各アセットクラスの年間収益率を年ごとに並べると

水瀬ケンイチ

STAMのWEBサイトに、2006~2011年前半までの各アセットクラスの年間収益率が掲載されていました。

住信アセットマネジメント
STAM投資なび Vol.8 「2011年前半の振り返り~2011年後半の相場展開は?~」

コラムでは、2011年後半の相場展開予想がメインテーマのようでしたが、私には、将来の相場を予想するのがいかに難しいかを示すコラムであるように見えました。

各資産の年間収益率
(クリックで拡大)



上記の「各資産の年間収益率」という表を見ると、上位に来るアセットクラスが毎年めまぐるしく変わっているのが分かります。
人気の新興国株式は、2006~2007年は+34~40%という高い収益率を誇って上位にいましたが、2008年には▲62.7%という圧倒的なマイナス幅で一気にビリに落ちています。そして2009年には+81.1%をマークして再び1位に躍り出ています。
他にも先進国株式や国内債券など、ひとつのアセットクラスに着目して見ると、毎年順位が入れ替わっているのがわかると思います。

ここから分かることはいろいろあると思いますが、私には、短期的な相場予測がいかに難しいかということと、いろいろなアセットクラスに分散しておくのが無難だということが、浮き出て見えます。
コラムでは、2011年後半から2012年にかけて、国内株式・REITの回復と新興国株式の底堅さを予測しているようですが、さて、一体どうなることでしょう。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ