ネット証券4社共同プログラム「資産倍増プロジェクト」の公式サイトから取材依頼。悩むが…

ネット証券4社共同プログラム「資産倍増プロジェクト」の公式サイトから、取材依頼がありました。

お受けするか、ものすごく悩みました。
なぜなら、私は「資産倍増プロジェクト」について、残念ながら現時点では、厳しい意見しか持ちあわせていないからです。

私は「資産倍増プロジェクト」について、発足前に「ネット証券4社共同プログラム『資産倍増プロジェクト』に求めたいこと」というブログ記事で、プロジェクトに期待することは「資産形成層に向けた正しい知識を広めること」だと書きました。
そして、プロジェクト発足後、活動が明らかになってきた段階で、「ネット証券4社共同プログラム『資産倍増プロジェクト』への落胆と期待」という記事で、資産形成層の役に立つ商品というよりも、現在大手証券で高齢者相手に売れに売れている(但し資産形成に適した商品かは大いに疑問の)毎月分配&通貨選択型投信を、専用投信として立ち上げたことに対する落胆を表明しました。
結局、大手証券の高齢者層の顧客が欲しいだけかと。

もし取材をお受けすれば、おそらく相手にとって耳の痛い話ばかり申しあげることになるでしょう。
そんな憎まれ役をやりにわざわざ出向いていくのか?

しかし、悩んだ結果、お受けすることにしました。
公式サイトの中で、プロジェクト参加ネット証券の某氏は「ネット投資家の皆さんのことは大体わかるのですが、対面の投資家のことはあまりわからない」と述べています。

いや、申し訳ないけれど、彼らはネット投資家のことですら全然わかってないではないか。

ネット投資家すべてが私と同じ意見だとは思いませんが、少なくともいま私が感じている疑問や違和感は、彼らに伝えなくてはいけないと思いました。
本ブログアップ後、取材了承の旨をメールで返答します。

そして、話す予定の内容を予め公表しておきます。
これは、私が話す内容が「資産倍増プロジェクト」の意に沿わず、取材が取りやめになったり、話したことを歪曲して公表されたりした場合、分かるようにするためです。

■いちばん伝えたいこと
・ネット証券は、株式委託手数料等のコストを下げることで、個人投資家に大い貢献してきた
・投信について取扱商品は玉石混交ではあるものの、ネット証券ならではの低コストな投信がしっかり存在する
・投資家がネット証券に求めているのは「低コスト」であり、投信でもそこを軸に展開するのがいい

■意見
・プロジェクトは投信販売促進のため、大手証券の顧客を奪うことを考えているようだが、この方向性は短期的には奏効するかもしれないが、長期的にはジリ貧になるだろう
・大手証券で売れている商品(毎月分配型や通貨選択型)は、主に今お金を持っている高齢者層向けの商品であり、資産形成層向けではない
・今投信を売買しているちっぽけな母集団(個人資産1400兆円のうち投信市場60兆円)を狙うのではなく、今投資自体をしていない新たな顧客層(1400兆円のうち60兆円以外の大きな残り分)を開拓する方が王道
・難しいのは分かっているが、せっかく4社集まったのだから1社では成し得ない大きな課題に取り組もう

■具体的な提案
・公式サイトを今投資をしていない層にアピールする内容にリニューアル(公式サイトに「中の人」の事情記事など不要)
・投資の王道である「長期」「分散」「低コスト」をうたった啓発コンテンツを前面に押し立てる。特に「低コスト」部分を担えるのはネット証券のみだとアピール
・リスクとリターン、コスト、アセットアロケーションなど、投資の基礎知識は惜しみなく無料でWEB公開する(4社合同出版書籍などで儲けながら代替しようとしない)
・まずはMRF・MMFを使ってもらうところからはじめて、投信のハードルを下げる
・参考キーワード案:「低コスト投信宣言」「低コスト投信.jp」「お隣さんの投信、同じ中身でもっと安いんですって?」「私たちは投信を回転売買させません」「これぞ投資の王道」「あなたの投信、プロが買わないのはなぜ?」etc.
・各ネット証券で今まで金融リテラシー向上を担ってきたタレントをなぜここで使わない?(マネックスの内藤忍氏や楽天の山崎元氏など)

などです。
取材で求められているのは、大きく2点で、

・本プロジェクトに対する意見
・一般投資家への投資信託活用のアドバイス

この1点目が上記のような内容になります(なるはずです)。
2点目については、自分なりの個人投資家視点のアドバイスを申しあげたいと考えていますが、ここでは割愛させていただきます。

さて、どうなることやら。
関連記事


  





コメント

応援してます。

我々個人投資家のために、有効な意見具申を期待してます。
「今投資自体をしていない新たな顧客層(1400兆円のうち60兆円以外の大きな残り分)を開拓する方が王道ではないか」というご意見は正論だと思います。
でも、ネット証券の立場として考えると、この顧客層の恐る恐る小口投資する資金を取り込んでも、ネット証券運営のための膨大な費用を賄うのは、短期的には難しいのでしょう。ネット証券の株主が、目先の利益を要求し、そんなに悠長に待ってくれないのでしょう。

なかなか内部から正論は言いにくいのかもしれませんね
だからこそ、外部にいる個人投資家のわれわれが声を上げなければ

例えば

各社の別の投信紹介ページへのリンクを貼り付けるなんていかがでしょうか(^O^)。

水瀬さん並びにこちらのお越しの堅実なインデックス投資家には気に入らないでしょうが、

インデックス投資家は購入商品の期待リターンがどの商品を購入しても
ほぼ同じ(実際はそうでもありませんが)なので、最大の関心事は(運用報酬等の)必要コストの低さになるでしょう。
→低コストのインデックス投信の開発

高齢者には、ある意味投資の原則を踏み外しているとも言えますが、元本安全、そこそこ利回りの投信があれば必ず売れるでしょう。
なぜ東京電力の公募株が高齢者の資産家に売れたのかを考えれば
(元本安全と思われていた・利回りそこそこ=3%強)そこにヒントがあります。
かつてグロソブが売れたのも間違った解釈(比較的安全・そこそこ利回り)によるものです。
投資家はすべての人が合理的(正しい)な判断で動いていません。
投資理論からは不利でも理論重視の人だけではありませんし、毎月の現金収入をありがたがる人も大勢います。
だからこそ毎月分配投信が売れるのです。
高齢者はオーバーに言えば毎月の分配金で生活できれば、元本はどうでもいいのです。(死ぬまで利回りが持てばよい=できるかどうかはどのような投資手法でもわからない)
分配金は自分の生活費、元本は相続人のものだからです。
さらに間違った考えですが、預金残高が毎月確実に減るのは嫌だが、基準価格は下がっても戻るかもしれない(という甘い期待)し、評価損だからというものです。
→対面取引より低コストの毎月分配型投信・高利回り投信など

邪道ですが、短期的には各投資主体が求めているものを与え、あとは宣伝力です。
有名タレントの起用・いまならAKB48とか
インデックスの高橋VS毎月分配の大島VSアクティブの前田とか

王道は若い投資家を養成し、証券投資のすそ野を広げることです。
一朝一夕にはできません。
地道な投資教育が必要になります。
ただ、日本は超低金利が継続するか(預貯金では満足な資産形成ができにくい)あるいは財政破たんによるインフレが起きます。
どちらにしても投資なしで現在の70歳以上のような資産形成はできません。
この事実が周知されれば、自分で売買できない(したくない)人は投資信託を選ぶ可能性が高くなります。

長期視点(20年以上)で見れば対面取引(特に証券会社)は消滅するか、消滅の危機に瀕するのは明らかです。
なぜならネットで証券投資を始めた方は対面取引に移行することはまず考えられないのに対し、対面取引オンリーの投資家は20年後に居なくなるからです。
ライバルは消滅、もしくは減少しますが、証券市場が縮小均衡する危機が残ります。
だからこそ上記の王道政策が必要になります。










キーパーソンの考えを聞いてみたいです

カブドットコム証券の臼田氏と資産倍増プロジェクトの話を、ラジオ番組の掲示板を通してやり取りしていました。

http://market.radionikkei.jp/kochikabu/onayami/entry-178524.html
2011/7/4の投稿から私 Moriya, Tomo と臼田氏(る~さ~!と表記)との対話となります。臼田氏はコスト低減に否定的なようです。そして毎月配分型は基準価格が下がったときに損失が少なくなるのだそうです。(以下のpodcastの13:50ごろから)
http://podcasting.radionikkei.jp/podcasting/kochikabu/kochikabu-110711.mp3

私は臼田氏の考えが資産倍増プロジェクトを代表しているとは思えません。他のキーパーソンの考えを聞いてみたいです。

新たな顧客層向け賛成です。
国内の預貯金が、投資に回らない一因は既存の証券業界と思っていましたが、ネット証券も今回の件で同じ穴の…。
顧客と企業が共存共栄というのが、そんなに難しい業界なのかなというのは部外者だから言えることなんでしょうか。

お疲れ様です

単なるガス抜きのためなのか、はたまた真剣に考えてオファーを行ったのか・・・。

いずれにせよ、機会は十分に生かしてきてくださいませ^^

個人的には「意見を聞きたい」という趣旨の文章を載せながら、意見を
伝えることのできる仕組みを作ってないことに苛立ちを感じています。

ネット証券各社においても、せっかくSTAMやeMAXISを取り扱っている
ものの、じわりじわりとしか純資産額が積み上がっていかないから、
頭がいたいという側面があるのかもしれません。

ファイト!

「ネット投資家すべてが私と同じ意見だとは思いませんが、少なくともいま私が感じている疑問や違和感は、彼らに伝えなくてはいけないと思いました。」

少なくとも自分の思っていることは完全に代弁してくれています!
話したことを歪曲して公表されないことを願うばかりです

店頭証券会社での取引メリットは、IPO・PO投資のみですけど、手数料をしっかりと落せば、確実に儲かります。
ネット証券が、大型のPOやIPO主幹事をこなせるとは思わないので、20年後に
店頭証券会社が消滅することはないと思いますけど。

ネット証券は、手数料以外、独自色はだせないでしょう。
SBI・楽天・カブコム。どこでもいいですもん。

ありがとうございます!
ぜひぜひ!忌憚ないご意見をぶつけてください。楽しみにしています!

Moriyaさん、その節はお世話になりました!
もちろん代表していませんが、コスト低減に否定的なわけないですよ~(^_^;
>毎月配分型は基準価格が下がったときに損失が少なくなるのだそうです
ん?そういうことは言ってませんよ~。5分頃から投信の話してますので、ぜひお聞きください。

どんな商品が良いかはインデックス投資家にも聞いてほしい

ネット証券が既存の大手証券会社との差別化を図るには大手証券会社には無いユニークでしかも、運用の実用性のある商品開発が重要です。
インデックス投資家ならばこの辺りのアイデアは投信会社に言っている事なので、今更なのですが、あるインデックスを叩きつぶせるインデックスを使う程度ならば簡単に作れます(証券アナリストはその程度の事は知っている筈です)。
あの商品を開発したら・・・ぐらいの事はネット証券4社には言えます。
アイデアを実現し、その商品の良さを「資産倍増プロジェクト」の商品の特設ページで日々基準価額とベンチマークを公表し、長期にわたって続けていけば、アクティブ運用にも負けない運用の事実の公表は可能だと思います。
もはや新たな顧客向けに開発をして投資の啓もう活動を行うなど、発想の転換が必要なことは既にコラムに述べられた通りだと思います。
時間はかかりますが、良質な商品開発と地道な顧客開拓の2つだと思います。

それから、具体的な提案は流石にネット証券4社でも受け入れられるかどうか難しいですが、言える機会がある人は少ないですしインデックス投資家の代表として是非、本音をぶつけて欲しいと思います。
私も商品アイテアとかは意見を言いたいですが・・・

第4弾の投信設定に期待?

資産倍増プロジェクトのホームページをざっと見ましたが、
個人的な第一印象は「うさんくさい」でした(;^^)
内輪だけで盛り上がってる雰囲気を感じるというか・・

資産形成層が月額サラリーの中からなけなしの「数千円~数万円」を
こつこつ投資するのに、今はやりのレアル建てでヘッジする必要は無いですよね・・

今回この企画をしたネット証券4社が一番恐れるべき事は、

「せっかく獲得した投資初心者のお客様に芽生えてしまう、だまされ感」

だと、個人的には思います。今後出るかもしれない第4弾、第5弾を見ると、今回のプロジェクトの「超えられない壁」が見えてしまうのかも知れませんね・・

1つだけ

このプロジェクトのコンセプトの1つは長期運用だと明言しています。
それなのに大事な初回の設定はすべて10年未満程度の期間設定なんです
よね。言い分は残高が多ければ延長検討しますと言っていますが、、、
そんな自信があるかないかも分からんものに買う意欲沸かないわけです
^^
100%個人投資家に向いた投信というのは営利企業なわけですので
大きく要望することも酷かもしれないと思っていますので要望も
出していませんが。。随分と当初の掲げてる内容と違うのでは?という
のだけ違和感を感じています。

推測するに大手証券会社で直販で売れている商品を調べて候補を選定
したような気がしてなりませんが・・・・ね

運用の大事な基本の1つに「シンプルさ」があると思っていますが、
どうにも個性を出そうとして複雑な商品を出すものですw

しかししかし。。。水瀬さんとかにヒアリングしないと分からないようでは
お先真っ暗ですね><

「資産倍増プロジェクト」?

「資産倍増プロジェクト」が成功しても失敗しても、
ネット証券会社が継続して、ノーロードでインデックス投信が
購入できれば問題ない気がしてきました。

ネット証券の戦略について

・ネット証券はサービスの質で、対面販売に敵わない。(人間のサービス > 機械のサービス)

・高齢者( = 資産家)層が求めるサービスは人的サービス。(そもそも高齢者はパソコンやネットは苦手)

・ネット証券の強みは、顧客対応の経費を固定できる為、手数料を低く出来る事。(対面販売では顧客が増えると、対応する営業担当も増やさなければならないが、ネット証券では顧客が増えてもシステム運営費はそれほど変わらない、むしろ規模の経済性を生かして、顧客が増えるほど、顧客1人あたりのコストは低くなる)

・ネット証券は、資料の郵送なども、メール、PDFで済ます事が出るので、小資産の投資家がどんなに増えても、大手証券と違い、運営コストの増加は微々たるもの(…のはず)。ならば、大手証券が手を出さない小資産の投資家を早い段階で囲い込み、投資教育を行うべき。その際、コスト意識に敏感になるように投資教育を行うと、資産が増えても大手証券に浮気しないので、投資家とネット証券の双方がWIN-WINの関係になれる(…筈)

・投信購入時の手数料無料(ノーロード)は最近では当たり前になりつつあり、新味が無い。ここは、投信販売の聖域、信託報酬(しかも販売会社の取り分)にメスを入れるべき。これを下げたら、投信業界に激震が走る事間違いなし。

・信託報酬(販売会社分)をただ下げる事は難しいと思うので、例えば、長期保有を促進する方向で、5年以上保有した分については、0.1%キャッシュバックするなどはどうだろうか?(たしか、ひふみ投信では同じサービスがあった筈)

・ネット証券では、各社(SBI、楽天、マネックス)投資家の投信の資産額に応じて、ポイントキャッシュバック(概ね0.1%)は既に行っている。この辺をもう少しアピールすると、コストに敏感な顧客層にもウケが良いと思われる。

・投信のポイントキャッシュバックをもう少しがんばれば、投信の信託報酬も海外ETFの信託報酬に引けを取らなくなる気もするのだけれども、それはそれで(ネット証券の売りである)海外ETFと競合する事になるので、商売的にはおいしくないのかもしれない。(海外ETFは購入手数料も高いし、ネット証券的にはおいしい商売なのだろうし)

シンプルな低コストはじゃだめなんですかね?

個人投資家の思いぶつけてくださいです!
応援しています。

各社シンプルで低コストなバランスファンド、SBIの植村さんはSTAMシリーズ設定のきっかけなど、ネット証券は結構、王道を進まれてきたようなきがするんですけどね~。

「資産倍増プロジェクト」も良いのですが、水瀬さんの仰るとおり、やめないための仕組みづくりこそが、倍増に繋がると思っています。

彼等が求めているのは、窓口で高い手数料と信託報酬の投信を買っている層の取り込みだから、ブロガーのアイデアや意見は余り期待してないでしょうね。(と言うか依頼している時点でチェック済だろうし)
著名ブロガーを登場させることで、多くのインデックス投資ブログによるネガティブキャンペーン?を緩和させたいのでしょう。うまくやらないと逆効果になりかねない気もしますが。

一括レスで申し訳ありませんが、レスです

>皆さま

いろいろなご意見、ありがとうございます。
いただいた意見も参考にしながら、いちネット投資家としてインタビューに臨みたいと思います。
プレッシャーはありますが、不満は期待の表れということで、本音で話してこようと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

「投資信託」という言葉は日本ではもうNGワード

JUGEMテーマ:資産運用 -----------------------------------------------------当ブログにはじめてお越しの方、お時間が許せばご覧下さい。(長文です)当ブログにはじめてお越しの方へ (2010年10月)-----------------------------------------------------星野泰平さ...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)