ネット証券4社共同プログラム「資産倍増プロジェクト」の取材終了

悩んだ末にお受けすることにした、ネット証券4社共同プログラム「資産倍増プロジェクト」の取材が終了しました。

今までいろいろな取材を受けてきましたが、最も緊張した取材だったかもしれません。
それはそうです、今回は完全にヒール役ですから。

基本的に、予めブログで公表しておいた話す予定の内容(「ネット証券4社共同プログラム「資産倍増プロジェクト」の公式サイトから取材依頼。悩むが…」参照)に沿って、お話しました。
上記記事にあるとおり、現時点の資産倍増プロジェクトにはかなり批判的な内容です。

心苦しくはありましたが、いちネット投資家として言うべきことは言ってきたつもりです。
とりあえず、取材陣はよくお話を聞いてくださいました。
あとは、それがプロジェクト関係者にどのように伝わるかだと思います。

今回の取材内容はインタビュー記事としてまとめられ、事前に私にも原稿をチェックする機会が与えられるようですが、同時にネット証券4社も原稿をチェックするとのこと。
どのような形で公開されるのか(されないのか)わかりませんが、人事を尽くして天命を待つ心境です。

日本の投資信託事情が、少しでも良い方向に向かってくれることを祈ります。

関連記事


  





コメント

ネット証券側も一般人の声を聴くにあたっては避けては通れない道が水瀬さんで苦心した結果の判断だったと推測します。
そして、その結果がどういう風に公になるか期待しております。

僕には難しいかな?

本当にお疲れさまでした。
インデックス投資家の代表として行動してくださった点は本当に感謝です。
もしも、僕が取材される立場で、言うべきことが言えるのかは流石に難しいかも知れないです。
最終的にはネット証券4社がどのような声明を出すのかは分かりませんが、もしも、幅広く投資家の意見を聞く姿勢があれば、どんどん言っていきたいです。

初書込みさせていただきます。
これで記事にされずに黙殺されたら、ネット証券使うの、辞めます。

 お疲れ様でした。
黙殺されたら、SBI資産設計オープンをやめてセゾン投信にいこうかと考えてます。

取材に来たのはライターの方とかですか? それともプロジェクトに従事する4証券の社員の方??
あと、発表は公式サイトですか?

マーケット戦略について考える

・今回のネット証券の試みは、どの顧客層に訴求したいのかが良く分からないです。

・対面販売(大手証券)を利用する顧客層の取込みを主とする様ですが、そもそも対面販売の顧客層はネット使用しないので、ネット上での広報活動は本当に有効なのかな?という疑問があります。

・今回、対面販売の顧客層の嗜好にあわせた投信を新規設定しましたが、その投信をどうやってメインターゲット(対面販売の顧客)に周知していくのかが、不明です。(ネット以外の手法で地道にCMするのかな? それだと、費用がかさむから、4社共同なのかな?

・以上の事より、対面販売の顧客(ネット証券で今回取込みたい新規顧客)については、あまりアピール出来ていない様に思えます。では、ネット販売の顧客(ネット証券での既存顧客)についてはどうか? これについては、もうネット側からは散々な批判されていますので、やはり成功しているとは言いがたいと思います。(私が普段見ているのが、インデックス派のブログばかりですので、もしかしたら他の属性の人からは絶賛されているのかも知れないですが…。

お疲れ様でした。
批判的な意見を受けて、4社がどのような反応をするのか。
楽しみにしています。

日経マネーの今月号に竹川さんが寄稿されていました。概ね
ネット証券の個人投資家と証券会社側のズレの部分が包括されて
いました。
ただ、あれなんですよね ネット証券の売れ筋ランキングを見ると
STAM eMAXIS 以外は 毎月分配型が上位に来ていたりしていますね
このSTAM eMAXISでほぼ分散可能になっていますので、
他の商品を設定してもニッチな分野になってしまうかと思います
この2ファンドの純資産額や保有期間に応じて信託報酬を還元する
ような取り組みのほうが結果資金が集まったような気もしますが
他のファンドとの関係もあり難しいんでしょう(それはしょうがない)
しかし、風呂敷を広げすぎました感は否めないです^^;

P.S 本件とは違いますが、
内藤忍さんがマネックスユニバーシティの社長を退任されたようですね

お疲れ様でした。

乱読の続きになりますが誰でもというわけではなく山崎・内野・竹内氏の著作が大半を占めています。山崎氏は金融関係者こけおろし過ぎなので悲しい結果になったとしても心の準備OKです。(悲)
まぁ当然ボランティアではないのでまずご自分達の収入UP前提の「資産倍増プロジェクト」でしょうからね。(それでもリアル証券よりは全然ましと信じたいのですが。)
投資始めて半年でネット証券4社のうち2社でスタートしましたがうち1社は嫌な事があって口座引き上げました。不親切は会社は嫌なものです。

>吊られた男さん

きっと取材する方もされる方も、お互い苦しかったと思います。
どんな記事に仕上がるかは、神のみぞ知るところですね。


>タカちゃんさん

ありがとうございます。
でも、今回はインデックス投資家としてではなく、いち「ネット投資家」としてお話してきました。
話の冒頭に「今日はインデックスのイの字も申しあげませんので、よろしくお願いします」と宣言してから取材を受け始めました
何故そうしたかというと、「しょせんマイナーな投資法のインデックス投資家が何か言ってるぞ」程度に受け取られると心外だったので、インデックスは封印して、大きな視野に立って投資信託全般の話をしてきました。


>テツさん、名なしさん

まあまあ、ネット証券のメリットを全て捨ててしまうほどのことではありませんよ(^^;
良い商品もあれば悪い商品もある、その中から私たち投資家が良い商品をピックアップすればよいだけのことです。


>名なしさんさん

取材陣は、ライターさんもいましたが、資産倍増プロジェクトの公式サイト運営を担っている方々でした。
他のご質問については、記事本文の中のリンク記事に記載済みですのでそちらをご覧ください。


>hinoさん

資産倍増プロジェクトのマーケティング戦略がどこを目指しているのか、私にも分かりません。

これは想像ですが、プロジェクトは利用メディアを含め私たち資産形成層を目指してくれていると思われていたが、本心は手数料を落としてくれる大手証券の顧客を目指していたというところかもしれません。


>a-fssさん

疲れましたが、少しでも良い方向に向かってくれればと思います。


>宮さん

仰るとおり、専用投信の立ち上げという方法だけでなく、インデックスファンド、アクティブファンドともに既存の良質な商品をピックアップするという方法もあるのではないかという提案もしてきたところです。


>NITTAさん

ネット証券の「理想と現実」を見せつけられたということかもしれませんね。

水瀬兄貴カッコイイぜ!
日本を代表する個人投資家として臆せずこれからも物申して欲しいっす。

日本には
独立系の投資信託会社はありますが、ETFはないのでしょうか?
独立系でなくてもセゾンのような形態でもかまいません。

あれば、いいなぁと思いました。

日本には
独立系の投資信託会社はありますが、ETFはないのでしょうか?
独立系でなくてもセゾンのような形態でもかまいません。

あれば、いいなぁと思いました。

>小粒番長さん

投資家にとって良いことなら物申しますよ。


>○さん、もこさん

独立系であっても証券系であっても、自社の都合ではなく投資家が望むETFを作ってほしいですね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)