「ドル建て投資信託は危険か?」またその話か…でも何度でも言います

水瀬ケンイチ

4年ほど前に当ブログでホットな議論となった、「ドル建てファンドは円建てファンドより為替リスクが高い?」というテーマがあります。

当時は、ちょうど楽天証券でネット証券初の海外ETFの取り扱いが開始された直後の時期でした。
海外ETFのメインは米ドル建てであり、ポートフォリオの全てのアセットクラスを米国ETFにしてしまうと、コストが安いのはいいけれど、米ドルの為替リスクが高くなってしまうため手が出せないといった(誤った)意見が投資家の間で散見されていました。

ブログで、将来の円転を前提にすれば、為替リスクは投資対象の国の通貨に対して負うのであり、金融商品自体がどの通貨建てか(ドル建て、ユーロ建て、円建てなど)は関係ないと書いたところ、それでも信じられない風のかたから、目からうろこというかたまで、意外と誤解していたかたが多かったのが印象的でした。

さすがにそんな誤解はもう少ないのだろうなと思っていたところ、そうでもないという情報が出ていました。



東洋経済オンライン マネー 資産運用・投資信託
2011/07/27 ドル建て投資信託は危険か?

I-Oウェルス・アドバイザーズの岡本和久氏のコラムです。
これからドルは趨勢的に下落していくと考えているかたからの、「私は世界の株式市場に投資するドル建ての投信を持っています。ドルが下落すればその価格も下がってしまうので、心配で仕方ありません。ちょうど、同じような対象に投資をするユーロ建ての投信があるのでそちらに乗り換えたほうが安全ではないかと思っています。どう思いますか?」という質問でコラムは始まっています。

ここのところ、米ドルが下落基調にあるように見えますので、そのような心配を抱くことは気持ち的には分からないでもありませんが、その対応策として「同じ対象に投資するユーロ建ての投信に乗り換える」というのは、絶望的なまでに間違っています。

岡本氏のコラムも丁寧に説明されていますが、結論はやはり、「つまり、投信がどの通貨で表示されているかにかかわらず、円建ての価値はあくまで投信が保有している原証券の通貨の影響を受けるのです。表面的に「ドル建てだから怖い、だからユーロ建てに乗り換える」というのはコストがかかるだけで何のメリットもないことをよく知っていただきたいと思います」と締めくくられています。

大事なことだから何回でも書きます。
為替リスクは投資対象の国の通貨に対して負うのであり、金融商品自体がどの通貨建てか(ドル建て、ユーロ建て、円建てなど)は関係ありません。

例えば、インデックス投資家におなじみのMSCIコクサイ指数に連動する、「eMAXIS 先進国株式インデックス」(円建て)と「iShares MSCI Kokusai Index(TOK)」(米ドル建て)の為替リスクは同じ。
そういうことなのです。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ