結構な利回りです。
為替リスクがある事と二重課税問題がありますが、そこが解決できれば有力な債券投資の候補としては面白いと思います。
恐らく、税金0やコスト0を前提にすればiSharesシリーズの社債ETFの方が個人向け社債のリターンを上回ると思います(そのぐらい酷い)。
しかし、それに比べて個人向け社債は為替リスクの有無に関わらず割に合わないのは、情報格差や名目金利だけに飛びついてしまう投資家が多いからだと思います。

ネット証券が発行する個人向け短期社債には、資金調達よりも口座開設のプロモーション活動としての意義がおおきなウエイトを占めるのではないかと私も考えています。

>通りすがるさん

です。


>吉村さん、enuさん、HTさん、うっちーさん

なるほど、販促の一環というわけですか。
その発想はなかったです。
社債発行で調達した資金は企業の負債の部に加わり、その分自己資本比率が低下するわけですが、そうまでして随分手の込んだ販促ですね…(^^;


>ぽっぷMAXさん

ふだん分散、分散と言っている投資家でも、社債になるとあっさり個別企業のリスクを取りにいってしまうのが少々不思議です。


>金融勧誘のウォッチャーさん

仰るとおりだと思います。
社債に限らず、市場平均からかけ離れた良い条件には、それなりのカラクリがあるはずと疑うという姿勢は投資家の身を守ってくれると思います。


>債権マンさん

プロでも難しい社債の投資判断、私にはとても無理です。。。


>MONEXさん

BBBの社債に投資するリスクを認識していれば、全然アリだと思います。


>見習生さん

私も自戒したいと思います。


>タカちゃんさん

どうしても社債クラスに投資したければ、投信やETF等分散した商品がベターだと私も思います。
元本が返ってくることにこだわるのなら、ネット銀行のキャンペーン金利の定期預金の方が(1000万円以内なら)ベターです。

債券市場ってのは、確か株式市場よりも効率的だったような気が。
なにせ、利率=リターンが決まっているんですから。

あとは、インフレ率と信用リスクになるんでしょうけど、信用リスクは
統計的には格付けでほぼ全て判断できるそうです。
(例えばBBBは何%デフォルトするとか。統計的ってのがミソです。)

社債の最大の問題は個人で分散されたポートフォリオを組めない事ですね・・・。
その結果、最終的には1か0かの博打になってしまうという・・。

格付けBBBで年利1.66%なんて投資するかどうかを考える間でもないカス商品かと思います。
しかし個人が商品を選別する場合、選ぶ基準となるのはリスク-リターンが見合っているかどうかではなく他のリスク商品との比較ではないでしょうか?

日本にはまともなリスク商品がなさすぎるんです。
残業漬けで時間はないが金はある。そんなサラリーマンが「定期預金じゃろくに金利つかないしちょっとリスクとっていこうかな」と考えた際に他にどんな選択肢がありますか?
そう考えるとSBI債は比較的優良な選択肢となってしまいます。

>どうしても社債クラスに投資したければ、投信やETF等分散した商品がベターだと私も思います。

とありますが、日本には社債のETFはありません。
投信もほとんどが国債を組み込んだものであり、国債を組み込んでいないものはクーポン0.5%~1%の高格付け社債に対して年0.4%の信託報酬をとる割りにあわない投信ばかりです。


余談ですが、SBIはもともと巨額の有利子負債がありましたので自己資本比率低下のデメリットがなく、販促効果を得られているかと思います。
他の有利子負債が比較的少ない証券会社はまったく販促効果に見合わないため追随できないのが今の状況かと考えています。

>名無しの投資家さん

そうですね。
ただ、その格付け自体もサブプライム・ショックで相当怪しいということが白日のもとに晒されてしまいました。
ますます評価しづらい世の中です。


>KAS投資家さん

まぁカスかどうかは分かりませんが、BBBで年1.66%、私なら投資しないですね。
社債ETFは、タカちゃんさんとのやり取りの中でHYGなどの海外ETFを想定して書いていました。紛らわしくて申し訳ありません<(_ _)>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)