ダイヤモンド・オンラインの連載コラム第2回目公開。始める前のアノ話

ダイヤモンド・オンラインでの連載コラムの2回目が、本日公開されました。

ダイヤモンド・オンライン 金融のプロに騙されない等身大の資産作り
【第2回】 金融危機、リストラ、災害、入院…不測の事態にも安心して投資を続ける秘訣とは!?
(2011/07/21)

タイトルを見てすぐにピンと来た読者のかたもいらっしゃるかもしれませんが……そうです、アノ話です。
資産運用を始めるにあたって、地味だけどとても大切なことなので、理屈だけでなく投資の実践を通じて感じた「実感」を交えて書きました。
ご興味があれば、見てやってください。

P.S
相互リンクブロガーのじゅん@さんもご登場いただきました(^^)
関連記事


  





コメント

初回に続き、平易な語り口と庶民レベル向きの始める前の「あの話」に
好感が持てます。書く立場では大変でしょうが、2週間後が待ち遠しく
ウィークリーを望みたいくらい。

生活防衛資金は投資家で無くても必要と認識

良記事ですね、中でもブロガーのじゅん@氏の言っていることは実際の体験談としては何故か自分が説得させられるような感じがしました。

考えてみたら、リーマンショックがきっかけで派遣切りが大規模に起こり、お金を持っていなかった無職の人たちが派遣村で過ごす羽目になった事は記憶に新しいです。
その時に、私の周りでは「今の人たちは貯蓄もしていないなんて、だらしがない」なんて事を言われていました。
勿論、これは今の労働条件の劣悪化もありますが、そもそも生活防衛資金の必要性を誰にも教わってこなかった事が原因として考えられます。
この事からも、生活防衛資金は単なる投資だけに必要な物ではなくて、誰でも必要な物だと理解しています。

>アラsixtyさん

うれしいですが、隔週で勘弁してください(^^;;


>タカちゃんさん

たしかに、インデックス投資やその他投資に限らず、投資をしない多くの人にとっても、生活防衛資金は必要かもしれませんね。

記事に引用頂きありがとうございました。
リストラ体験により生活防衛資金の大切さを身にしみて感じた訳ですが、もう一つ大切なコト、借金(住宅ローン)を抱えたまま投資に手を出したのも良くなかったですね。
低金利固定で金額も大きくはなかったですし、住宅ローン控除を考えるとお得だという読みだったのですが・・・リーマンショックでリスク資産は半減、収入も途絶えるという状況では、精神的に負担でした(お陰様で今ではローンも完済し、安眠できるポートフォリオとなっています)。

>じゅん@さん

引用ご快諾ありがとうございました。
経験者の語りで、説得力が増したように思います。
転職がうまくいって本当によかったですね。

「住宅ローンを返済してから投資(=住宅ローン返済が最高の資産運用)」について、実は、第2回連載コラム原稿段階では執筆済みでした。
しかし、文字数オーバーで泣く泣く落とした経緯があります。
ただ書いた文章は残っているので、ブログで補足記事としてアップしてもいいかなぁと思いました。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

2週間満期定期

先月から生活防衛資金の預け先(定期預金)を探していて、 結局、新生銀行の「2週間満期定期」を預けることにした。 2週間満期定期なら、換金性も高いので、一部と言わず 生活防衛資金(=生活費2年分...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)