フロンティア・マーケット・インデックスに投資したい

米国で、フロンティア・マーケット・インデックスに連動するETFが上場申請されたそうです。

モーニングスター グローバルニュース2011/07/12より引用】
<新興国EYE>多様化進む新興国ETF、「アフリカ」「小型株」など米国で相次ぎ上場申請
海外の運用会社が新興国を対象としたETF(上場投信)の商品ラインアップの多様化を進めている。ETF運用会社のグローバルXファンズは7日、「FTSE・フロンティア・マーケット・インデックス」への連動を目指すETF「グローバルX・FTSE・フロンティア・マーケット・ETF」を上場するための承認申請をSEC(米証券取引委員会)に行った。同指数は、新興国のなかでも現在は経済規模が比較的小さいものの、今後急速な成長が見込まれる「フロンティア・マーケット」と呼ばれる国々の株式を対象とする。
【引用おわり】

米国の個人投資家は、いいなぁ。新しい商品をどんどん取り入れることができて。
日本のように仕組みばかり複雑で変ちくりんな新商品ではなく、それこそ投資対象のフロンティアをどんどん開拓していくような新商品を意欲的に出してくるところに、米国金融業界の底力を感じます。もちろん米国にも複雑な仕組みのETFもありますが、やはり基本ラインナップは良いです。

さて、愚痴はこのくらいにして、フロンティア・マーケットですが、エマージング・マーケットよりも更に小さい開発途上国の国々です。
その成長は、まだまだこれからです。
記事に出ている「FTSE・フロンティア・マーケット・インデックス」ではなく、「MSCI・フロンティア・マーケット・インデックス」ですが、フロンティア・マーケットについて詳しく書いてあるレポートを見つけましたので、いっしょに見てみましょう。

モルガン・スタンレー・アセット・マネジメント投信 フラッシュ・レポート
フロンティア・エマージング市場:力強い離陸へ 2011年5月16日

上記レポートによると、フロンティア・マーケットはバルト海沿岸からバルカン半島、中東からサハラ以南アフリカ、そしてアジアからラテンアメリカの幅広い地域にまたがる35か国(ユニバースの構成国を数えただけで指数の構成国とは違うかもしれません)の国々によって構成されています。
また、フロンティア・マーケットの世界のGDPに占める比率は4.8%、株式時価総額に占める比率にいたってはわずか0.5%と、まだまだ小さな存在です。
しかも、発展の初期段階なので、コーポレート・ガバナンス(企業統治)や市場の透明度、確立された制度、そして政治的安定性などの分野において未成熟です。これは国によって大きく違うようですが。

だからこそ、これらの国々に対しては個別の国や個別地域に投資するのではなく、フロンティア・マーケット全体に広く分散して投資したいと前々から思っていました。
もちろん、リスクが高そうなのでポートフォリオのごく一部(数%)に組み入れる程度を考えています。

拙書「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」(山崎元・水瀬ケンイチ共著)で、インデックスファンドマネージャーにインタビューする章があるのですが、そのなかでも私は相川雅宏氏(ノーザン・トラスト・インベストメンツ)に、「中東やアフリカなどいわゆる“フロンティア・マーケット”へ投資するインデックス商品は出てこないのでしょうか?」と質問していました。
その時(昨年10月の取材時)の相川氏の答えは、「いま私が勤めている会社でも、フロンティア市場を対象にしたインデックスファンドを海外で立ち上げています。将来的には、日本からもフロンティア諸国にインデックスの形で投資できる日が来るでしょう」とのことでした。

それが投資信託なのかETFなのかわかりませんが、小さなフロンティア・マーケットに投資マネーがあふれてしまう前に、できるだけ早く投資できるようになってほしいです。
個人的な見立てでは、ネット証券の海外ETFがいちばん早い道かもしれないかなと思っています。

関連記事


  





コメント

フロンティアマーケットETF、これは良いですね。
本当、米国個人投資家がうらやましい。

>コーポレート・ガバナンス(企業統治)や市場の透明度、確立された制度、そして政治的安定性などの分野において未成熟

まさに広く張るETFで投資するメリットがありますよね。

そして日本在住で積立投資(時間分散)できれば尚良しなのに。。

国内組成、日興amさんあたりに是非がんばって欲しいですよね。

私も可能なら、ポートフォリオの数%程度に組み込んでみたいですね。
これらの地域を応援する意味も含めて投資したいな、と。

>ぽっぷMAXさん

もしぽっぷMAXさんが特定の運用会社に期待をお持ちなら、個人ブログにコメントするだけでなく、ぜひ運用会社に直接要望をしてみてください。
すぐに実現するかどうかは別として、貴重な投資家の意見に+1票としてカウントされるはずです。
私もフロンティアマーケットインデックスファンドとバリューインデックスファンドは、接点のある運用会社に要望していますが、所詮+1票に過ぎません。
こういうのは数が重要ですから(^^)


>セロンさん

仰るとおりで、いきなり多くの比率は難しいですが、長期投資をする上で、少しは入れておかないという思いに駆られております。

そうですね。数は力なりですよね。

さっそく要望、出してみます(⌒▽⌒)

おひょ( ̄○ ̄;)

キタ━━━(゜∀゜)━━━!! ポップMAX呼び捨て…キタ━━━(゜∀゜)━━━!!

>ぽっぷMAXさん、重箱隅々師さん

あっ本当だ。修正します。失礼しました<(_ _)>

いえいえ お気になさらず(^^)

要望出しました!

確かに思っているだけでは足りないですね。
私も、このブログを見たあと、口座を持っているSBIに要望を出しました。

ちなみに、自分なりに調べて以下の海外ETFの取り扱いを希望してみました。

Claymore/BNY Mellon Frontier Markets (FRN)
Market Vectors Africa ETF (AFK)

>たまさん

いいですね!
希望を叶えるには、行動することが大切だと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)