日本でインデックスファンドが広がらない本当の理由

モーニングスターに、「日本では広がらないパッシブファンド」と題したコラムが掲載されています。(注:パッシブファンド=インデックスファンドです)

モーニングスター アナリストの視点(ファンド)
2011-07-14 日本では広がらないパッシブファンド

詳しくは上記コラムをご覧いただきたいのですが、内容をひと言でまとめると……いや、実際に日米のパッシブファンドの純資産額と投資信託全体に対する純資産額シェアの推移のグラフを見てもらった方が一目瞭然です。

国内のパッシブファンドの純資産額とシェアの推移
日本のパッシブファンドの純資産額と投資信託全体に対する純資産額シェアの推移

米国のパッシブファンドの純資産額とシェアの推移
米国のパッシブファンドの純資産額と投資信託全体に対する純資産額シェアの推移
(モーニングスター アナリストの視点(ファンド)2011-07-14より)

若干、グラフのマジック(日本のグラフはシェアの目盛りが5%~30%で、米国のグラフはシェアの目盛りが5%~15%で、米国の右肩上がり感がより強調されているとか)はあるものの、インデックスファンドのシェア推移のトレンドが見事に逆さまです。

コラムでは、日本でインデックスファンドが広がらない理由として、日本の投資家が、分配金利回りを重視する傾向にあるからだと結論付けています。
もちろんそれもあるでしょう。
しかしながら、私の見方は少し違います。

ひとことで言えば、日本のインデックスファンドのシェアが低いのは、「証券業界の投資家誘導の結果」だと考えています。

つまり、日本の投資家が自らの意思で分配金利回りを重視しているのではなく、証券業界側が意図的にそう誘導しているためだと考えています。
なぜ、証券業界が投資家の目を分配金利回りに向けさせているかといえば、それは言うまでもなく、高い手数料(販売手数料・信託報酬)が取れる投信だからです。
日本の投信は、その資産額の低迷をよそに、手数料だけは勢いよく右肩上がりになっています。
<関連記事>(特にコスト右肩上がりのグラフに注目!)
2011/01/27 投信手数料上昇続くが、生き残る道はある

高分配金を謳う「毎月分配型」の投信は、資産の自動取り崩しという高齢者のニーズにマッチしているから売れるのだという意見がある一方、証券業界が行動ファイナンスでいうところの「時間選好率の歪み」(報酬を早く受け取ることの時間的価値評価が直近重視に歪む傾向)をマーケティングに悪用し、投資家の目をコストから逸らせる目的があるのではないかという意見もあります。
<関連記事>
2010/02/02 「資産運用実践講座」のお気に入りパートは「投資理論はどのように商業利用されているか」

最近になって証券業界は、「毎月分配型」に加えて「通貨選択型」というオモチャも手に入れ、毎月分配型のはしりであったグロソブが可愛く見えるほど、ますますコストは高くなっています。
私の見立てでは、証券業界はこの「毎月分配型」「通貨選択型」に続く、また新たなオモチャを早晩開発し、喧伝しだすと見ています。
それは、証券会社お得意の「回転売買」を投資家にさせて販売手数料を取るためです。

ところで、なぜ証券業界のそんな横暴が許されているのでしょうか?
許すも何も、そもそも、日本の証券市場自体が、欧米のように起業家・投資家のために自然発生的に生まれたものではなく、国による「官製市場」だったことと、投信も商品そのものの意義を期待されて登場したというより、国策として相場の値崩れを防ぐための手段として登場したという歴史があります。
その後も、証券業界により日本の投信は「個人投資家のお金を巻き上げる器」として駆使されてきた歴史があります。悲しいことですが、事実です。
<関連記事>
2011/01/22 知っておくべき日本の投資信託の黒歴史
2011/01/29 続・知っておくべき日本の投資信託の黒歴史

そんな中で、低コストが売りの(証券業界の利幅が薄い)インデックスファンドが広がっていくわけがありません。

投資家のためではなく、国や証券業界のために投信が存在してきたという歴史と環境の中で、上記コラムは、インデックスファンドが広がらないのは「分配金利回り重視の投資家の姿勢」と投資家に責任転嫁して、あろうことか現在気を吐いて頑張っている一部のパッシブ運用会社に対して、「パッシブファンドの運用や設定に力を入れる委託会社はあまり報われないことになりそうだ」と呪いの言葉(?)まで吐いており、強い違和感を覚えます。

最後に、私の個人的意見は上記のとおりですが、よく言われるとおり投資は自己責任の世界です。
いくら証券業界が熱心に投信を勧めても、それを勝手に投資家の口座に放り込むことはできません。
投信を購入するという最終判断は、投資家自身が下している(ことになっています)。
日本の投信の不幸な歴史や環境を踏まえた上で、私たち投資家側も少しだけ賢くなって、証券業界ばかりが儲かる商品には、堂々とNo!と言えるようになりたいものです。
関連記事


  





コメント

こんばんは
私も、インデックスファンドが広がらないのは証券会社の誘導のせいだと思います。
ただ、その背景の見方は水瀬さんとは少し違い、日本のお金持ちの大手証券会社に対する信頼度の強さがあるのでは、と思います。
投資信託を数百万円単位で購入できるお金持ちは、野村や大和と取引することで安心したり、ステータスを感じるので、彼らのお薦めする「分配型」や「通貨選択型」を買うのでは、ということです。
では、なぜお金持ちは低コストのネット証券ではなく、高コストの野村や大和を信頼するのか、、、、私もお金持ちになったら野村に口座を開いて調べてみたいと思います(笑)

多くの若い人は貯金以外はリスクがあるからやらない。
貯金以外の選択肢は怖いもの。
まぁ、お金もありません。

私の周りの20代サラリーマンの殆どが投資より貯蓄へ。です。

日本でインデックスファンドが広がらない理由として、
個人的に一番の理由は、一言で言えば教育不足。
子供のときに経済・投資教育がされない結果。
と感じています。
ネット証券は若い世代向けのオンライン投資セミナーのCMとかやったらいいと思います。


若い人が主役じゃない今はお年寄りが主役。
彼らは元本が減ろうが分配金が欲しい。資産を作ることが目的じゃない。
結果として多くの日本の投資家(お年寄り)が、分配金利回りを重視する傾向になる。
だから今の人気のラインナップになる。

証券業界としてもお年寄り相手の方が儲かるのであれば少子高齢化もありますしお年寄りビジネスに精を出したほうが利益になるのではないでしょうか。


これらの話に特に根拠はないですが、そんな気がしています。

一般論として、日本人は他国民との比較で厳密な損得計算能力に乏しいのではないのかな(仮説)と推測します。
いまだ単純な詐欺(振込めとかネズミ講など)も報道されるし、牛生肉被害も店で提供しているから、他の人も食べているからだけの理由で無防備です。過度の安全や保護体制は自衛本能が緩むように感じます。

他人さまがアクティブ型に向かうのも、手数料の大小やリスクなどの金額での判断をしないままに営業トークに左右されているのでしょう。私自身だって、インデックス選好も公的年金運用や日銀の買付でもやっているからとの単純理由からです(当ブログでの感化もありw)。ただ言われているように、今後の新手の金融商品には惑わないよう注意しようと思います。

もっとも、毎月分配型の長短は意見が分かれますが、定年後の資産取り崩しスタイルの生計ではそれなりの理由(“毎月定常的現金収入がほしい”と)は理解できます。自覚のうえで生活設計に織り込まれているならそれも可ではないでしょうか。さらなるご指摘歓迎です。

拙文こそ具体的根拠や出典明示もなく情緒的でスミマセン。

結局は勉強かな?

NHKが資産形成に関する番組をやったらそれに対する投資アレルギーがでてきたように、投資アレルギーがあるのならば”最後まで絶対に投資なんてやらない”と一貫した姿勢を貫ければ良い筈ですが、人間の悪い所は投資アレルギーがある一方でおいしい話を聞くとコロっと変わる人間の性がります。
そこで合法的な詐欺である”悪質な投資信託”に対しての抑止力を発揮するには効率的市場仮説を勉強してもらうのが一番だと考えています。
その他にも「世の中には美味しい投資なんて有り得ない」「十分発達した市場にフリーランチは無い」程度の常識を知ってもらう事も重要だと考えています。
”分配金利回り14%のREITの投資信託”なんて聞いたら「世の中には美味しい投資なんて有り得ない」からこそ、何か裏がある・・・と考えられるようになって欲しいと思います。
結局は不断の勉強と、啓蒙活動、経済的合理性のない間違った商品に対して営業妨害だと言われてもはっきりとNOと言えるように、更に国際公認投資アナリストさえも合理性のない商品を宣伝するなど(最近のDIAMの資産倍増プロジェクトの商品)に対してもはっきりと”理論的な合理性はありません”と言えるようになる事だと思います。
カブドットコム証券臼田琢美より、ネット投資家へのメッセージを読んでみて、是非、僕は意見を言いたいのですが、どこに書いたらいいのか(あ・・・ちょっと脱線した)。

ちょっと意見があります

>アラsixtyさん
毎月分配に関する意見ですが、実は中々良い分配型ETFは結構ありますよ。
DIA(SPDR Dow Jones Industrial Average)・・毎月分配型投信としてはコストが年0.18%と格安です。
ダウ30連動ETFでして、分配金利回りは年2.45%程度です。

上場Aリート・・豪州リートでして、信託報酬が格安です。
分配は隔月分配(奇数月分配)の方針です、7月の分配は1口につき8円です。

上場外債・・外国債券の毎月分配型の上場投信でしてコストが格安です。
しかも、株主優待まであります。

HYG(iShares iBoxx $ High Yield Corporate Bonds Fund)・・・ハイ・イールド社債の毎月分配型投信です。
コストは年0.50%とこの手の投信にしては格安です。

探せば、良い毎月分配型ETFは結構あります。
訳の分からない通貨選択型投信よりは、長期的なパフォーマンスは良い筈です。
如何でしょうか?

データは「勝手に」結論を生み出さない。→分析する人間が結論を生み出す。

 正直、リンク先記事の様に、資産額とシェアの比較だけから、結論を導くのは少々乱暴な気がします。

例えば、投資人口の推移は不明ですが、もし次のようなパターンが見られるなら、異なった結論も考えられます。
・日本は投資人口が増えていない(限られたパイを販売サイドが分け合う)為、高手数料の投信販売が増加
・米国は投資人口が増えている(広がるパイを販売サイドが分け合う)為、低手数料の投信販売が増加

※単なる例です。本当の所どうなっているかは不明w

個人的な印象では、米国は401K制度が本格化した後、投資人口が自然増加し、その結果、パッシブ投信販売が増加したのでは、と推測しています。(裏づけ資料なしw

みための元本保証から抜けられないのよ

ウィ○ンズパークみたいな、チビッ子を持つ主婦向け掲示板では、
一番人気はSBI債ですね。みんな申し込めなかったと阿鼻叫喚です。
あとは、学資保険か低解約返戻金型終身保険とかですね。
インデックスファンドの話題なんてまったくでませんね。
なんででしょうね。

>ヤングママさんへ
 >みための元本保証から抜けられない・・・一番人気はSBI債で・・・申し込めなかったと阿鼻叫喚。
インデックスファンドの話題なんてまったくでませんね。なんででしょうね。

申し込めないのが命拾いですね。昔、NTT株の売り出しが一人1株120万円で且つ抽選制で、近所のオジさん、オバさんが当落に一喜一憂していたのを思い出します。以来ブランド株(ソニー、トヨタ、JAL、東京電力のような)がトラウマになり、それが私のインデックスシフトの理由でもあります。

インデックスファンドの不人気理由が「見た目の元本保証」にありとされています。この辺をヒヤリングレポートされるとインデックスに関心ある当ブログもさらに活性化するのではないでしょうか。

>タカちゃんへ
 材料銘柄を具体的にご提示いただきありがとうございます。
 価格がその場で確定しない投信よりもETFの方でコストと流動性(毎日の出来高)を研究課題にします。

個人客が投信販売会社に「お任せコース」になってしまうと、
コストが見えにくくなるんでしょうね。あえて見ないというか。
購入した投資商品の損益、手数料すべて購入した客がリスクを
負うものなのに。。

「貯蓄から投資へ」はじめの一歩は皆同じでも、
ある時期からコスト意識のある個人投資家と、
そうではない方と分かれてしまうのかもしれませんね・・・

「パッシブファンドの運用や設定に力を入れる委託会社」が報われますように。。

証券会社というより そもそもデフレ低金利というのが根本な
気がするのは私だけでしょうか^^;
(けしてインフレ・高金利を歓迎しているわけではないです)

私は外国株はパッシブで国内株は個別株ですが、それは外国株は
よーわからん。国内株はパッシブじゃつまらなすぎるという
理由だけです。不思議とリターンを期待してる外国株より日本株
のほうがパフォーマンス高いです(10年近く)。
それもよーわからんです(笑)。

>ちょっと意見があります

>タカちゃん
東証へ上場していないETFを買うには、一旦ドルを買ってから等の手間がかかるので、面倒ですよ。慣れれば簡単かもしれませんが。。
カンチュンドさんのETFの本も読んだりしましたが、結構勉強になりました。
でも、とても、みんながここまで理解たいだろうとはとても思えません。
普通の人が気軽にパッシブ投資やETFを出来るようにする環境をどうやって整えればよいのだろうか。

年寄りの年金生活者中心に毎月分配を求めるから・・というモーニングスターさんの見解はやっぱり違和感ありますね。
私はみなせけんいち管理人の仰るとおり、過去の証券会社の暗い歴史を知ってます。一個人のサラリーマンの妻としてです。
だから、今の証券業界の商売の仕方だってかなり綺麗とはいえません。

良い知恵はないものでしょうか・・・

私の意見

>macaroonさん
確かに海外ETFはドル転してからの買いになるので、そこは面倒に感じる方はいると考えています。
現在の分配型投信では日興AMの出している分配型ETF以外に日本国内の投資信託にまともな物がありません。
日興AMの分配型ETFもまだ本数が少ないので、ラインナップを求めるには海外ETFに頼らざるを得ないと考えています。
長期的には、この問題は解決の方向に向かっていくと思います(日興AMに期待しています)。

>普通の人が気軽にパッシブ投資やETFを出来るようにする
>環境をどうやって整えればよいのだろうか。
我々がガンガン意見を言って投信会社に資産運用の本当の意味でのニーズを知ってもらう事だと思います。
最近は楽天証券や三菱UFJ投信にも意見を言っています。
販売会社のニーズではなくて投資家の生の声をみんなで盛り上げていく事だと思います。
ひとつ、比較論ですが、バンガードETFにはバリュー株インデックスがあるのに何故、日本の投資家はこれが買えないのか?と言う問題があります。
小型株ならばVB、VSSと言う選択肢がありますし、セクター戦略ならばKXIと言う選択肢はありますが、バリュー株インデックスがありません。
勿論、海外ETFではなくて国内ETFやインデックスファンドで出してもらえれば特定口座が使えて便利ですが、これも日本の投資会社に声を上げて言っていきたいと考えています。

水瀬さんにチクッっておこう。

(今は元記事は無料で読むことができなくなってます。)
---quote---
インデックス投資が奪う株式市場の活力
(2011/7/4 7:00)日本経済新聞 電子版2464文字 日本の株式投資家はどうして株価指数(インデックス)連動型の投資がこれほど好きなのだろう。株式投資信託の残高上位にはインデックス投信がずらり...…続き
---unquote---
とても残念な記事でした。
まぁ、
日本経済新聞にとって証券会社や投信会社は重要な広告主でしょうから、
しょうがないですかね。

ある程度金額がまとまったら、日本のインデックスファンド→外国のETFにより、日本のインデックスファンドの資産増加速度が遅くなるというのもあるかも。

とりあえず以下のポートフォリオを組んで見ました25歳です。

自社株(10~12%補助、日本株)
企業型401K(先進国株式index)、
新興国株式index and ETF
新興国債券index(ヘッジなし)
新興国債券index(ヘッジあり)
ハイイールド債(ヘッジあり)、
国内リートindex、海外REIT(ヘッジあり and レアル)という感じ。

通貨選択型毎月分配やるぐらいならFXをやった方が手数料が少なくて済むのは分ってるんですが、
最近割安なものがあってつい買ってしまっています。(笑)

以下ポートフォリオを組んで投資環境で思ったことです。
・インデックス投資はつまらない。
・ポートフォリオの維持 ==バリュー投資になる。だからポートフォリオの維持が重要。
・野村の新興国債券index(ヘッジあり)は貴重。存続して欲しい。
・高配当株ファンドの配当利回り―indexの配当利回り≒ 高配当株ファンドの信託報酬―indexの信託報酬
・日本のハイイールド債は毎月分配限定+高手数料+高信託報酬で、海外ETFと比較して非常にボッタクリ。でも高リターン。ファンドがETFに明確に勝てるところといえば、分配しないことで複利を利かせることができることに尽きると思うのですが・・・。

希望としては、各種インデックスのヘッジあり版、ETF(分配金0コース)、ハイイールド債or優先株ETF(PFF等)が国内ETFで出てくれれば楽で良いですね。もっと楽したいです。

>tetsueさん

賛同いただきありがとうございます。
大手証券会社に対する信頼度の強さ、侮れないものがありますね。


>チェキさん

教育不足、あると思います。
米国では401kの拡大とともに長期・分散・低コストという投資の基本(とバンガードのインデックスファンド)が普及していったようですね。


>アラsixtyさん

「日本人は損得計算能力に乏しい」ですか。
一概には言えないと思いますが(^^;

メリット・デメリットを知った上で毎月分配型投信を購入することはありだと思います。
商品の存在そのものを否定しているわけではありません。


>タカちゃんさん

結局は勉強ですね(^^)
私見ですが、私は多くの人が学ぶべきなのは「効率的市場仮説」よりも、「ポートフォリオ理論」(ミーン・バリアンス・アプローチ)ではないかと思っています。
分散すればリスクが下がるという、シンプルかつ強力な理論です。
より深く学べば、期待リターン・リスク・相関係数から自分に合ったポートフォリオを作るといった投資の要諦がわかります。


>hinoさん

たしかに乱暴です。グラフの作り方も若干意図が入っていますね。
そもそも、日米では投資家の数も投信の資産額も違いすぎて、比較にならないのかもしれません。
日本はn数が小さすぎて一部の投資家の極端な行動(あるいは右へ習えの一斉行動)でデータが暴れてしまい、米国は十分なn数なので全体の傾向がなだらかに現れるとか?


>ぽっぷMAXさん

>>「パッシブファンドの運用や設定に力を入れる委託会社」が報われますように。。

同感です。頑張ってほしいですね。


>宮さん

日本がデフレで低金利だからですか。
最近はそう見えるかもしれませんが、それでは2001~2004年頃のパッシブ比率20%台(米国を上回っている!)が説明できないような気がします。

宮さんの個別株投資の腕は確かなのでしょうから、無理にインデックス投資をする必要はないと思いますよ(^^)
私は、個別株投資でインデックスを上回る実力を持っているかたは、インデックス投資などせず個別株投資に注力した方が合理的だと考えています。
同じように、相場の動向がある程度読めるかたは、バイ&ホールドではなく短期売買をした方が合理的だと考えています。

私にはどちらの能力もないので、消去法的にバイ&ホールドのインデックス投資をやっているだけです。


>macaroonさん

証券業界が昔個人投資家に対して行なってきた悪行を一切なかったことにして、今さら「顧客第一」とか「信頼の運用力」とか言われても、言葉が空しく響くだけです。

ただ、ブログ本文には書けませんでしたが、本当に真摯に取り組まれている金融機関、新たに生まれた手が汚れていない金融機関も少数ですがあります。
そういうところを応援していきたいと思っております。


>774さん

その記事はツイッターで回覧され、インデックス投資家たちの失笑を買っていましたよ。
「文章が井手正介氏の著作のパクリ」とか、内藤忍氏は「ウォール街のランダム・ウォーカーの販促では?」とか、最後は、岡本和久氏がブログでピシャリとやって、その後話は立ち消えたようです。
http://www.i-owa.com/diary/2011/07/post_456.html


>ちよさん

私も好きで海外ETFにリレー投資をしているわけではないことをご理解ください。
コストがETF並みに低いインデックスファンド(米国ではたくさん存在しています)の登場を心待ちにしております。


>25歳さん

具体的に欲しい商品があるのなら、個人ブログのコメント欄に書き込んでよしとするのではなく、証券会社・運用会社に直接要望を出されることをオススメします。
わたしも、自分がほしいと思う商品を、機を見て粘り強く直接要望を出しています。
すぐには実現しなくても、「投資家の声」というデータは少しずつ積もり積もっていくはずです。頑張りましょう。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

かき混ぜてもかき混ぜても泡が立たない・・・

JUGEMテーマ:資産運用 -----------------------------------------------------当ブログにはじめてお越しの方、お時間が許せばご覧下さい。(長文です)当ブログにはじめてお越しの方へ (2010年10月)-----------------------------------------------------水瀬ケン...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)