図書館を活用した乱読のすすめ

私は今でこそインデックス投資をメインに投資をしていますが、最初は日本株の個別株投資でデイトレをやったりバリュー投資をしたり、いろいろやっていました。

その過程で、たくさんの本を読み漁りました。
投資を始めた頃、私は山梨県で働いていました。甲府市立図書館に通いつめ、投資関連の棚にある本は全部読んでしまいました。季節になると藤の花がきれいに咲いていたのを思い出します。

東京に戻ってきてからも、最寄の図書館の投資関連の棚は早々に読破し、隣接するいくつかの図書館の本もどんどん読破していきました。
そのうちに近所の図書館では読むものがなくなり、実際に行くにはかなり遠い同じ区内の図書館から取り寄せで投資関連本を読むようになりました。
そうこうしていると、ぼちぼち最寄の図書館にも新刊がはいるようになり、また片っ端から読み漁っています。

図書館を活用した投資本の乱読をしていて、良い点と悪い点が分かってきたような気がします。
それは……

まずは良い点から。

・広く浅く知識を得ることによって、自分と異なる考えの投資家の気持ちが分かる
・たまに思いもよらぬ無名の名著に出会える
・図書館の本は古いものも多いので、同じ著者でも年とともに意見が変わることがわかる
・なにより、お金がかからない

そして悪い点も併記。

・良くも悪くも同じような内容の本が多く、新たな知見にはなかなか出会えない
・たくさんの投資本を読みすぎて、何が正しいのか分からなくなることがある
・新しい本は予約しても手元に届くまで時間がかかってしまう
・一定確率で存在するいわゆる「糞本」に時間を費やしてしまった時のガッカリ感

といったところでしょうか。
良い面も悪い面もありますが、トータル的には図書館を活用した乱読は、「メリット>デメリット」だなと感じております。
おかげで、主要なチャート分析の基本やファンダメンタル分析の基本くらいは知ることができています。その上で、インデックス投資を選択する根拠にもなっています。

でも、最近は何かの知識を得ようとした時に、グーグルで検索して、ネット上の無料情報だけに頼る人が多くなってきているような気がします。
それはそれで効率はよいのかもしれませんが、自分がよいと思っている情報ばかりを目にすることになり、考えが一方向により偏ってしまうこともあるかもしれません。
自由時間との兼ね合いもあり、これは人によるとは思いますが。

たまには、乱読で自分の考えと真逆の考えに触れてみるのもいいかもしれませんよ。

関連記事


  





コメント

図書館での乱読、大賛成&実践してます!
私も図書館がすごく近いこともあってよく利用します。

図書館に行った時は、あえて古いものや、あまり好まない
タイトルのものでも読むようにしています。 
読むものがなくなるほどの勢いはありませんが…。

普段はOKWaveが多いですが・・・

今でこそ、2008年財政破綻説は笑い話になっていますが、2005年当時は財政破綻の本が沢山置いてありました。
スワップ狙いを勧めて話題になった為替王は今や相手する人が減るだけではなくて批判すらされるようになりました(この人は本も出しています)。
最終的には結果論なので、誰の言っている事が正しいのかは後にならないと分かりませんが、本を乱読するのはちょっと難しい事情の人はいます。
その理由はやはり時間がない人が多いからです。

僕の場合だとOKWaveで済ませてしまう事が多いです。
OKWaveだと、現時点ではどんな考え方をしている投資家が多いかの傾向が掴めるからです。
山崎 元さんが言っている行動ファイナンスに出てきそうな投資家を良く見かけます。
でも、ちょっと興味があるのは投資本は将来が重要な筈なので、古い本を読むことは、現在の相場である程度の検証はできると言う事実です。
OKWaveだけではなくて、たまには図書館へ行くことも考えてみます。
最近は、データ収集の為に行くことが多いですが、古い投資本を読む事は意外な発見があるかも知れないです。

勉強中

今年から投資を始めましたが水無瀬さんとは違い古本屋で買い漁った投資指南本を購入しては乱読中です。
気がついたのが~2007年発行のものが多くその後パッタリと発行されたものが少ないのでリーマンショックで沈静化?という感じですね。
今読んでいるのは田村正之氏の「しぶとい分散投資術」ですが真逆の考えといえば昨日まで読んでいたおなじみ朝倉智也氏の「30代からはじめる投資信託で選びでいちばん知りたいこと」です。モーニングスターの代表が日本株&債券全否定とは!
まだ投資予定の資金があるのですが先延ばしてまた悩みまくりです。

地方図書館の場合、あまりにも系統立っていないというか
ばらばらな揃え方‥の場合が多いですよ。
トンデモ本に近い投資本が買ってある一方で、名著のようなものがまったくなかったり。

図書館は積読防止にも最適

・図書館で借りた本は返却日には返さなければ成らない為、積読の防止にも最適です(締め切り効果?)。実際、図書館を活用するようになってから、積読がほぼゼロになりました。(それ以前に買った本は未だに積んだままだったりする訳ですが…)

・図書館に置いてない本は、リクエストすると新規購入してくれたり、他の図書館から取り寄せてくれます。ちょっと興味はあるけど、買うほどではないし…、なんて本はどんどんリクエストすると良いと思います。

・図書館で人気のある本を借りる場合や、新規にリクエストした本を借りる場合、確かに手元に本が届くまで時間が掛かりますが、個人的には、(長期投資家にとって)焦って読まなければならない本なんて、そんなにない(筈)、と割り切っています。どーんと構えて、待ちましょう。

・図書館は税金で運営されています。支払った税金を取り返す為にも、どんどん図書館(に限らず公共施設)を利用すると良いと思います。(貧乏人根性w

・(ネットと異なる)本の長所としては網羅性があると思います。本には一応、目次がありますし、1冊の中である程度、構成といったものが練られていますので、全体的な構造といったものが頭に入り易い、といった点では、ネットより使い易いと個人的には感じています。
 ネットの場合、どうしても自分が知りたい情報をピンポイントで検索する事が多いので、どうにも全体的な構造といったものが掴み難い気がしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私も投資をはじめた頃は、山梨に住んでいました。
水瀬さんとの、意外な共通点に驚きです。

私は、南アルプス市(旧櫛形)や中央市(旧田富)の投資本を読みあさってました。

今は山梨を離れましたが、勝沼ワインや桃が懐かしいなぁ。。

私も水瀬さんと同じような感じかと思います。多読することは
良いことだと思います(偏った知識にならないですし)。あとは
経験に勝る勉強はないということも投資に限らずかと。
(もちろん過去を過信するのも危険です)

私は投資の相談等されることがあっても「個人向け国債変動10年」
しか薦めたことがありません。株式等について聞かれても「さあ?
何が儲かるのか分かるなら 自分はここで働いてないよ」っていう
と大体「そうだね」と納得してもらえますw

あとはネット社会の良いとこ悪いとこで何でもすぐに「調べても
分からない(調べもしない)から教えてください」の傾向が増加
していると思います。

実は自分のブログ閉じてしまったのは質問ばかりされ 答えるのがおっくう
になってしまったのが理由の1つです(笑)

新刊も結構、すぐ読めます

私に場合、基本的に図書館利用です。新しい本を読むためには、みなさんのブログや新著のお知らせをめざとく見つけて予約をお願いしています。だいたい一ヶ月遅れぐらいでうまくすると読む事が出来ます。発売日を過ぎた本も近隣の3つ図書館、勤務先の最寄りの図書館でかけもちで予約すれば、そこそこ2ヶ月待てば読めます。もちろん、気になる水瀬さんの本なんどは、購入してます。(サイン頂いて!)

障害者は郵送貸し出しで!

障害者は、図書館の本を、「郵送」で借りることが出来ます。
図書館に足を運ぶことなく、郵便で、書籍を取り寄せることができるのです。
資格を持つ方は、ぜひ、試してみてください。

私は、名古屋市在住なので、
愛知県の図書館から、1回に6冊、
名古屋市の図書館から、1回に6冊、
合計12冊を借りることが出来ます。

サービスを受ける資格(障害の状態)や、
借りられる冊数などは、自治体によって異なります。
お近くの図書館に、問い合わせてみてください。

私も図書館の利用大賛成です。
元々、少しでも住民税を取り返す為でしたが、役に立ったと思ってます。
(さすがに住民税分読む事は出来ませんが…)

人間、自分が信じたいものを信じてしまうので、最初の頃は
エリス最高! マルキール最高!と思ってる所に、
山崎元さんの「長期保有してもリスクは減らない」に反発心を覚えたり…

でも、色々な本読んで、たくさん考えて、知識を吸収するのが良いかと。

近辺の図書館で取り寄せも出来ない本とかは、相談したら購入してくれるケースもあるので、かなりお得です。

読んで気に入った本だけ、AMAZONの中古で購入しました。
(敗者のゲーム、株式投資の未来、バイアンドホールド時代の終焉)

水無瀬さんの本が図書館に並んだらすぐに借りて熟読します~

>yumemiさん

自宅から図書館が近いって、よく考えたらすごいメリットですよね。
もしかしたら、不動産価値にも影響するくらいかもしれません。


>タカちゃんさん

ネットの情報にはネットの情報のよさがあり、図書館には図書館のよさがある、といったところでしょうか。


>NITTAさん

私も一時期、ブックオフの105円コーナーに連日通っていたことがありました。
ただ、新しい掘り出し物がないか探すのにバカにならないくらいの時間がかかるので、今は図書館かしうれなければAmazonで購入するという形に落ち着いています。


>世界のREITさん

地方勤務もしておりますので、存じております。
まぁ地方に限らず小さな図書館はラインナップが「何故に??」というところは多いです。
でもそんなところに、ぽつんと名著があったりして面白いですね。


>元山梨県民さん

山梨のかたは桃といえば、東京で普通に売っているような柔らかい桃ではなくてカリカリの固い桃なんですよね(^^)


>宮さん

私も、同じ質問を何度も受けると、「質問される前にブログ内検索してみてください」と言ってしまうことがあります。
でも、1700本近い過去記事から、あるか分からない目的の情報を探すのも厳しいのだろうなとは思います。
さすがに、前日の記事に書いてあることを聞いてくると orz となりますが。


>kumadepandaさん

そうですね。
図書館でも2ヶ月待てば大抵の本は読めますね。
そういう本は「忘れた頃にやってくるうれしい知らせ」になります。


>長坂@名古屋さん

該当されるかたは必見です!!


>nanashiさん

わたしもよく、「マルキールの本でインデックス投資万歳!!になった頭を山崎元氏の本でクールダウンするくらいがちょうどいい」と言っています。

拙書が何かのお役に立てば幸いです。

はじめてコメントします。
いつもブログ拝見させていただいて、紹介されている本はほとんど図書館で借りました。
自宅から数分のところに図書館があり、他の方もおっしゃっているとおり、リクエストしておけば他の図書館から取り寄せてくれたり、新規購入してくれるのでとても便利です。
我が家では、私は投資関連の本、夫は仕事関連の本、そして子供の絵本、と図書館を利用しまくってかなり住民税を取り返しています(笑)

それと、私は山梨出身なので水瀬さんが山梨にいたとはなんだか親しみを感じました。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中! (2017/05/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/05/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)