お金を投げ捨てる男が変わったきっかけ

学生時代、いつものようにファミレスで会計を済ませた時、当時付き合っていた彼女が言いました。

「水瀬っていつもお金を投げ捨てるようにして払うよね。感じ悪いからやめた方がいいよ」

ええっ本当に!?
自分としてはそんなつもりはまったくなかったので、とても驚いた記憶があります。
彼女曰く、ファミレスだけでなく本屋やコンビニなどでも、いつも同じようにお金を投げ捨てるように放り出しているとのこと。
でも当時は、「なんだよ細かいこと言いやがって」くらいにか思っていなかったと思います。
(若さゆえの過ちです。お許しを…)

自分に心当たりはなかったのですが、無意識のうちにお金を雑に扱っていたようです。
今にして思えば、当時はお金を使うことに関して、なにかやましいことをしているような思いがどこかにあったような気がします。
きっと、「こんなやましいやりとりは早く終わってくれ!」という思いが、お金を投げ捨てるように出すという行動になってあらわれていたのでしょう。

その根底には、「お金は汚いものだ」という観念があったのだろうと思います。
残念なことに、もしかしたらそれは、成人してからもずっと続いていた可能性があります。
なにしろ、本人に心当たりがないのですから。

でも、彼女に言われたことは心のどこかに引っかかっていたように思います。

投資を始めてからもしばらくは、個別株の短期売買を重ね、相手を出し抜く、あるいは相手の裏をかくために、四苦八苦していました。そんな中では、「投資とは他人からお金を奪うことだ」という意識でいたと思います。
(なんという、恥ずかしいステレオタイプ!)
それが、インデックス投資を始めてから、だんだん考え方が変わってきました。
落ち着いてゆっくりとお金について考えてみる時間ができたのでしょう。

そもそも、自分が会社からもらうお金(給料)はどこから来ているのか?
社長から?
いや、別に社長がポケットマネーから私に給料を払ってくれているわけではない。

では誰か?
会社のお客さんだろう。お客さんが払ってくれたお金の中から、私は給料をもらっている。

そのお客さんは、社員である私に給料を払うためにお金を払ってくれたのか?
いや、お客さんは会社が提供する商品・サービスの対価としてお金を払ってくれたのだ。

それはどんな気持ちか?
お得、便利、満足、感謝、そんな気持ちだろう。

いや、渋々払っているお客さんもいるのでは?
たしかに。でも、そういうお客さんは二度とうちの会社の商品・サービスは買わないだろう。
今、曲がりなりにも会社が存続しているということは、全体的には「満足>渋々」なのだろう。逆に言えば、会社はお客さんに満足を提供し続けなければ生き残っていけない。

ここまで考えが巡って、やっと腹に落ちました。
お金というのは相手からの「満足や感謝の気持ち」のしるしなのだと。
あらためて考えてみると、たくさん読み漁った投資本の中にも度々、「お金は感謝の気持ち」というフレーズは出ていました。ただ、私はそのフレーズを目で追ってはいましたが、メッセージは受信できていなかったのだと思います。
(本当に恥ずかしいことです)

今では、「ありがとう」という気持ちをこめてお金を扱っています。
お店では、相手が間違えないように、なるべく「はい、1,050円で」と金額を言ってから、相手が分かりやすいように紙幣と硬貨を並べて出すようにしています。
相手に向かって投げ捨てるような雑な扱いはもうしません。

マネー本によくある「お金持ちとは多くの感謝を受けている人だ」という主張は、昔であれば、「ケッ世の中悪いことしてる奴が儲かるようになってんだよ!」と一笑に付したかもしれませんが、今では、割と本気でそのとおりだと思っています。

かつて私にお金の払い方を指摘してくれた彼女とお別れしてから、もう十数年経ちます。
今さらながら、当時の彼女、ありがとう。

関連記事


  





コメント

「ハッ」とさせたれた言葉

「好む好まざるにかかわらず、人は、金を得るためにその時間、人生の多くを使っている。言い替えれば、自分の存在、命を削っている。存在そのものを“金”に替えているんだ。」
「賭博黙示録カイジ」の第7巻に出てくる言葉ですが、学生時代に深夜の漫画喫茶で読んで、タイトル通り「ハッ」とさせられました。

『お金というのは相手からの「満足や感謝の気持ち」のしるし』

水瀬さん、goodな言葉ですwv-10

お金とは何か。学校の授業でも、リアルな投資でも、漫画でもいいから、
じっくりと考えていかなければならない本質的なことですよねv-16

素敵な話ですね

水瀬さんの魅力は、正確な分析力と情報収集力を活かした、説得力にあふれる記事はもちろんですが、

こういう単純なんだけど、本質をついた記事を定期的にupされているところにあるのではないでしょうか


個人的には、その彼女がいま横で寝ているやつです、というオチだと満点なんですが(笑)

多少別の視点から「お金」について

私も、若い時分には財布も小銭入れも持たずに生現金をポケットに入れていました。そのスタイルに無自覚にカッコよさとかお金には執着心をもっていないよとの気持ちもあったのでしょう。

あるとき、会社の先輩から「お金は自分のものであるようで、自分のものではない。商品やサービスと同等価値のお金と交換するのであって、どうでもいいものを交換するのではない。そのどちらも汚れたり欠陥あるものであってはならない」と諭されました。

当節、些細なことは口出ししない風潮ですが、やはり当人が気がつかないことも指摘され、素直に受け入れて望ましい社会に変身するのでしょう。こうした延長線にある大震災後の譲り合い、助け合いの精神には心洗われる気持ちです。

水瀬さんの懺悔(?)に共鳴しています。竹田和平さんの生きざまと相通ずるところがありますネ。

昔 LDの堀江社長が「お金で買えないものはない」といって
ヒンシュクを買ったことありましたが、あれはお金の信用力
を現す言葉だったともいえます。私の場合 投資を始めて感じ
たのはお金の綺麗・汚いということではなく「信用力」という
ことを学んだ気がします。

あと仕事上 お客様・株主様というのは いまだに苦手です(笑)
接客業ではなく企業間取引ですとどうにも・・・たまにお店で
「俺は客だ」面してる人を見ると気分もいいものじゃないです
最近手形という言葉は聴きませんが、仕事も信用力で成り立ってる
ケースが多いですね それをいったら人間関係もですね^^;

お金とは手段でもあり、財産でもり、やっぱり命と絆の次に重要だと思います。

皆さんの給料を合計するとGDPになります。

GDPとは、一年間にその国で生み出された「付加価値」の合計です。
まさしく、「誰かのために働く」「それを有り難く頂く」の連鎖で国の経済は成り立っています。

ほう

どうしたんですか?水瀬さん。
昔の彼女に街で偶然出会ったって感じですけど。
やけぼっくいにならないよう、奥さんをお大事に。^^

初コメです

いつもの勉強になる話題もいいですが、こういった投資からちょっと離れた話題はもっと好きです。
ところで昔の彼女の話をブログに書くと、奥さまに叱られませんか(^_^;)?

>かえでさん

私の言葉ではなく、いろいろな本に出ている先人たちの言葉です。
陳腐かもしれないけど、本質をあらわしているような気がします。


>しゃかりきさん

いまその彼女がどうしているのかは分かりません。
オチがご期待に沿えず申し訳ありません…(^^;


>アラsixtyさん

先輩のお言葉、含蓄がありますね。
勉強になります。


>名なしさん

畏れ多過ぎです…


>宮さん

お金は信用力ですか。
なるほどそうかもしれません。


>名無しの投資家さん

たしかに、「誰かのために働く」「それを有り難く頂く」の繰り返しが経済なのでしょうね。


>ts100200さん

いやいや、会っていないですよ。
個人的なお金にまつわる小話のひとつでした。


>かずきらららさん

大丈夫です。
相方はまったく意に介していない、というか興味がない様子です(^^;

お金のこと

お給料はその財やサービスを利用する人の変わりに働く事で
得られる付加価値の結果ですよね。

付加価値というのは何も単純に「売上-売上原価等」ではなく、
「顧客が商品から得られる満足度の総和」と言うべきでしょうか。

最終的に相手の満足度を下げてしまうような商品では、
(水瀬さんの仰る言葉に当てはめると渋々利用する商品)
代替商品が出た時にすぐに乗り換えられてしまうリスクと、
何某か問題が起きた時発生する訴訟リスク等、
経営上様々な問題が噴出してしまいますからね。

 お金を得ること
 お金を使うこと

両面に立った視点で物事を考えると、
冷静な物の見方が出来ますよね。
忘れてはいけない事と私自身再確認です。
ありがとうございました。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)