日銀総裁が語る「テール・リスク」への対応策とは

「テール・リスク」とは、発生確率は低いが発生すると巨額の損失となるリスクのことです。

普段、あまり聞くことはない言葉かもしれませんが、割と関連書籍も出ています。
通常、株や債券など伝統的資産のリターンは概ね正規分布するという前提で、投資家はリスク(標準偏差)を計算し、ポートフォリオの最大損失を推定したりします。

しかし、実際にはリーマン・ショックなどの大規模な市場暴落は、その発生確率どおり1000年に一度とかいうレベルではなく、もう少し頻繁に起きていることが観測されています。
実際の市場は、正規分布ではなく、釣鐘型グラフの裾野部分がもっと分厚いベキ分布ではないかという見方があります。
ちなみに、ベキ分布の裾野部分の分厚くなっている部分を「ファット・テール」、その発生リスク(主にマイナス側)を「テール・リスク」と呼んでいるようです。

これらテール・リスクについては、「投資の科学 あなたが知らないマーケットの不思議な振る舞い」(マイケル・J・モーブッシン著)や「ブラック・スワン―不確実性とリスクの本質」(ナシーム・ニコラス・タレブ著)などを読んで存在は知ってはいるのですが、その中に有効な対応策が見出せませんでした。

できることと言えば、標準偏差はあくまで「目安」と考えるとか、最大損失を2標準偏差ではなく3標準偏差も視野に入れてみようとか、債券比率を高めにしてリスク自体を下げておこうとか、生活防衛資金をたっぷり準備しておこうとか、そんな方法しか思いついていませんでした。
(タレブ氏が少しだけ提唱している、9割安全資産で1割ハイリスク投資という「バーベル戦略」は私には不向きなので却下)

そんな中、モーニングスターにその名も「テール・リスクに対する対応策」という記事が出ているではありませんか。
しかも、内容は白川日銀総裁の講演レポートに基づいているというではありませんか。
これは見るしかないでしょう。

モーニングスター アナリストの視点(ファンド)
2011/07/07 テール・リスクに対する対応策

詳しくは、上記レポートをご覧いただきたいのですが、要点だけまとめると、「テール・リスク」が顕在化する前後の対応策は、

・リスク・エクスポージャーの集中回避(リスク資産の集中の回避)
・冷静な行動など

とのこと。
結論としては、テール・リスクへの対応策は「分散投資を冷静に」ということでした。
今のところ、私にとってのテール・リスクへの対応策は、基本的なリスク管理を余裕を持って行なうということなのだろうなと思いました。


--- 以下、長々と蛇足 ---

いや待てよ、「冷静な行動など」の「など」とは何だ?
何か参考になることが他にもあるかもしれない……ということで、原典を当たってみましたら、ありましたよ長文レポートが。

日本銀行 公表資料 2011年
2011年 6月28日 【講演】白川総裁「我々はテール・リスクにどのように対応すべきか」(オランダ外国銀行協会、6月27日)

基本的には、金融機関と公的当局に対する対応策について書かれていました。
でも、モーニングスターの記事が書いているように、個人投資家にも役立つ部分はあるかもしれませんので、一応列挙してみます。

<金融機関の対応策>
・十分な量の自己資本や流動性の保有
・リスク・エクスポージャーの集中回避
・安定的な業務継続体制
・国際的なリスク・シェアリング
・冷静な行動

<公的当局の対応策>
・頑健な決済システム
・金融規制・監督
・適切な金融政策運営
・マクロ・プルーデンスの視点
・最後の貸し手
・適切な情報発信

なるほど。
元々、個人投資家が応用できそうなのは、「リスク・エクスポージャーの集中回避(リスク資産の集中の回避)」と「冷静な行動」くらいだったんですね。

しいて収穫をあげるとするならば、「国際的なリスク・シェアリング」の中で出てきた「CAT Bonds」という商品の存在を知ったことでしょうか。
これは、自然災害のリスクを分散する手段であり、発行が増加傾向にあるそうです。今は機関投資家しか買えないようですが、こういう商品が個人でも買えるようになるといいなと思いました。

余談ですが、今年5月に行なわれたイベント「震災後のお金の救急ナイト」(関連記事)で、当ブログの常連読者でもあるタカちゃんさんが、質疑応答で「自然災害をヘッジするような金融商品はできないのでしょうか?」と質問して、登壇者から「できなくはないと思うが、そんなものを引き受ける金融機関はないのでは?」と流されてしまっていたのを思い出しました。
しっかりあるじゃないですか。「CAT Bonds」、覚えておこうっと。

<追記>2011/07/12
読者のかたからCAT Bondsについて、「この債券により大災害のリスク補てんができるのは発行者であり、投資家は被害が出るだけです」とのご指摘を受けました。投資家が自然災害をヘッジできるわけではないんですね。勉強になります。
関連記事


  





コメント

・最大予想損失額を厳しめにみておく
・十分な生活防衛資金を
・10年経てば回復する、むしろ買い場

くらいでしょうか。
個人投資家には、精神面が大きいかもしれませんね。

リスクファイナンス

調べてみたら色々あるものですね。
今ざっと調べた所を載せておきます。
※URL数超過のようで、一部頭文字抜かしてます。


「究極のリスク回避法「地震債券」とは、オリエンタルランドが世界初の導入」(nikkei BPnet)1999年
http://www.nikkeibp.co.jp/archives/072/72200.html
※オリエンタルランドの件を記事に


「4.7 地震リスクマネジメントへの利用(4.7.2 リスクファイナンスへの適用)」(独立行政法人 防災科学技術研究所)
http://www.j-shis.bosai.go.jp/j-map/result/tn_258/html/html/4_7_2.html
※オリエンタルランドの例や東京海上火災の例に若干触れてます。


「日本国内における台風リスクの証券化」(東京海上日動火災保険株式会社)2006年
ttp://www.tokiomarine-nichido.co.jp/j0201/pdf/20060808160040.pdf
※プレスリリース1枚のみ


「交通分野におけるテロ被害に対する金銭的リスクマネージメントについての調査」(国土交通省国土交通政策研究所)2006年
http://www.mlit.go.jp/pri/houkoku/gaiyou/pdf/kkk63.pdf
※欧米主要国のテロ被害に対する金銭的リスクヘッジ手法等


「リスクファイナンス研究会報告書~リスクファイナンスの普及に向けて~」(経済産業省)2006年
http://www.meti.go.jp/report/data/g60630aj.html

「III 先進企業におけるリスクファイナンスの取り組み(上記資料の一部(具体的スキーム))」(経済産業省)2006年
ttp://www.meti.go.jp/report/downloadfiles/g60630a04j.pdf ※重いので注意
※様々な企業のリスクファイナンスの具体例を例示してます


日経平均連動のノックイン債売るより、
個別企業のリスクファイナンスに個人がのっかれる商品を作った方が
日本企業の為になるような気がします...が、
わざわざ確実に儲かる金融商品を捨ててまで
リスク計算のしずらい商品を売る事は無い。
というのが本音な所は理解してます(^^;

キャットボンド(カタストロフィ・ボンド、英: cat bond, catastrophe bond)は、スポンサーから一定のリスクを投資家に移転するためのリスク関連証券である。大災害債券とも。一定の条件が満たされると元本の償還が免除される変動利付社債としてしばしば発行される。大規模自然災害に対する伝統的な再保険の代替策として使用されることが多い。
とありました。

つまりこの債券により大災害のリスク補てんができるのは発行者であり、投資家は被害が出るだけです。
個人投資家が発行体になれるわけはないので、CAT Bondsは個人投資家が自然災害をヘッジするような金融商品にはなりません。
仮に個人投資家からお金を集めCAT Bonds類似商品を組成するとしても災害がない場合は元本が毀損することになります。
そこまでするならば災害に対して保険を掛けるという選択が一般的ではないでしょうか。

 CAT Bondsは保険リンク証券(Insurance Linked Securities)の一種で、通常は元受保険会社や再保険会社がスポンサーとなり、自然災害リスクを資本市場へ移転します。保険会社を除くと、前出のオリエンタルランドや、JR東日本などが発行したことがあります。SPCを介するため、スポンサーにとってオフバランスできる利点があります。まだそれなりに手数料を必要とするため、再保険料が低廉な時期には発行が見送られる時もあります。ほとんどは機関投資家向けの私募証券として発行されるため、一般投資家にはアクセスが難しい証券です。個人向け投信としては、旧クレディスイス投信が設定したことのある「日興・クレディ・スイス インシュアランス・アルファ・ファンド2008-09」がありましたが、一口一千万円からですから敷居は高いものでした。
 自然災害リスクをヘッジするのは主として保険会社であり、投資家が直接ヘッジするというものではないと思います。一般的な資本市場の値動きとの相関が低いこと、ボラティリティの低さなどを利用し、リスクを分散することが主目的になります。LIBOR+αの利率が設定されているので、機関投資家の人気はそれなりに高いです。通常CAT Bondは格付けを取得するため、自然災害発生時にトリガーとなるポイントはかなり発生確率の低いところに設定されています。しかし、今回のような大規模地震の場合は、元本が毀損する証券も出てくることになります。個人的には、ミドルリスク・ミドルリターンだと感じています。

>しゃかりきさん

暴落局面になると、急にベキベキ、タレブタレブと騒ぐ人たちが現れますが、有効な対応策が提示されたことはありません。
モーニングスターには「機関投資家であれば、先物やオプションなどを利用することにより、「テール・リスク」にも対応したリスク管理を行っている」とありますが、暴落時に機関投資家が巨額損失を出す例が新聞にたくさん出ていました。どうも完全に対応できているわけではなさそうです。
テール・リスク、悩ましいですね。


>楽天家業さん

リスク・ファイナンスにもいろいろあるのですね。
調べていただきありがとうございました。


>早期リタイア者さん

教えていただきありがとうございました。
誤った理解をしていた部分に関して、記事に訂正を追記しました。


>OTさん

自然災害リスクをヘッジするのは主として保険会社であり、投資家が直接ヘッジするというものではないとのこと、よく分かりました。
ありがとうございました。

ニーズはあってもやる気がないだけ

自然災害に対するヘッジについてはニーズはあるので、やはり東証辺りが考えてもらいたいと思います。
投信会社任せでは良い商品は作れませんし、案を国民に幅広く聞いても良いです。
クオンツたちがかつてサブプライムローンの商品化の際にリスクをできる限り小さくできるような商品を作ったように、本気になれば地震デリバティブを1万円から購入してリスクヘッジできるような商品は必ず作れます。
できないのならば、それは単にやる気のないだけの問題で、今の電力会社が再生可能エネルギーに後ろ向きな事実と同じです。
自然災害に対するヘッジ商品を個人向けにしかも低コストなものを作る事は現時点では人類の英知を結集すれば必ず作れると断言できます。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大180,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/07/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設&各種取引で住民票取得代行+最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/07/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)